にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まやたろの体当たりチャリンコ日記〜南北アメリカ自転車縦断〜

東京銀座のOL→山梨に移住し農業と狩猟をはじめる→2016年5月より北米から南米まで自転車縦断スタート!

Day 273-274 La Havana

3週間のキューバの旅が終わった。音楽とお酒と踊りに溢れていて、馬車とクラシックカーがそこら中を走っていて、熱い国だった。キューバにいる間はなかなかネットができなかったのでこれから少しずつ振り返っていこうと思う。

 

I'm back from Cuba. Very nice country full of music, drinking, dancing. I'll try to catch up with my blog.

 

2/14 Tue
ついに常夏の国キューバへ!
今日から3週間は先輩女チャリダー・かすみちゃんと二人旅。かすみちゃんは5年前にひとりでアフリカを走っていて、わたしが今回旅に出る前にいろいろ相談に乗ってもらったり、パニアバッグを譲ってもらったりしていた。そしてこれからまたアフリカを走りに行くのだが、その前にキューバを一緒に走ろうということになった。

 

Cuba!!
I'm going to bike with my friend Kasumi. She went to Africa by herself five years ago, and gave me advice before I left Japan. After Cuba, she is going to Africa again so I asked her to go Cuba together.

 

f:id:mayataro811:20170309035415j:image


入国審査は殊の外スムーズに終わり、無事に空港で合流。
自転車がなかなか出てこなくて、トラックから荷物を降ろしてる人も、その前に立っているおばさんもやる気がなく、なぜか我々と他のお客さんの方が一生懸命荷物を運んでいた。これが社会主義ってやつか、といきなり洗礼を受けた気がした。

 

We met at the airport, and waited for a long time for the bike. There was a truck loaded with packets, but the guy unloading and the woman checking were very reluctant. The passengers who were waiting for the packets were working harder than anyone else.

 

 

両替所には長蛇の列ができていたが、その隣のATMは誰も並んでおらず、カードが吸い込まれて出てこなくなるとかいろいろ聞いていたけどすんなり下ろせた。(かすみちゃんが)

 

There was a long line in front of the money exchange, but no one in front of the ATM. I didn't hear good things about ATMs in Cuba, but it seemed to work fine.

 

f:id:mayataro811:20170309035442j:image


空港からハバナ市街までは20km弱だが、カサに自転車の箱を預けたいのでタクシーで行くことにした。大きいタクシーなので2人で30CUC。

 

20km from the airport to old Havana. We wanted to leave our bike boxes at the casa in the city, so we took a taxi. 30cuc

 

f:id:mayataro811:20170309035500j:image

 

カサデヨハンナ(ヨハンナさんの家)に到着。ここはほぼ韓国人と日本人しかいない。過去の旅人たちが残していった「情報ノート」がある。ドミトリーは10CUC、1階のベッドはなんと5CUC。いずれも朝食付き。

 

We arrived to Casa de Johanna. Almost only Korean and Japanese here. The dorm is 10cuc, and the sofa on the first floor is only 5cuc, both breakfast included.

 

f:id:mayataro811:20170309090724j:image

 

荷物を置いてからまちを散歩。
おいしそうなパンがあったけど、大きいお金しかなくて買えなかった。
そう、ここキューバは二重通貨制という特殊なシステムで、観光客が使うCUC(クック)とキューバ人の使うMN(モネダ、CUPともいう)がある。1CUC(約100円)=25MN。キューバ人の月収は2-3000円なので、観光客との格差を埋めるための仕組みらしい。宿代や入場料、ツアーなどはCUCを使うが、パンやピザなどの軽食は観光客でもモネダ払い、つまりキューバ人と同じ価格で買うことができる。(モネダ飯については後日詳しく書こうと思う。)

 

We went to the town and found a nice looking bread, but we couldn't buy it because we only had CUC. Here in Cuba, there is a double currency system to solve the gap of income between local people and the foreigners.
1CUC (about 1dollar) is 25MN.
All the accommodation and the tours need to be payed by CUC, but local food such as bread or pizza, can be payed by MN.

 

 

我々はCUCしか持っていなかったので、お金があってもものが買えないという悲しい状況であったが、そのあと入った小さな食堂でお金を崩してもらって無事に食事にありつけた。
キューバの食事はメイン(肉や魚)+コングリ(豆が入った赤飯みたいな見た目のご飯)にサラダとバナナかサツマイモのチップスがつくのが一般的。

 

We finally found a local restaurant which accepted CUC, and we were able to have the typical Cuban dish.
Meat or Fish with Congri (rice with beans) , salad, and banana or sweet potato chips.

 

f:id:mayataro811:20170309035619j:image

 

海岸沿いを歩いているといろんな人が話しかけてくる。しばらく話していたおじさんはポリスに連行されていった。よくわからないけど、観光客と仲良くしてはいけないとかなんとか。

 

We were walking along the beach when a guy came to talk to us. We were talking for a while but than a policeman came and took him. There seems like there is a rule that the locals can't be friends with tourists.

 

 

2/15 Wed
ここに来るまでほぼなんの計画も立てていなかったので、大まかなルートと計画を立てた。
まずはここから東へ1000kmほどにあるキューバ第二の都市、サンティアゴ・デ・クーバとその近くのバラコアを観光し、そこからトリニダーまで移動し、トリニダーからビニャーレスは自転車で走ろうということになった。

 

We hadn't made any plans until we met, so we decided our route. We will go to Santiago de Cuba, which is 1000km east from Havana and is the second biggest city in Cuba. Then we take a bus to Trinidad, and bike from there to Viñales.

 f:id:mayataro811:20170309234750g:image

 

そこでサンティアゴまでの足なのだが、昨日情報ノートを読み込んだ結果、観光客向けのお高いバス以外に、地元民が使う「カミオン」という家畜トラックみたいなものがあるらしい。そんなわけで情報収集のためにカミオン乗り場へ。そこまではローカルバスに乗っていった。ローカルバスは素人にはとっても分かりづらいのだが、0.4MN(約2円)という信じられない値段。

 

I found out there is also a "camion", a truck for locals besides the expensive tourist bus, so we went to the camion terminal to find out if we can get on. We took a bus to go to the terminal. It's only 0.4MN, which is like few cents.

 

 

どうやらカミオンには予約とかはなく、いっぱいになったら出発する仕組みらしい。値段もドライバーによってマチマチ。家畜トラックと聞いていたのでどんなものかと思ったら、中にはちゃんと座席もあって意外と快適そうだし、自転車も積めそう。この日のドライバーのおじさんは自転車込みで1人15CUCでいいよと言ってくれたが(ちなみにバスだと51CUC+自転車5CUC)、まだ自転車を組み立てたり荷物を整理したりしないといけないので、明日の朝出発することにした。

 

It seems like there isn't any reservation systems for camions, and it leaves when it gets full. The price also depends on the driver. The driver that day told us 15cuc each including the bike, but we couldn't leave because we weren't ready.

