まやたろの体当たりチャリンコ日記

まやたろの体当たりチャリンコ日記

東京銀座のOL→山梨で農業と狩猟をはじめる→2016北米&南米自転車縦断→2017夏全国キャラバン!

10日間人と話さず、目も合わせない「ヴィパッサナー瞑想」で得たもの

12月6日〜17日、10日間の修行を経てシャバに出てきた。

この1年半、ずっと動き続けていたので「静」の時間が必要だと感じてヴィパッサナー瞑想」にいってきたのである。

 

ヴィパッサナー瞑想とは?

ヴィパッサナー (Vipassana) は、物事をありのままに見る、という意味です。インドの最も古い瞑想法のひとつで、2500 年以上前にゴーダマ・ブッダによって再発見され、普遍的な問題を解決する普遍的な治療法、 生きる技として、多くの人に伝えられました。 宗教とはかかわりをもたないこの技は、あらゆる心の汚濁を取り除き、解脱という究極の幸福を目指しています。

ヴィパッサナーは、自己観察による自己変革の方法です。この瞑想法では、心と体が互いに影響を与えている深いレベルに焦点を当てます。体の感覚は、肉体の生命を形作り、同時に精神の生命と途切れることなく関わってそれを条件付けます。その身体感覚に注意を定めることで、心と体の相互作用を直接に体験することができるのです。この自己観察に基づく自己発見は、心と体の深いレベルまでたどっていくことで心の汚濁を取り除き、愛と慈悲に満ちた、バランスのとれた心へと導いてくれます。

思考や感情、判断力や感覚を管理する科学法則は、鮮明になります。自らの経験を通じて、生まれては消え去るという自然の特質、苦悩を生み出し苦悩から自由になるための方法を理解します。明確な気づきを得てまやかしが消えるとき、自らを律する力は増して、人生は安らぎに満ちたものとなるでしょう。

ヴィパッサナー瞑想: ヴィパッサナー瞑想について

 

わたしが行く前に聞いていたヴィパッサナー情報
  • 特定の宗教や宗派とはなんの関係もない瞑想法
  • 世界中にたくさんの瞑想センターがある
  • 日本では千葉と京都の2箇所
  • 参加費はなく、すべてボランティアと寄付で運営されている
  • 10日間人と目を話さず、目も合わせてはいけない
  • 10日間敷地から出られない
  • ケータイやパソコンなどの電子機器はすべて没収され、外部との連絡は一切取れない
  • 朝4時から夜の9時まで、食事と休憩時間以外ひたすら瞑想する(1日12時間!)
  • 読書や運動などは禁止(ヨガもだめ)
  • 食事はベジタリアン(けっこうおいしい)
  • 食事は午前中のみで夕食はない(痩せる)

 

これだけ聞くとめっちゃストイック…となるが、経験者の友人知人が口々に「人生観変わる」「一度は行ったほうがいい」などと褒め称えていて、行ってみたいと思いつつも、タイミングが合わなかったり、すでに満席だったりしてなかなか行けなかった。今回も10月末に申し込もうとした時点ですでにキャンセル待ちだったので、ダメ元で申込みしたところ、数日後に空席が出たとの連絡がきた。「これは行けってことなんだな」と思い申し込んだ。 

とはいえ、日が迫ってくるにつれてだんだん気が重くなり、「やっぱり行くのやめようかな…」「このわたしが1日10時間もじっとしてられるのか」「10日間ってあのボリビアの砂漠より長いぞ」「10日もあればあれもこれもできるし…」という思いが次々と頭をもたげ、行くかどうかギリギリまで迷った。でもここで怖気づいたらきっと一生行かないだろう、と嫌がる心を奮い立たせて臨んだ。

結論から言うと本当にいってよかったし、まだ行かれたことのない方には全力でおすすめしたい。

 

「瞑想法」と聞くとなにやら怪しげなかんじもするが、このヴィパッサナー瞑想のすごいところは、”「呼吸」や「感覚」という誰もがもっているものを「ありのままに観察する」ことを通して心の浄化を図る”、というすべての宗教・信条に関係なく受け入れられる普遍的な方法であること、そしてその純粋さを保つために参加費はすべてダーナ(寄付)で賄われており、指導者や運営スタッフも含めて一切金銭的な報酬は受け取らないということ。それゆえに人種や宗教、貧富の差に関係なく、誰でも恩恵を受けられる

現在世界中に200以上の瞑想センターがあり、これらがすべてボランティアと寄付だけでまわっている。これって本当にすごいことだと思うし、それだけ多くの人がこの方法に恩恵を受け、それを広めたいと思っているということなのだろう。

