にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まやたろの体当たりチャリンコ日記〜南北アメリカ自転車縦断〜

東京銀座のOL→山梨に移住し農業と狩猟をはじめる→2016年5月より北米から南米まで自転車縦断スタート!

Day 261-265 Bariloche to Pucon

旅 travel 自転車 bicycle 5. Argentina

2/2 Thu

バリローチェまで90km。登りが多いが、途中で湖が見えてくると漕ぐ足にも力が入る。

 

90km to Bariloche!!

f:id:mayataro811:20170214110547j:imagef:id:mayataro811:20170214110906j:image

お昼を食べたスポットが最高だった。なんて色だ。

 

https://www.instagram.com/p/BQBVWeDgMUJ/

After the 24hours--longest bus ride in my life-- to El Bolson. I'm Back on my bike again!! The lakes are so beautiful here :) 24時間の史上最長のバス移動でエルボルソンへ着き、チャリダーに戻りました。湖が美しすぎる。

 

街の手前から一気に交通量が多くなってこわい。どうにか街にたどり着いたが、目当てのビールのお店はまだ開いていないので、カフェへ。

https://www.instagram.com/p/BQBV_eXgUSG/

そしてビールがうまい。1700km北上してきたので暑い。夏や。And the beer is so good. It's hot here. Summer time!!

 

 本当は10km先のキャンプ場に泊まる予定だったのだが、ビールを飲んだら完全に移動する気をなくしたので隣のホステルへ。350ペソと高いがバリローチェはどこも高いらしいので仕方ない。

 

I was planning to go to the campsite 10km out of town, but I was too lazy after the beer, and ended up at the hostel next door.

 

なんだか肉の気分だったのでスーパーで肉とワインを買う。ザ・アルゼンチン。

 

https://www.instagram.com/p/BQB4xsdAn7c/

一日中肉とビールのことを考えながら走った。アルゼンチンビーフうまし。でも鹿が食べたい。I was thinking about meat and beer all day. Argentina beef is great, but I miss venison.

 

2/3 Fri

早く出る予定だったが、起きたら雨でやる気をなくした。昼前に雨が上がったので意を決して出発。

 

It was raining in the morning so I left at noon.

 

街を出てすぐにへんな道に迷い込み、さらに湖の周りをぐるっとまわって西向きになった途端すさまじい向かい風と登りのコラボでなかなかスピードが出ない。

 

After turning around the corner of the lake and heading west, I had a bad headwind.

 

そんなわけで今日はあまり進まず、次の村の15km手前で野宿。夕焼けに染まる湖が美しい。

 

I couldn't do much today, I ended up wild camping close to the lake. Beautiful sunset.

f:id:mayataro811:20170214202347j:image

 

ごはんを作って食べてたらブラジル人カップルがやってきた。なんと竹バイク!!

 

A Brazilian couple came with an awesome bike!!

 

https://www.instagram.com/p/BQGJbveA8vs/

Handmade bamboo bike!! Awesome!!



 

f:id:mayataro811:20170214121756j:image

2人は3年間旅をしてからブラジルにパーマカルチャーコミュニティを作るそうだ。自作の竹バイクも売るという。興味の対象が似ていて、夜遅くまで話が盛り上がった。わたしは夕飯を食べたのにさらに夕飯をもらった。食べ物にnoと言えないわたし。

 

They said they are going to build a permaculture community in Brazil, after their three years travel. It was very fun to talk and share our experiences because we had same interests.

 

2/4 Sat

今日は風もなく穏やかな1日。相変わらずアップダウンは多いけど。

 

Nice weather with no wind!!

f:id:mayataro811:20170214122705j:image

昼前にラアンゴストゥーラという村に着く。ここからロスアンデスまでの116kmは「シエテラゴス」という7つの湖を通るルート。ここもアウストラル街道なみのチャリダー率。ベルギー人、ブエノスから来たカップル、ブエノス3人組、そしてコルドバ3人組などに会った。

 

I arrived to Villa La Angostura before noon. So many cyclists on this Siete Lagos route.

f:id:mayataro811:20170214122730j:image

f:id:mayataro811:20170214122638j:image

 

湖とか山とか次から次へと出てきて忙しい。

f:id:mayataro811:20170214123238j:imagef:id:mayataro811:20170214123257j:imagef:id:mayataro811:20170214123314j:image

そしてコルドバ3人組と同じキャンプ場に到着。湖の側でとてもきれいなのだが、フリーかつ土曜だからかとても混んでいて、湖の前のいいスポットは全て埋まっていた。

 

I camped by the lake with a group from Córdoba. It was a nice place but very crowded.

f:id:mayataro811:20170214122613j:image

釣りをしようと思っていたが、ごはんを食べてるうちに暗くなってしまった。

 

そのあと謎の撮影タイムがはじまったが、これがなかなか楽しくて、面白い写真を撮ってもらった。

 

At night, we enjoyed taking pictures like this.

f:id:mayataro811:20170214122507j:imagef:id:mayataro811:20170214122515j:image

明日は早起きして釣りする!

 

I'm going to fish tomorrow!!

 

2/5 Sun

朝少しだけ釣りをしたけどだめだった。むずかしいぜ。

コルドバ3人組はゆっくり進むのでわたしはひと足お先に出発。

 

I did some fishing but I couldn't get anything. 