 

 

市街に戻ろうとバスを待ったがなかなか来ないので歩いていたところ、バイクタクシーに捕まる。はじめてサイドカーに乗った。

 

We went back to the center with a bike taxi. First time to ride a sidecar.

 f:id:mayataro811:20170309090152j:imagef:id:mayataro811:20170309090204j:image

 

お昼ご飯は日本食レストランに行ったがとても残念な味だった。

 

We went to a Japanese restaurant for lunch, but it was very disappointing.

 f:id:mayataro811:20170309090236j:image

 

そしてヘミングウェイ行きつけのFloriditaというバーへ行き、フローズンダイキリを飲む。

 

Than we went to Floridita, Hemingway's favorite bar, to have frozen daiquiri.

 

https://www.instagram.com/p/BQstV5LAmyK/

Drinking daiquiri in Hemingway's favorite bar!!

 f:id:mayataro811:20170309090343j:imagef:id:mayataro811:20170309090414j:image

 

ハバナのまちを散歩

 

f:id:mayataro811:20170309090551j:imagef:id:mayataro811:20170309090608j:imagef:id:mayataro811:20170309090636j:imagef:id:mayataro811:20170309090655j:image

 

自転車を組み立てて荷物の整理をしてから、ちょうどFeria de libroという大きな本のお祭りをやっているというので、夕方にわざわざタクシーで行ってみたのだが、すでに本は終了していて食べ物しかなかった。

 

There was a big book festival "feria de libro", but by the time we arrived, there were no more books and only food.

 

 

夜はサルサバーへ。日本を出る前に少しサルサを習っていたのだけど、もうすっかり忘れていた。キューバにいる間に少しでも踊る機会があるといいなあ。

 

We went to the Salsa bar. I was learning a bit of Salsa before I left Japan, but forgot everything during my travel. I hope I have some chances to dance while I'm here.

 

 

明日はカミオンでサンティアゴデクーバに向かう。無事に乗れますように!

 

We're taking a camion to Santiago de Cuba tomorrow. I hope it works out!!

 

 

Day 269-272 Santiago

2/10 Fri
夜行バスでサンティアゴに戻ってきた。3ヶ月ぶり。同じチリとはいえ、パタゴニアサンティアゴは北海道と九州ぐらい離れているので、こちらは夏真っ盛りで暑い。2週間前までは40℃近くあったとか。


Back to Santiago de Chile. Even though it's the same country, Santiago is 1000km north of Patagonia, so it's real summer.

 


11月にもお世話になったMariamとJulioのおうちに今回も泊めてもらった。しかし彼女らはこれからちょうど友達と旅行に出かけるというので今回はお留守番する形になった。

 

Mariam and Julio let me stay at their house again, although they were going out with their friends for a vacation.

 
わたしは2/13にサンティアゴからキューバに飛ぶのだが、なんでもキューバには自転車のパーツはほとんどないと聞くし、ネットもほとんどできないらしいので念入りに準備しないといけない。

 

I'm going to fly to Cuba on the 13th of February, and I hear it's very difficult to find stuff nor internet connection there, so I have to get well prepared while in here.


と思いつつ、なんかやる気がしなくて映画見たりネットしたりだらだらしているうちに1日が終わってしまった。そして今日が金曜日だったと気付いたのは夜になってからだった。
しまった。。土曜の午後から日曜にかけてはほとんどの店が閉まっている。後悔しても後の祭り。明日は朝から動かないと。

 

But you know, I'm a lazy person, I ended up spending the whole day watching movies and surfing through the Internet, and when I realized it was Friday today, it was too late. Oh no, many stores are closed on weekends...

 


2/11 Sat
と思っていたのだけど、翌日は結局昼になってしまった。
サンティアゴには自転車屋さんがたくさんある。特にSan Diego通り沿いの数ブロックは20軒近い自転車屋さんが軒を並べている。とりあえず飛行機に積むための自転車ダンボールを探す。何軒か回ってどうにか死守。ゴミ箱になってて中にリンゴとかティッシュとか入ってたけど。


In Santiago, there is a street with many bike shops. I went there to look for a bike box, and managed to get one although it was full of garbage.


そのあと前回もお世話になったまりえさんちへ。2人でワインを飲みながらいろいろ話した。そして夕飯にはなんとカツカレーをご馳走になった。カツカレーなんて旅に出てからはじめて食べましたよ。感動。おいしすぎて3杯ぐらい食べた。いつも本当にありがとうございます。

 

I met Marie and her lovely family again. She made me Katsu-curry, curry rice with fried pork. It was so good I had three bowls.

 

f:id:mayataro811:20170309054026j:imagef:id:mayataro811:20170309054049j:image

 


夜はエネイダとラファと合流。2人も一年の旅を終えてあと数日でコロンビアへ帰る。旅の思い出をいろいろと振り返っていた。帰ってから何をするかはまだ決めていないという。


At night, I met Eneida and Rafa. They will go back to Colombia in few days. We were talking about our memories and what to do after we go back to our normal life.

 

f:id:mayataro811:20170309054257j:image


2/12 Sun
キューバに向けて久々にショッピングなぞをする。あまりに久しぶり過ぎてほとんど何も買えず、迷いに迷ってTシャツとサングラスだけ買った。今日は日曜なので自転車屋さんも空いてないし、明日の午前中にかけるしかない。

 

I went shopping for Cuba, but I haven't done something like this for a long time. I got a T-shirt and sunglasses.
All the bike shops are closed today, so I have lots of stuff left to do tomorrow.

 


2/13 Mon
近くの自転車さんに行く途中にスポークが折れていることに気づく。いつの間に。。自分で交換しようかとも思ったが、時間がないのでプロに任せたいところ。しかしここの自転車やさんのメカニックは夏休みでいないので他のところを紹介される。だが紹介された先も夏休み。仕方ないので少し離れたところにある自転車さんに行くため、ホイールだけ持ってバスに乗る。そして戻ってきてからタイヤとチューブを交換。これだけで夕方になってしまった。

 

On the way to the bike shop, I found out my spoke was broken again. I thought of doing it myself, but there is not enough time. The mechanic at the closest bike shop was on vacation, so I took a bus with my wheel to go to another one. Than I renewed my tire and inner tube.