 

さて、前置きはこれぐらいにしておいて、この先はわたしの体験談になるのだが、ネタバレ要素も多分に含まれているのでこれから受けられるという方は読まないほうがいいかもしれない。この瞑想法の中で感じることは人それぞれだし、わたし自身なんの先入観もなしで行きたいと思っていたから。

 

それでも読みたい方は…あくまで一個人の体験談としてお読み下さい。

 

 

続きを読む

メイソウしてきます

こちらでの報告が遅くなりましたが、11/21に無事に実家に戻ってきました。

諸事情があって2ヶ月かけて自転車で進んだ距離を、飛行機でわずか2時間で帰ってきたため、心が追いついていない状態です。

 

人生迷走中なのでこれから10日ほど瞑想してきます。

本当はその前にブログを書き上げるつもりだったのですが、まったく追いつかず…

そのうち書き上げますので気長にお待ちいただけるとうれしいです。

宮崎編 #1 よっぴー&まりんちゃんの子育て論がとてつもなく深かった

よっぴーとまりんちゃんという面白い親子が来ると聞き、都城まで運んでもらった。

AI-am | 小・中・高校に通わずに大学へ行った話と、これからの「学び」の話

実はわたしはよっぴーとまりんちゃんのことは知らず、友人であるまさみん(宮崎のゲストハウス型シェアハウス 『ミヤザキ村Coming館』を運営しているイケメン)から、同じく友人のネジくん(3人の息子のシングルファーザーでありながら、ハッピーソルトという釜焚き塩の職人でもあるイケメン→Uchiwa商店)ちでパエリアを食べる会があるからそこで会おうと言われて向かったのであった。そしてそのパエリアの会の前に、子育ての話についてのお話会があるということで、独身のわたしが行くのは場違いなんじゃないかとドキドキしたけど、本当に貴重なお話が聞けたし、本当に行ってよかったと思う。

夜のネジくん宅のパエリアパーティー&懇親会もこれまた最高だった。

f:id:mayataro811:20171228134058j:image

f:id:mayataro811:20171228133921j:image

まりんちゃんは小中高の12年間学校に行かなかったが、ある日大学に行きたくなり、そのために2ヶ月半で12年分の勉強を終わらせ、志望校に現役合格したという女の子。まりんちゃんもすごいけど、そのまりんちゃんを育てたよっぴーの教育方針が本当にすごかった。

子供をひとりの人間として扱うこと。なぜそうしてほしいのか、自分の考えていることをきちんと相手に説明すること。お互いにとって納得できる結論が出るまで徹底的に話し合うこと。

子育てだけでなく、すべての人間関係に当てはまることだなあと思った。

 

「叱る」と「褒める」は同じ

よっぴー曰く、「叱る」と「褒める」は同じだという。どちらも自分の価値観を基準にしていて、それに当てはまれば「褒める」し、当てはまらなければ「叱る」ということなのだそうだ。

 

例えば子供がお風呂から上がってびしょ濡れのままうろうろしていたら、多くの親は「ほら、早く身体拭かないと風邪ひくわよ!」といってタオルで身体を拭かせようとするだろう。でも「タオルで身体をふく」というのは親の価値観や常識であって、もしかしたらその子はカーペットでコロコロ転がって身体を拭くかもしれない。そうしたら、もっと吸水性のいいカーペットに替えてあげればいい。

逆に子供が食器を片付けてくれたとしたら「えらいわね〜!」と褒める。えらいわねって偉そうよね。だって大人に対してそういうこと言わないでしょ?とよっぴー。

また、ついつい言ってしまう「だめだめ」「早くしなさい」というのも、なぜだめなのか、なぜ早くしてほしいのか、まずは自分に問い直すと、その多くは子供のためというよりも自分のためであることが多い。

例えば、子供が誰かにものをもらった時、「ほら、ちゃんとありがとうって言いなさい」と言ってしまいがちだけど、それは子供のためではなく、「自分がちゃんとしつけができた親だと見られたいから」だと気付いてからは言わないようになったという。子は親を見て育つから、親がちゃんと礼節をわきまえていれば大丈夫だということだ。

「早く〇〇しなさい」と言うのも、大抵は親の事情であることが多い。それをちゃんと説明する。よっぴーが「ママはこのあとコレとコレをしないといけないから、早くお風呂に入ってほしいな」と言うと、まりんちゃんは「わかった。じゃあ今日から一人で入るね」と言ったそう。子どもは説明すればちゃんとわかってくれる、と。

 