 

空港まで行く方法を検討するのが面倒なので、ダンボールをもって走っていこうかと思っていたところ、MariamとJulioがなんと送ってくれた。旅行から帰ってきてお疲れのところ、何から何まで本当にありがとうございます。

いざ、キューバへ!!

 

I thought of biking to the airport, but Mariam and Julio offered me a ride. They should have been tired after a long drive, but they are so nice. Thank you so much!!
Now I'm ready to Cuba!!

 

f:id:mayataro811:20170309054425j:image

Day 266-268 Pucon

プコンの街から8kmほど離れた小高い丘の上にダニエラの家はあった。わたしが到着した時は真っ暗だったので、より一層光り輝いて見えた。
今日から数日間ここでナチュラルビルディング(自然素材の家づくり)を学ぶ。

 

Daniela's house stands on a hill 8km out of Pucon. I'm going to learn natural building here for few days.

 

f:id:mayataro811:20170308155708j:image 

家主のダニエラは建築家で、約一年前からこの家を建て始めた。それ以前にもサンティアゴの近くにナチュラルビルディングの建物をいくつか建てて来たという。

 

Daniela is an architect , and has started building this house one year ago.

 

 

ロシア人のカップルと3人で作業をした。
壁は全てわらに泥をまぶしたlight straw clayというものを隙間なく詰めることで断熱している。厚さは日当たりのよい北側は約15cm、南側は約30cm。1日目はひたすらこのlight straw clayを作って詰めた。

 

I worked with a Russian couple. I packed light straw clay (straw mixed with mud) into the walls for the insulation. It's necessary to pack it as much as possible in order to get a better insulation. 15cm on the north side, which has lots of sun light, and 30cm on the south side.

 

 f:id:mayataro811:20170308155738j:imagef:id:mayataro811:20170308155800j:image

 2日目は母屋の屋根の補修と屋上用の土を掘るおしごとでした。
屋根の一番下の層にはビニールが敷いてあるのだが、その上に乗せた土の重みでビニールがずり下がってしまったため、一度上の土を全てどけてからビニールを足し、その上にさらに土を乗せる。
庭の一部を掘り返すのだが、ルートマットができていて掘るのが楽しかった。

 

The second day I dug a root mat from the garden and laid it on the roof of the main building for the roof garden.

 

f:id:mayataro811:20170308155829j:image 

それが終わった後はコンポストの修繕。子供たちが手伝ってくれた。母の背中を見て育っているだけあって、カナヅチ使いが巧みだった。

 

After that, I fixed the compost bin. The kids helped me. They are very good carpenters because they've always looking at their mother.
 

f:id:mayataro811:20170308155951j:image
3日目はまた土を掘り、今度は倉庫の屋根に乗せるおしごとでした。土の入った重たいバケツを持って不安定なハシゴを登るのはハラハラした。

 

The next day we dug the earth and put it on another roof. It was pretty hard work going up the ladder with a heavy bucket.

 

 

ちなみにこの土を掘ったところはこれから池にするそう。ポールさんとこのみさんのところみたいになるのかな。

 

The place where we dug the soil will turn into a pond.

 

 

お昼休みにはみんなでカブーというカードゲームをした。手持ちの4枚をできるだけ少ない数にするゲーム。なかなかおもしろい。

 

At break time, we often played a card game called "Kaboo". You need to make the number of your four cards as small as possible.

 

 

ブラックベリーか大量に実っていたのでアランを誘って摘みに行った。一緒に自転車に乗ったりもした。彼はとても優しくて賢い少年だ。

 

Me and Alan went to pick some blackberries, and also rode bikes together. He is very sweet and smart.

 

 

最後の日には湖のビーチに連れて行ってもらった。

 

The last day Daniela took us to the lake. So beautiful.

 

 f:id:mayataro811:20170308160059j:imagef:id:mayataro811:20170308160111j:image

ご飯もおいしく、あっという間の3泊4日だった。もっとゆっくりできたらよかったな。
これから家がどのようになっていくのか楽しみ。

 

The food was great, and four days passed by quickly. I wish I could have stayed longer.
I'm curious how this house gets into shape.

 

f:id:mayataro811:20170308160155j:imagef:id:mayataro811:20170308160234j:image

 

ダニエラ、アラン、ナディア、ありがとう。

 

Thank you so much Daniela, Alan, Nadia!!

 

 f:id:mayataro811:20170308160446j:image

Day 261-265 Bariloche to Pucon

2/2 Thu

バリローチェまで90km。登りが多いが、途中で湖が見えてくると漕ぐ足にも力が入る。

 

90km to Bariloche!!

f:id:mayataro811:20170214110547j:imagef:id:mayataro811:20170214110906j:image

お昼を食べたスポットが最高だった。なんて色だ。

 

https://www.instagram.com/p/BQBVWeDgMUJ/

After the 24hours--longest bus ride in my life-- to El Bolson. I'm Back on my bike again!! The lakes are so beautiful here :) 24時間の史上最長のバス移動でエルボルソンへ着き、チャリダーに戻りました。湖が美しすぎる。

 

街の手前から一気に交通量が多くなってこわい。どうにか街にたどり着いたが、目当てのビールのお店はまだ開いていないので、カフェへ。

https://www.instagram.com/p/BQBV_eXgUSG/

そしてビールがうまい。1700km北上してきたので暑い。夏や。And the beer is so good. It's hot here. Summer time!!

 

 本当は10km先のキャンプ場に泊まる予定だったのだが、ビールを飲んだら完全に移動する気をなくしたので隣のホステルへ。350ペソと高いがバリローチェはどこも高いらしいので仕方ない。

 

I was planning to go to the campsite 10km out of town, but I was too lazy after the beer, and ended up at the hostel next door.

 

なんだか肉の気分だったのでスーパーで肉とワインを買う。ザ・アルゼンチン。

 

https://www.instagram.com/p/BQB4xsdAn7c/

一日中肉とビールのことを考えながら走った。アルゼンチンビーフうまし。でも鹿が食べたい。I was thinking about meat and beer all day. Argentina beef is great, but I miss venison.

 

2/3 Fri

早く出る予定だったが、起きたら雨でやる気をなくした。昼前に雨が上がったので意を決して出発。

 

It was raining in the morning so I left at noon.

 

街を出てすぐにへんな道に迷い込み、さらに湖の周りをぐるっとまわって西向きになった途端すさまじい向かい風と登りのコラボでなかなかスピードが出ない。

 

After turning around the corner of the lake and heading west, I had a bad headwind.

 

そんなわけで今日はあまり進まず、次の村の15km手前で野宿。夕焼けに染まる湖が美しい。

 

I couldn't do much today, I ended up wild camping close to the lake. Beautiful sunset.

f:id:mayataro811:20170214202347j:image

 

ごはんを作って食べてたらブラジル人カップルがやってきた。なんと竹バイク!!

 

A Brazilian couple came with an awesome bike!!

 

https://www.instagram.com/p/BQGJbveA8vs/

Handmade bamboo bike!! Awesome!!



 

f:id:mayataro811:20170214121756j:image

2人は3年間旅をしてからブラジルにパーマカルチャーコミュニティを作るそうだ。自作の竹バイクも売るという。興味の対象が似ていて、夜遅くまで話が盛り上がった。わたしは夕飯を食べたのにさらに夕飯をもらった。食べ物にnoと言えないわたし。

 

They said they are going to build a permaculture community in Brazil, after their three years travel. It was very fun to talk and share our experiences because we had same interests.

 

2/4 Sat

今日は風もなく穏やかな1日。相変わらずアップダウンは多いけど。

 

Nice weather with no wind!!

f:id:mayataro811:20170214122705j:image

昼前にラアンゴストゥーラという村に着く。ここからロスアンデスまでの116kmは「シエテラゴス」という7つの湖を通るルート。ここもアウストラル街道なみのチャリダー率。ベルギー人、ブエノスから来たカップル、ブエノス3人組、そしてコルドバ3人組などに会った。

 

I arrived to Villa La Angostura before noon. So many cyclists on this Siete Lagos route.

f:id:mayataro811:20170214122730j:image

f:id:mayataro811:20170214122638j:image

 

湖とか山とか次から次へと出てきて忙しい。

f:id:mayataro811:20170214123238j:imagef:id:mayataro811:20170214123257j:imagef:id:mayataro811:20170214123314j:image

そしてコルドバ3人組と同じキャンプ場に到着。湖の側でとてもきれいなのだが、フリーかつ土曜だからかとても混んでいて、湖の前のいいスポットは全て埋まっていた。

 

I camped by the lake with a group from Córdoba. It was a nice place but very crowded.

f:id:mayataro811:20170214122613j:image

釣りをしようと思っていたが、ごはんを食べてるうちに暗くなってしまった。

 

そのあと謎の撮影タイムがはじまったが、これがなかなか楽しくて、面白い写真を撮ってもらった。

 

At night, we enjoyed taking pictures like this.

f:id:mayataro811:20170214122507j:imagef:id:mayataro811:20170214122515j:image

明日は早起きして釣りする!

 

I'm going to fish tomorrow!!

 

2/5 Sun

朝少しだけ釣りをしたけどだめだった。むずかしいぜ。

コルドバ3人組はゆっくり進むのでわたしはひと足お先に出発。

 

I did some fishing but I couldn't get anything. 

 

坂を登ったところから見えるなんちゃら滝。

View of waterfall from the top of the hill.

f:id:mayataro811:20170214123148j:image

そしてまた湖。シエテラゴスのルートはツアーバスも走っていて、いろんな人に一緒に写真を撮ってくれと言われてまんざらでもないわたし。

 

Many lakes. There are also tour buses running in this route, and many people asked me to take pictures together.

f:id:mayataro811:20170214123536j:image

一度調子に乗ってたら「あなたじゃなくてあなたの自転車と(わたしの)妹を撮らせて」と言われたけど。

 

今日だけで20人ぐらいのチャリダーに会った。このシエテラゴスのルートは短いし舗装路だし、だけど美しいのでアウストラル街道よりもだいぶお手軽にパタゴニアを楽しめると思う。わたしの残念なタイヤは未舗装路になるとパンク祭りになるので、いくら美しかろうがなんだろうが景色を愉しむ余裕なんてないんですもの。

 

I think this is a nice path to cycle Patagonia. It's much more shorter and easier than the Carretera Austral because it's paved. I just can't enjoy gravel with these shitty tires, no matter how beautiful it is.

f:id:mayataro811:20170214131005j:imagef:id:mayataro811:20170214131007j:image

1時過ぎにロスアンデスに到着。アイス食べたいなあ〜と思っていたら目の前にHelado Artesanial(アイスクリームやさん)が出現したので迷わず入った。ちょっと高いけどおいしかった。

 

I arrived to Los Andes around 1am, and ran into a great icecream shop.

f:id:mayataro811:20170214131006j:image

 

ケータイを充電しつつのんびりだらだらしてたら15時になってしまった。明日までにプコンにつかないといけないのだが、あと180kmあまりある。ヒッチを試みたが、途中でめんどくさくなって、えーい!いってしまえー!という気分になった。そこからなぜか火が点いたように漕ぎ出し、20km先のフニンという町でビールを買ってからさらに20km北の川で野宿。

110km走ったあとに、川と夕日を見ながら飲むビールは最高だった。おそらく南米ラスト野宿。

 

I have to be in Pucon tomorrow, which is 180km from here. I first thought to hitch a ride, but I kind of made up my mind to do it by myself. I grabbed a beer in Junin and carried on another 20km. A beautiful site by the river. This is my last wild camp in South America, and I enjoyed my treat after riding 110k.

f:id:mayataro811:20170214125830j:imagef:id:mayataro811:20170214125839j:image

明日は140km走らないといけない。

途中で峠も国境越えもあるし、気合い入れていく!

 

I have to do 140k tomorrow. I also have a hill and border crossing!!

 

 

2/6 Mon
気合いを入れて5:30に目覚ましをセットしたのに、起きたら7:30で、慌てて飛び起きて8時過ぎに出発。はじめの35kmはゆるやかなのぼりで、ラニン山がきれいに見えてとても気持ちが良い。どことなく富士山に似ている。標高も3747mだし。

 

I set my alarm at 5:30, but I realized it was 7:30.