これって子育てだけじゃなくてすべての人間関係に当てはまることだなあと思う。以心伝心とかテレパシーとか、何も言わなくてもわかってくれるだろうなんて思うのはおこがましい。わかってもらえるように最大限の努力をしないといけない。それは相手が子供であれ、大人であれ、同じことだ。

 

やりたいことをやる、やりたくないことはやらない

日本にいるととかく周りに合わせることを求められる。出る杭は打たれ、人と違うことはおかしいという空気がそこかしこに漂っている。小中高とさんざんそういう教育を受けて、すっかり受け身人間にしておいて、高校卒業、あるいは大学卒業になって急に「やりたいことはなんですか?」と問われる。そんなこと考えてこなかった人間にとって、これほど酷な質問はない。自分のやりたいことがわからなくて、とりあえずみんな行くから大学に行き、みんな就職するから同じようなスーツを着て就職活動をする。他でもないわたしがそうだった。しかしまりんちゃんは違う。彼女は常に自分のやりたいことしかやってこなかった。学校には行きたくないから行かなかった。自分で考えて選択をしてきたから、やりたいことが常に明確に分かっているのだ。だからやりたいことのためには努力だってできる。大学に行きたいと思ったら勉強する。これこそが本来の形なんじゃないかと思った。

 

ありのままを受け入れる

よっぴーとまりんちゃんの話の中でもうひとつ印象的だったのは、ありのままを認めればイライラしないという話。「この子はこういう子なんだ」ということが認められれば、それに対して過剰に反応したり怒ったりする必要はなくなる。まりんちゃんが学校に行かないという選択をした時も、よっぴーはそれを受け入れたのだ。それは信じるということでもあるのだろう。

そしてこれがわたしが砂漠で得た気付きと全く同じで面白かった。

Day 133-135 Laguna route #2 - まやたろの体当たりチャリンコ日記

わたしたちはついつい期待してしまう。自分に、相手に、物事に。そしてその期待が裏切られた時にガッカリしたり、イライラしたりしてしまう。ありのままを受け入れるということが、心を平穏に保つために必要なのだと思う。

よっぴーやまりんちゃんとこの話でとても共感した。もっと話したかったな。またどこかで会えるはず!

f:id:mayataro811:20171228225852j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿児島編 #2 かごんまぶらり旅

ダイナミックラボをあとにして、鹿児島市内へ向かう。

先日いただいたジョイフルの株主優待券のおかげであたたかいごはんにありつけた。

 

今夜の宿も決まらない中、寒いのでとにかくお風呂に入りたい!と向かった銭湯。閉店時間はまだのはずなのになんでこんなに暗いんだ?と不思議に思うと、扉に「毎月15日休み」の文字。今日は15日。なんという引きの強さでしょう。

灯りに引かれるようにすぐとなりにあったイルカゲストハウスへ。ここは夜は「よるイルカ」という居酒屋もやっていて、宿泊客でなくとも利用できる。他のお客さんと話しながら鳥刺しと焼き芋焼酎で晩酌。うんめ〜!!

おかみさんがめちゃくちゃいい人で、こんなビンボーチャリダーにさえおすすめの野宿スポットや翌日の観光ルートまで教えてくれた。居心地がいいし、外は寒いし、なかなか出られなかったのだけどいを決して外に飛び出す。

公園のすべり台の下とか東屋とかをぐるぐる周り、結局落ち着いたのはこちらの公園。週末にオーガニックフェスタがあるらしく、ちょうどいいテントが並んでいたおかげで屋根と壁付きの優良物件にありつけた。(写真は翌朝撮影)

人が来る前にとっとと撤収。おかげさまで朝日と桜島を眺められた。

昨日閉まっていた銭湯で朝風呂。金魚さんがんばって。

おかみさんにおすすめされたクレープの自販機。ちょうど中身を補充しているところたったのでしばらく待っていた。するとクレープのおじさんに話しかけられる。

 「どこから来たん?ええなぁ。俺もそろそろ仕事やめて車で日本一周しようかと思っとるけん。がんばりや。」

そういって漱石さんをひとり、わたしの手に握らせてくれた。九州の人、ほんとにあったかい…。

ちなみにクレープはこんな感じで出てきます。

西郷どんも見守ってくれる。

ちなみにおかみさんによると西郷どんはとても礼儀正しい人で、たとえ相手が自分より目下の人間であろうと、出迎える時は必ず正装に着替えたという。だからよく見かける浴衣姿は彼の本来の姿ではないらしい。

知らないことばかり。

 

さて、宮崎県の都城でとある親子のお話会があるということで運んでもらうことになったエセチャリダー。そのお話会についてはまた後日あらためて書きたいと思う。

 

鹿児島編 #1 ついに潜入!ダイナミックラボ!!