The first 35k was a gentle slope with a great view of Volcano Lanin.

f:id:mayataro811:20170214130205j:imagef:id:mayataro811:20170214130223j:image

この調子なら昼には国境に着くかな〜、と思っていたが甘かった。国立公園に入った瞬間からとてつもない悪路。時折降りて押さないと進まないぐらい砂が深い。

 

I was going in a nice pace, so I thought I could make it to the border by noon, but that didn't happen. After entering the National park, the pavement finished and came up a awful sandy road. The sand was sometimes so deep that I couldn't ride.

f:id:mayataro811:20170214203625j:image

結局1時過ぎにアルゼンチン側の国境に着いた。出国手前のお店でこの辺りの先住民族であるマプチェ族のピアスを買った。厄除けらしいのだが、常に磨いてピカピカにしておかないと効果がないらしい。わたしに不向きの代物である。

 

チリ側の出国までさらに時間がかかり、結局14:30になってしまった。プコンまであと80km。まだ半分も来ていない。夕暮れまでに間に合うかしら。

 

I arrived to the Argentinean immigration at 1pm. And it was 2:30pm when I finished all the border crossing events. 80k left to Pucon. I hope I can make it before it gets dark.

 f:id:mayataro811:20170214203547j:image

しかしここからはほぼ下り坂。もったいないぐらい急な下りであっという間に40km進んだ。

 

It was a steep downhill and it didn't take long to do 40k.

f:id:mayataro811:20170214203523j:image

f:id:mayataro811:20170214130952j:image

 

クラレウエのカフェでタルトとイチゴジュース。この村にはマプチェ族の文化が色濃く残っていて、アートと食の市場というとても心惹かれる催しが開かれていたようだが、残念ながら時間がないのでパス。

 

I went into a cafe in Curarrehue. This village has a lot of Mapuche influence, and I wish I had more time to see it.

f:id:mayataro811:20170214130816j:image

 

その後もおいしそうなものの誘惑に駆られ、130km地点のプコンの町に着いたのは20時前。そこから先の道が分からず、WiFiを求めて辿り着いたレストランで、思わずビールとパステルデチョクロという料理を頼んでしまい、気付けばみるみるうちに暗くなっていく。

 

It was before 8pm when I arrived to Pucon. I didn't know the way from here, so I was looking for a wifi, and I ended up ordering a beer and pastel de Choclo, which wasn't a really good idea. It was starting to get dark...

f:id:mayataro811:20170214203833j:image

f:id:mayataro811:20170214203734j:image

 

案内のメールに「ダートを上がって」とあったので、なんとなく嫌な予感はしていたのだけど、ラスト2kmのダートは本当にキツかった。押してもずり下がるほど急な道で、登山靴に履き替えて自転車を持ち上げながらやっとこさ進む。滝のように汗を流しながら、目的地に着いた頃には真っ暗だったけど、月明かりに照らされたビジャリカ火山が美しかった。

 

The last few km was so hard. I couldn't even stand straight with my heavy bike, and I had to change to my trekking boots or otherwise I kept in slipping down the steep gravel road. It was already dark, I could barely see anything, I was sweating like crazy, but the Volcano Villarica was beautiful lighted by the moon.

 f:id:mayataro811:20170214203714j:image

南米ラスト走行は137km。

今まで120km以上走ったことないし、途中で峠も国境もあるから正直無理かな〜ヒッチしようかな〜と思ったが、「いやいや、最後ぐらい限界突破しないと!」と覚悟を決めてからはただひたすらペダルを回した。ダートや深砂が出てくると宝石の道やアウストラル街道の過酷な道を思い出した。あれに比べればなんてことはない。今までの経験が背中を押ししてくれた。

 

I ended up doing 137k today. I've never biked so much, and I thought it might be impossible, so I'm proud of myself. It was my last ride in South America. Every time i had a bad road, it reminded me of the lagunas route, but nothing is bad as that. All those experiences encouraged myself.

 

半年に及んだ南米編もこれにてひとまず完結。

明日から3日間ナチュラルビルディングの建築のお手伝いをして、サンティアゴまでバスで向かい、来週はいよいよキューバへ!

 

So it is the end of my 6months in South America. I'm going to help with some natural building for few days, get a bus to Santiago, and fly to Cuba next week!!

 

※2/14 現在キューバに向かっています。キューバはネット環境が悪いのでなかなかブログ更新できないかもしれませんが、わたしは今日も元気に生きてます!!

 

I hear Cuba doesn't have good internet, so I might not be able to update for a while, but I'm doing perfectly great!!

 

Day 257-259 Rio Gallegos to El Bolson

1/29 Sun

バスターミナルへ行き、バリローチェまでの値段を聞くと、自転車込みで2500ペソ(18000円)もすると聞いて空いた口がふさがらなかった。飛行機より高いですやん。。とりあえず落ち着こうと思ってとなりのスーパーで買い出しをしているうちに、もったいないお化けが出てきて、やっぱり走ろう!(ヒッチバイク的な意味で)という気になった。

しかし走り出したら向かい風がすごくて、開始5秒でやっぱりやめようかしらと思った意思の弱いわたくしです。

それでもとりあえず行けるところまで行こうとしばらく走っていると、サイクリスト集団と遭遇。毎週日曜日に一緒に走っているらしく、わたしも途中まで一緒に走ることになった。

f:id:mayataro811:20170208063304j:image

20kmほど走ったところに警察のチェックポイントがあり、すべての車はここで停まるのでヒッチするならここがいいよと教えてもらった。だが、結局2時間粘っても捕まらず、諦めて街まで引き返すことになった。これから何日もこれを繰り返すぐらいならあのバスは安いのかもしれないとすら思いはじめた。お金というのは手間と時間を省くために存在しているのか。

 

トボトボと走っていると後ろからサイクリストが。先ほどのサイクリストたちのお友達らしく、街まで一緒に走った。そして街に着くと、何か困ってることはないか?泊まるところはあるのか?自転車の調子はどうだ?とやたらと気にかけてくれる。なんだかそのまま別れるの偲びなく、おうちにお邪魔させてもらうことになった。

 

エンドリケは料理が好きらしく、野菜たっぷりのおいしいお昼を振舞ってくれた。彼は自分でハーブを育てたり、パンを焼いたりしていて、育てたハーブで作ったハーブティーもとてもおいしかった。

f:id:mayataro811:20170208063720j:imagef:id:mayataro811:20170208063828j:imagef:id:mayataro811:20170208063841j:image

 

 

本当は今日のバスで移動するつもりだったが、何かお礼がしたくてもう1日いさせてもらうことにした。逆に迷惑な気もしないでもないけど。

 

そんなわけでスーパーへ行ってエンパナーダ作りをお手伝い。エンパナーダはずっと習いたいと思っていたのでとても嬉しい。具は3種類。

・Carne(牛肉、玉ねぎ、オリーブ、ゆで卵、塩、パプリカ粉、オレガノ、トウガラシ)

・Choclo(コーン、玉ねぎ、チーズ、塩、オレガノローズマリー

・Verdula(サラダ、ゆで卵)

エンパナーダは南米版ギョーザといったところで、皮はどこのスーパーでも売っている。中身がわかるように具ごとに包み方を変える。

f:id:mayataro811:20170208065054j:imagef:id:mayataro811:20170208065104j:image

 

ちなみにエンパナーダはHorno(オーブン焼)とFrito(揚げ)があり、具もアルゼンチンでは肉が主流だが、チリには魚介類のエンパナーダもある。

今まで食べたエンパナーダベスト3は、ビーニャの魚市場、エルチャルテンのChe empanadas(具が20種類ぐらいある)、そしてトルヒンの神パン屋La Union、ですかね。思い出すだけでヨダレが。。

 

エンドリケはエンパナーダを持って娘さんたちのおうちに行ったのでわたしはお留守番。明日はフランス人チャリダーたちと再会する予定。

 

1/30 Mon

朝からごはんを作る。エンドリケが仕事に行くというので一緒にセントロへ向かいがてら街を案内してもらった。

3号線(ブエノスアイレスにつながる国道)は1980年代頃まで未舗装だったため、全ての物資はブエノスからここリオガジェゴスまで船で運ばれ、各地へと輸送されていたそう。石炭工場もここにあったんだとか。

f:id:mayataro811:20170208094611j:image

f:id:mayataro811:20170208100705j:image

先住民と開拓民の壁画。f:id:mayataro811:20170208074259j:image

 

 彼の職場である博物館のようなところに着くと、同僚の女性たちからの質問攻めにあった。どうしてこの旅をしようと思ったの?なんでひとりなの?怖くないの?どこが一番よかった?など、どれもよく聞かれる質問だが未だに答えを見つけられない自分がいる。

 f:id:mayataro811:20170208100730j:image

お昼にフランス人チャリダーたちと合流。クリスチャンとパトリシアは今まで出会ったチャリダーの中でもかなりぶっ飛んでいると思う。わたしの親に近い年代ですでに3年世界中を走っているだけで十分すごいのだが、ウシュアイアで旅を終えてフランスに帰ると言っていたのに、よくよく聞いてみると「アフリカ経由で」帰るという。それも1カ国ではなく「南アフリカからフランスまでアフリカ大陸を走って帰るから、あと1年ぐらいかな〜」だと。こんな自由な大人になりたい。

これまで何度も会ってきた彼らとも、いよいよここでお別れ。クリスチャンとパトリシアはアフリカへ。ナンスとアリックスとは同じバスに乗るが、彼らはこれからアウストラル街道の北を走るらしい。

 

家に戻ってごはんの支度をして、バスターミナルへ。エンドリケが送ってくれた。これから20時間のバス旅がはじまる。

 f:id:mayataro811:20170208101848j:image

 

1/31 Tue

f:id:mayataro811:20170208101832j:image

バスは高級なだけあってファーストクラスばりの160度リクライニングのシート。

f:id:mayataro811:20170208100918j:image

ピザパン、パスタ、パン、というどれが主食かわからない炭水化物だらけのごはんも出た。

f:id:mayataro811:20170208100932j:image

 

出発直前に適当にダウンロードした本が思いの外面白かった。もうすぐキューバに行くのでヘミングウェイなんぞ読んでしまったり。

 

エルボルソンに17時に着くはずが結局20時過ぎになったが、ここはアルゼンチンなので仕方ない。24時間におよぶ史上最長のバス旅は思ったほどキツくはなかった。寝ているだけで目的地に着くってすばらしいですよね!

 

後輪を着けようとしたらチェーンがわけわからんことになっていて手間取っているうちに暗くなってきて、慌ててキャンプ場を探す。目星をつけていたところは混んでいて落ち着かなさそうなので、近くにあったこじんまりとしたところにしたが、これがとても良かった。

オーナーがフレンドリーで、彼自身も世界中をさまざまな手段(チャリ、バイク、徒歩、ヒッチ、馬)で旅してきたという。シェフでもある彼の作ってくれたステーキとソパパラグアイ?とかいう北アルゼンチンのネイティヴの人たちの料理(コーンミール、炒め玉ねぎ、卵、牛乳、チーズを混ぜてオーブンで焼く)がとても美味しかった。

f:id:mayataro811:20170208101812j:image

他の宿泊客たちも面白く、深夜まで話しこんだ。

ROSADITA Hostel & camping オススメの宿でございます。(写真は翌朝です)

f:id:mayataro811:20170208102051j:imagef:id:mayataro811:20170208102104j:image

明日からまた走りますぞー

 

 

Day 260 CIDEP permaculture center

2/1 Wed
起きたら8時前。どうやら三代目テントは陽が差し込まないので寝坊するようだ。
朝ごはんがおすすめだよ、とオーナーに言われたのにオーナーは最後まで寝ていてなぜか他の宿泊客が朝食の準備をしてくれた。フルーツが足りないからと買い出しにまで行ってくれた。オーナーは朝ごはん美味しかったでしょ?とドヤ顔で聞いてきた。あんた寝てたやん、と思ったけどたしかによかったのでゆるす。

 

"We have good breakfast"
That's what the owner said, but the owner woke up at last and the other guests some why prepared the breakfast.

 

カナダ人のHeikoと話しているうちにここから10kmあまり北にあるヒッピーコミュニティに行くことになった。わたしも北に向かうのでちょうどいい。彼は自転車を持っていないので街でレンタルしてから向かう。案の定途中からダートになった。

 

I was talking with one of the guests, Heiko and decided to go to a hippy village which is 10km north of El Bolson. He rented a bike in the town and we headed out. It became ripio again.


Heikoの情報によると、どうやら近くにパーマカルチャーセンターもあるらしく、せっかくなので訪ねることにした。10kmぐらい進んだところで場所を尋ねるとあと2kmほど先にあるという。やっと看板を見つけたが、道を外れてからも2kmぐらい歩いた。

 

According to Heiko, there is also a permaculture center around here. We found the sign and walked down the path.

 

f:id:mayataro811:20170213105745j:image

Heikoは植物に詳しくて、歩きながらこれが食べられるとかこれは何に効くとか教えてくれた。そういう人にとても憧れるのだが、記憶力の悪いわたしは何も覚えていない。実に残念な脳みそである。

 

Heiko knows a lot about edible plants and herbs. I really want to learn more about those stuff, but it's such a pity that I have a very bad memory.

 

 

敷地に入るとたくさんのナチュラルビルディングがあって早速テンションが上がる。
メインっぽい建物でオラ!と声をかけると、中から人が出てきてわざわざ案内してくれた。(ちなみにあとから気付いたのだが、実はここ、わたしがボランティアをしようと思って連絡を取っていたところだった。)

 

There were many natural buildings. We approached to the main house and said "Hola" and a guy came out and he was so kind to show us around. I realized afterwards that this was one of the places I was thinking to volunteer.

 

f:id:mayataro811:20170213105844j:imagef:id:mayataro811:20170213105910j:image

f:id:mayataro811:20170213121626j:imagef:id:mayataro811:20170213121636j:image

彼の名はニコラス。仲間とともにここを運営している。夏の間はいつもボランティアやコースの受講生で溢れているらしいが、この日はちょうどコースが終わったばかりのようで彼以外の人は見当たらなかった。

 

His name is Nicholas. He is running this center with his friends. During summer, there are lots of volunteers, but there was no one else because it had just finished the week before.