さて、この旅も残すところ1週間を切った。

イムリミット差し迫る中、わざわざ鹿児島県南さつま市まで足を延ばしたのは、テンダーさんの「ダイナミックラボ」に行くためだった。

sonohen.life

ここはテンダーさんがクラウドファンディングで600万円を集め、廃校を改装して作ったファブラボで、3Dプリンターやらレーザーカッター、製材機や木工用の工具、プラスチック鋳造機など広い校舎を利用して大小さまざまな機械が置かれている。

その多くが貰い物だったり、テンダーさんが自ら手作りしたものもあって、なるべくお金をかけずに、でも小さなパーツから家に至るまでなんでも作れるような設備が整えられている。実際ここでわずか3週間で軽トラモバイルハウスを作った人もいるそう。

今までゴミとして捨てられていたプラスチックやアルミ缶を溶かしてDIYできるような仕組みを作っていて、これができれば、例えば小学校に出前授業をしてみんなで拾ってきたゴミを溶かしてその場で楽器を作るなどといったことができるようになり、ゴミがゴミという概念でなくなる。ものづくりで社会を変えようとしているテンダーさん。他にも核や政治の問題含めいろんな話をしてくださって、改めてその視野の広さにただただ敬服するばかりでした。

 

家も作れちゃう木工ルーム。

 

プラスチック破砕機

破砕されたお弁当のプラスチック容器

テンダーさん自作のプラスチック射出機

こんなかんじでプレスされる。

うわさの3Dプリンター。使われるプラスチックもトウモロコシが原料で3年で土に還るらしい。

こんなものとか

こんなものができちゃう!ちなみにこれはアルミ缶を切るためのジグ。アルミ缶は上下の部分さえうまく切ることができれば、アルミ板として使うことができる。

広げればこんな風に屋根瓦になる。わざわざ高いお金を出して屋根材を買う必要がない。

アルミの融点は660℃なので七輪+ヒートガンで温度を上げれば溶かすことができる。

溶かしたアルミで型作り。

 


ここに来る途中にスポークが2本折れてしまい、昨日直していたらさらに1本折れてしまった。メキシコで半年ぐらい前に組んでもらったホイールなのだけど、あまりいいスポークを使っていないようでニップルも錆びてて回らないし、どうしようかと途方に暮れていたところ、テンダーさんが救世主を呼んでくれた。10年間で111カ国14万キロを走破した「自転車野郎」こと加藤さん。現在は南さつま市の地域おこし協力隊としてサイクルツーリズムに取り組んでいる。その加藤さんがわざわざ工具を担いでやってきてくれたおかげで、どうにかスポークも交換できた。加藤さんのぶっ飛んだ話がとても面白かった。

お忙しい中&お休みのところ案内してくれたテンダーさんはじめダイナミックラボのみなさま、加藤さん、本当にありがとうございました!
さて今日はこれから宮崎に向かいます。ワープ!!



熊本編 #2 旅人にやさしい熊本県

ビンボー旅行者にとってありがたい場所は幾つかあるのだが、その中でも今日は熊本県の素晴らしさについてご紹介したい。

 

道の駅といえば日本における数少ない野宿スポットとして有名だが、その中でも熊本県は群を抜いている。

道の駅で野宿をする際は、店の前にテントを張るかベンチに寝袋をひき、開店前にそそくさと撤収するのが通例だが、熊本の道の駅はなんと24時間営業の休憩室がある。壁には「無断連泊禁止」の文字。つまり宿泊は容認されており、一言断れば連泊も可能ということだ。時にはマンガや無料wi-fiなどもあるというやさしさ。

f:id:mayataro811:20171206154056j:image

道の駅みなまたではソファ、電源、wi-fiという奇跡の3コンボが発生。外は雨が降る中快適な夜を過ごしたのであった。

f:id:mayataro811:20171206154159j:image

この日は車で日本一周している方とも出会い、ふたりで飲みながら話した。おまけにジョイフルの株主優待券までいただいた。めっちゃうれしい。これでお腹いっぱい食べられる!

f:id:mayataro811:20171206154327j:imagef:id:mayataro811:20171206154344j:image

 

そして便利スポットその2はパチンコ屋の休憩室。ケータイをなくしたけどネットカフェに入る金銭的余裕のないわたしにとって、素晴らしい空間だった。これは何も熊本に限ったことではないのだが、たまたま生まれてはじめて入ったパチンコ屋が熊本だったのでついでに紹介。

 

無料インターネット、電源、wi-fi、があり、マッサージチェアやマンガまで。時間が許せばいくらでもいられると思った。休憩室は禁煙なのもありがたい。もちろん店舗によってサービスは違うのだろうけど、今後困ったらまた使わせていただきたいと思います。

 

熊本編 #1 サイハテという名の楽園へ向かう

この度この旅に出た理由のひとつが、三角エコビレッジサイハテの6周年イベント「

SAIHATE 6th Anniversary Fes.《楽園2017》」に参加するためだった。

サイハテとは?