 


ソーラークッカーで豆を煮ているところ。晴れていると1時間ほどで煮えるらしい。触ってみると火傷するほど熱かった。

Cooking beans in a solar cooker. It will be ready in a hour.

 

f:id:mayataro811:20170213105938j:image

チャリダー必見自転車洗濯機。これは是非とも欲しい。

I want this washing machine!! 

f:id:mayataro811:20170213110021j:image

たくさんのナチュラルビルディングの建物は、ストローベイル、スリップストロー、コブ、プラスチックゴミ利用などひとつひとつ違う技法を試したり、粘土と砂の比率、ナチュラルペインティングの種類を変えたり、と常に実験しながら最善の方法を模索しているという。

 Each natural buildings used a different method such as straw bale, strip straw, cob, and reuse of plastic garbage. They keep on experimenting by changing the ratio of sand and clay to make bricks, or using different kinds of natural painting to see which is the best way.

f:id:mayataro811:20170213110049j:imagef:id:mayataro811:20170213110108j:imagef:id:mayataro811:20170213110135j:image

 

 f:id:mayataro811:20170213110554j:image

f:id:mayataro811:20170213110215j:imagef:id:mayataro811:20170213110224j:imagef:id:mayataro811:20170213110235j:image

 

「今まで試した中で何が一番よかったか?」と聞くと、向きによって違うという。日当たりの良い北側はコブ+ボトルウォール(ただしガラスを入れすぎると冷えやすいので少なめに)、逆に南側はストローベイルで断熱し、窓をつけないことによって熱が逃げるのを防ぐそうだ。ひとつの建物の中でも臨機応変にいろんな技法を用いるというのは考えてみれば当たり前のことなのかもしれないが、わたしには目から鱗だった。
ボランティアが作ったというステンドグラスや丸太を埋め込んだデザインも素敵。ひとりひとり違う特技を持っているからこその多様なデザインだそう。

テクニックや理論もさることながら、素敵だなあ、マネしたいなあ、と思わせる見た目の美しさというのはとても大事だと再認識。

 

"What is the best method among all?" I asked, and he said it depends on the side. The north side, which has alot of sunlight, is better for cob and bottles (but not too many bottles because they don't obtain the heat), while the south side is  better to have a thick insulation like straw bale, and no windows. It was interesting because I've never thought about changing methods in the same building.

The stained glass and all the designs were done by the volunteers. Each person has a different skill, which makes all the diverse designs. 

f:id:mayataro811:20170213110357j:imagef:id:mayataro811:20170213110416j:image

この時期はベリーやプラムが溢れていて食べ放題。ここは楽園かと思いましたよ。こんなでっかいブラックベリーはじめてみた。しかもおいしい。

 

It was fruits paradise!! So many plums and berries. I've never seen a blackberry this big!!

 

f:id:mayataro811:20170213110445j:imagef:id:mayataro811:20170213110457j:image

 

最後に水を引いているという沢を案内してもらったのだけど、底まで見えるほど水が澄んでいて、思わずうっとりするほど美しかった。

 

We went  to the stream which is their water source, and it was amazingly beautiful. The water was so clear that you can see the bottom.

 

f:id:mayataro811:20170213110635j:imagef:id:mayataro811:20170213110647j:image

突然押しかけたのに丁寧に案内してくれて本当に感謝です。ここに住みたいと思いました。

 

Thank you so much for showing us around, Nicholas!! I would love to live here.

 

CIDEP - Centro de Investigación, Desarrollo y Enseñanza de Permacultura

 

そこからまたダートを15kmぐらい走ったのだが、登りが多くてつかれた。そして案の定パンクした。以前教えてもらった、タイヤとチューブの間に使わなくなったチューブを挟む、という裏ワザを試してみた。これで耐パンク性能が上がるといいのだけど。

 

After that, I had another 15 km dirt road, and a flat tire again. I tried the tip that other cyclists told me-- to put an old tube between the inner tube and the tire. I hope it has more resistance to puncture.

f:id:mayataro811:20170213110741j:image

そんなわけで今日はあまり進まず、40km地点でキャンプ。川が近くでなかなかいいかんじのスポットである。野良犬が2匹やってきてわたしのそばで寝てる。

 

So I ended up doing only 40 km today. It's a nice spot beside the river. Two dogs came to sleep close to me.

 

明日はなんとしてもバリローチェまで行ってビールを飲む!

 

I'm defenitely going to Bariloche to have a beer tomorrow!!

Day 254-256 Ushuaia to Rio Grande

世界の果てまで来てしまったわたしだが、2/14にチリ・サンティアゴキューバ行きの便に乗るためにサンティアゴまでワープせねばならぬ。そしてせっかくなので行きそびれたバリローチェはじめ湖水地方を走りたいと思う。そんなわけでウシュアイアから1600km北のエルボルソンまでヒッチバイクを試みる。

 

I came to the end of the world, but I have to head to Santiago to catch my flight to Cuba on 14th of February. And I want to bike through the Siete Lagos, near Bariloche. So I will try to hitchbike 1600km north to El Bolson.

 

f:id:mayataro811:20170206024159j:image

グッバイウシュアイア

goodbye Ushuaia 

1/26 thu
いつものようにダラダラしていたらウシュアイアを出るのが昼過ぎになってしまった。でもいいのです。今日は10km先の野宿ポイントでのんびり釣りでもしようかと思っているので。しかもパタゴニアの風は大概西から吹くから向かい風だし楽勝だぜ☆

 

I was lazy as usual, so I ended up leaving at 2pm. But it's ok. I'm just going 10km out of town where is a nice camp spot in front of the river, where I

can fish. And it's suppose to be easy with a nice tailwind.

 

とか思ってたらとてつもない向かい風と雨。今日に限って東から吹いてきましたよ。まったくあまのじゃくですね。

 

It supposed to be, but it was actually a headwind with rain. Patagonian weather is unpredictable.

そんなこんなで苦戦しながらもどうにか目的地へ。でも雨だし寒いしどうしようかな。このまま引き返すかな。とか考えていたら一台の車を発見。しかも荷台がある。
こ、これはもしやヒッチバイクチャンス!?
チラチラと熱い視線を送っていたら、なんとアサド(バーベキュー)に誘っていただきました。
「ふたりじゃ食べきれないから好きなだけ食べて」
ヒャッホーイ!!いただきまーす!

 

I struggle to the camp spot, where I found a pickup truck. Maybe a chance for my hitchbike! I approached them, and they invited me to have Asado together.

 

 

f:id:mayataro811:20170206020917j:image

セサールとマリアはウシュアイアから来たとのことでヒッチバイクチャンスはあえなく終了したが、日本語に興味があるようだったのでふたりの名前を書いてあげたところ、甚くお気に召したようで、なんとタトゥーにするとかなんとか言ってた。息子さんが彫り師らしく、このまま模様にするから何個か書いてくれ、と言われて責任感に震えながら書いた。
ちなみに日本人の感覚では考えられないが、アメリカでも南米でも、若者はほとんどみんなタトゥーをしている。そしてどうやらタトゥーブームは若者だけのものではないようだ。

 

Cesar and Maria were from Ushuaia, so I wasn't able to get a ride, but they seemed to be interested in Japanese so I wrote their name in Japanese. They liked it so much that they said they are going to have a tattoo of it. Everyone has a tattoo here.

さて、雨も上がったので釣りをすることにした。浅い川だが、よく見ると小さなトゥルチャがいる。セサールにやり方を教えてもらってから、挑戦。何度か魚が跳ねるのが見えた。そしてほどなくしてゲット!!

 

The rain stopped, so I started fishing. Cesar taught me how to fish, and I caught it!!

 

https://www.instagram.com/p/BPxRIPKAFZa/

また釣れた!trout!!



デシルト湖で釣ったものよりはだいぶ小ぶりだが、ひとりで食べるにはちょうどいいサイズ。そんなわけで塩焼きにして食べた。うまい!

 

It it was smaller than the one I caught in Lago Desierto, but a nice size for one person. Yummm!!!

 


ふたりを見送ってからテントを張って寝た。星がきれいだ。

 

After I saw them off, I put up my tent and  slept. Beautiful stars...

1/27 Fri
ウシュアイアからサンセバスチャンまでの道は既に走ったので、できるだけ飛ばす作戦。10kmほど走ったところで工事現場のトラックに拾ってもらい、トルヒンまで運んでもらった。

 

I've already biked this road, so I want to skip it as much as possible. After few km, a truck driver gave me a ride to Torhuin.


トルヒンで例のパン屋さんでエンパナーダやチュロスをば。夜の分まで買ったはずなのに気づいたらすべてなくなっていた。チャリだろうがヒッチバイクだろうが胃袋は変わらない。

 

I went to the bakery again and got some empanadas and churros. Half was supposed to be for my dinner, but it was gone when I realized.

 

トルヒンを出ると犬が2匹ついて来た。すぐいなくなるかと思ったが、わたしの横をずっと走っている。わたしが止まると止まる。なんだかとってもかわいい。ペルーで犬嫌いになったわたしだが、ここパタゴニアの犬は人懐こくてかわいいやつが多い。たまにペルーの血が入っていると思われるのもいるが。

 

Two dogs followed me from Torhuin. I thought they would go away, but they ran besides me. When I stopped, they stopped. So cute. I started hating dogs since Peru, but the dogs in Patagonia seems much more nice.

f:id:mayataro811:20170206021953j:image

 f:id:mayataro811:20170206021544j:image

 

ここから西に向かうのでまた向かい風に。えんやこら漕いでいたら、オフロードバイクを積んだピックアップトラックのお兄さんに話しかけられる。どうやらリオグランデに家があるから泊まっていいよとのこと。もう少し先まで行こうかと思っていたが、ありがたくお言葉に甘えることにした。そして甘えついでに自転車とわたしも運んでもらうことにした。犬たちが傍でずっと待っていて、え、置いてくの?みたいな顔をされてなんだか罪悪感を感じつつ。ごめんよワンコ。。

 

The road heads west, which means headwind again. I was fighting towards the wind when a guy on a pickup truck with a motorbike talked to me. He said he has a house at Rio Grande and I can stay there. I thanked him and asked him if he could take my bike and me too. I felt a bit guilty because the dogs were looking at me like, "are you going to leave us?" But I left anyway... Sorry doggies...

 

彼の名はフランコ。3月にフエゴ島で開かれるレースのために走り込んでいるらしい。高速の横にオフロードのコースがあり、フランコが走るのを見ながら彼の友人とトラックで並走する。今ならオフロードバイクの楽しさがわかる気がする。わたしどんくさいからケガするだろうけど。

 

His name is Franco, and he is training for the race in March. There is a off-road trail along the highway, so we watched him as we drove along.

 

そして着いてびっくり。なんと家をまるまる貸してくれた。シャワーやキッチンまである。なんともありがたい。。

 

And what a surprise, he let me use a whole house with a shower and kitchen...

 

 明日はリオガジェゴスまで行けるといいなあ。。

 

I hope I get to Rio Gallegos tomorrow.

 

1/28 Sat

どこでヒッチするか迷いつつ、あんまり街に近いのもなあ、とか思っているうちに10km走っていた。一度ヒッチを試みるもなかなかつかまらないので、また少し走ってヒッチ…というのを繰り返しているうちにどんどん風も強くなってきてしまった。

 

これはもう諦めてサンセバスチャンまで走るのか…と思っていたけれど、向かい風がすごくて何度も吹っ飛ばされて危険なのでもう一度ヒッチ開始。今日はぜんぜん車が止まってくれない。

諦めかけていたところ、一台の車が止まってくれた。しかし普通の乗用車、ダメ元で聞いたら、わざわざ荷物を移動してスペースを作って乗せてくれた。本当にありがたい。おまけにサンドイッチやらマテまでふるまってもらった上に、なんとも運の良いことにリオガジェゴスまで連れて行ってもらうことになった。

 

I had a hard time getting a ride today. I almost gave up, but the wind kept on knocking me down, when a car finally stopped by. It was a normal car, but they were so nice that they made space for me and my bike. They even gave me a sandwich and mate!! And furthermore, they were heading to Rio Gallegos!!

 

アルゼンチン→チリ→アルゼンチンという面倒な国境越え。パスポートには無駄にアルゼンチンとチリのハンコが増えていく。そしてフェリーに乗らないといけないのでとても時間がかかる道のりだったが、おかげさまで21時前にリオガジェゴスに到着。

 

It took time because you have to cross the border three times, and also take a ferry. But thankfully, we arrived at 9pm.

 

f:id:mayataro811:20170206024447j:image

 

今夜はガソリンスタンドの駐車場でキャンプです。夕飯までごちそうになり、もう感無量でございます。

 

本当にありがとうございます神様仏様ゴメス様。。

 

We camped at the parking lot of a gas station. They even cooked me some dinner.

Thanks god and the Gomez family...

 

f:id:mayataro811:20170208120911j:image