熊本にある1万坪のエコビレッジ。パーマカルチャーをとりいれた〝楽園デザイン〟をベースに、アースバッグ建築はじめのあり方を模索・実践するコミュニティーです。

village.saihate.com

 

道の駅で目を覚まし、人が来る前にテントを片付けている間、トイレでiphoneを充電させてもらっていた。片付けを終え、さあ出発しますか、とトイレに戻ると、そこにあるはずのiphoneがいない。

い な い…

わずか15分ぐらいの間にいなくなっているではないか…。掃除のおばちゃんに聞いても知らないと言われ、まだ開店時間まではだいぶあるのでスタッフもいない。仕方ないので近くの警察署に行って紛失届をもらった。

よりによって今日の目的地であるサイハテはどうやら山の中にあるみたいなのだ。余裕を持って出発したはずが、思わぬトラブルで時間をくってしまった。果たして夕暮れまでにたどり着けるのだろうか。大きな不安を抱きながらペダルを踏みしめる。

 

ああ。あまりにも突然の別れ。昨年アメリカへと旅立つ前からの付き合い。たのしい時も、苦しい時も、いつもわたしを見守り、導いてくれた彼。パタゴニアの雨にやられて瀕死状態になったこともあったけど、お米パワーでどうにか復活(ジップロックの中にお米と一緒に入れておくと水分を吸ってくれる)。わたしは彼に何もかも依存していた。なくしてはじめて気づく彼の存在の大きさ。触れようとしてもそこに彼はいない。

しかし走りはじめてしばらくすると自分の視線がいつもと違うことに気づく。今までいつも彼のことばかり見ていて、周りの景色を見ることを忘れていた。何時までにここに着かないといけないという時間に追われ、道順に振り回され、自分がどこにいるのか、なんのために旅をしているのか、わからなくなっていた。

そうか。これは神様が与えてくれた試練なのだ。

 

そんなことを考えながら走っていたら、「ますぱん」というかわいらしいパン屋さんを発見。今までだったら中に入るよりも先に彼にお伺いを立てていた。ここのパン屋さんの評判はどうかしら?とか、どのパンがおいしいのかしら?とか。しかし彼のいない今、自分の直感を信じるしかない。

結論から言うとここのパンはめちゃくちゃおいしかった。特にクリームパンは忘れられないおいしさ…。人の評価よりも自分の直感に従うのだ。

www.facebook.com

 

それからひたすらこぎまくり、三角方面の海岸沿いを走る。

どうにか近くまではたどり着いたのだけど、最後の道がどうにもわからない。細かい地図もないし、どうしよう…。途方に暮れていたところ、一台の軽トラが通り掛かる。

「すみません、サイハテっていうエコビレッジご存知ですか?」

「ああ、あの丘の上や」

と言って指された方を見る。おそらく標高にして100mぐらい上だろうか。ここから見る限りは木しか見えない。

そのおじさんがとっても親切で、わざわざ上まで案内してくれた。

「「サイハテ」っちゅうぐらいやけん、この世に夢も希望もなくした人たちが集まるところなんやろ?」

と言う言葉に思わず吹いてしまったけど、地元の人達にはそんな風に映るのだろうか。

 

何度もお礼を言い、引き続き坂を登る。最後の坂がこの旅はじまって以来最強にエグくて、登ろうとしたら前輪が浮き上がった。

 

なんでこんなところに…と内心思ったけど、その坂の先に待ち受けていた景色を見て納得した。

こりゃ楽園ですわ。

焼き立てパンもおいしい飲み物も全部ドネーションでまわってる。

 

廃材エコヴィレッジ ゆるゆるの飛龍さん&ゆきよさん、宮崎でハッピーソルトという塩を作っているネジくんとも再会したり、他にも面白い方にたくさん会えた。

翌日は高校の友人ファミリーも遊びにきてくれた。

子どもも大人もとにかく自由に自分のやりたいことをやっていて心地の良い場所だった。わざわざ来た甲斐があった。

またゆっくり来たいなあ。

 

※ちなみに、なくしたケータイはちゃんと道の駅に届けられていたようで後日戻ってきました。めでたしめでたし。