 

坂を登ったところから見えるなんちゃら滝。

View of waterfall from the top of the hill.

f:id:mayataro811:20170214123148j:image

そしてまた湖。シエテラゴスのルートはツアーバスも走っていて、いろんな人に一緒に写真を撮ってくれと言われてまんざらでもないわたし。

 

Many lakes. There are also tour buses running in this route, and many people asked me to take pictures together.

f:id:mayataro811:20170214123536j:image

一度調子に乗ってたら「あなたじゃなくてあなたの自転車と(わたしの)妹を撮らせて」と言われたけど。

 

今日だけで20人ぐらいのチャリダーに会った。このシエテラゴスのルートは短いし舗装路だし、だけど美しいのでアウストラル街道よりもだいぶお手軽にパタゴニアを楽しめると思う。わたしの残念なタイヤは未舗装路になるとパンク祭りになるので、いくら美しかろうがなんだろうが景色を愉しむ余裕なんてないんですもの。

 

I think this is a nice path to cycle Patagonia. It's much more shorter and easier than the Carretera Austral because it's paved. I just can't enjoy gravel with these shitty tires, no matter how beautiful it is.

f:id:mayataro811:20170214131005j:imagef:id:mayataro811:20170214131007j:image

1時過ぎにロスアンデスに到着。アイス食べたいなあ〜と思っていたら目の前にHelado Artesanial(アイスクリームやさん)が出現したので迷わず入った。ちょっと高いけどおいしかった。

 

I arrived to Los Andes around 1am, and ran into a great icecream shop.

f:id:mayataro811:20170214131006j:image

 

ケータイを充電しつつのんびりだらだらしてたら15時になってしまった。明日までにプコンにつかないといけないのだが、あと180kmあまりある。ヒッチを試みたが、途中でめんどくさくなって、えーい!いってしまえー!という気分になった。そこからなぜか火が点いたように漕ぎ出し、20km先のフニンという町でビールを買ってからさらに20km北の川で野宿。

110km走ったあとに、川と夕日を見ながら飲むビールは最高だった。おそらく南米ラスト野宿。

 

I have to be in Pucon tomorrow, which is 180km from here. I first thought to hitch a ride, but I kind of made up my mind to do it by myself. I grabbed a beer in Junin and carried on another 20km. A beautiful site by the river. This is my last wild camp in South America, and I enjoyed my treat after riding 110k.

f:id:mayataro811:20170214125830j:imagef:id:mayataro811:20170214125839j:image

明日は140km走らないといけない。

途中で峠も国境越えもあるし、気合い入れていく!

 

I have to do 140k tomorrow. I also have a hill and border crossing!!

 

 

2/6 Mon
気合いを入れて5:30に目覚ましをセットしたのに、起きたら7:30で、慌てて飛び起きて8時過ぎに出発。はじめの35kmはゆるやかなのぼりで、ラニン山がきれいに見えてとても気持ちが良い。どことなく富士山に似ている。標高も3747mだし。

 

I set my alarm at 5:30, but I realized it was 7:30.

The first 35k was a gentle slope with a great view of Volcano Lanin.

f:id:mayataro811:20170214130205j:imagef:id:mayataro811:20170214130223j:image

この調子なら昼には国境に着くかな〜、と思っていたが甘かった。国立公園に入った瞬間からとてつもない悪路。時折降りて押さないと進まないぐらい砂が深い。

 

I was going in a nice pace, so I thought I could make it to the border by noon, but that didn't happen. After entering the National park, the pavement finished and came up a awful sandy road. The sand was sometimes so deep that I couldn't ride.

f:id:mayataro811:20170214203625j:image

結局1時過ぎにアルゼンチン側の国境に着いた。出国手前のお店でこの辺りの先住民族であるマプチェ族のピアスを買った。厄除けらしいのだが、常に磨いてピカピカにしておかないと効果がないらしい。わたしに不向きの代物である。

 

チリ側の出国までさらに時間がかかり、結局14:30になってしまった。プコンまであと80km。まだ半分も来ていない。夕暮れまでに間に合うかしら。

 

I arrived to the Argentinean immigration at 1pm. And it was 2:30pm when I finished all the border crossing events. 80k left to Pucon. I hope I can make it before it gets dark.

 f:id:mayataro811:20170214203547j:image

しかしここからはほぼ下り坂。もったいないぐらい急な下りであっという間に40km進んだ。

 

It was a steep downhill and it didn't take long to do 40k.

f:id:mayataro811:20170214203523j:image

f:id:mayataro811:20170214130952j:image

 

クラレウエのカフェでタルトとイチゴジュース。この村にはマプチェ族の文化が色濃く残っていて、アートと食の市場というとても心惹かれる催しが開かれていたようだが、残念ながら時間がないのでパス。

 

I went into a cafe in Curarrehue. This village has a lot of Mapuche influence, and I wish I had more time to see it.

f:id:mayataro811:20170214130816j:image

 

その後もおいしそうなものの誘惑に駆られ、130km地点のプコンの町に着いたのは20時前。そこから先の道が分からず、WiFiを求めて辿り着いたレストランで、思わずビールとパステルデチョクロという料理を頼んでしまい、気付けばみるみるうちに暗くなっていく。

 

It was before 8pm when I arrived to Pucon. I didn't know the way from here, so I was looking for a wifi, and I ended up ordering a beer and pastel de Choclo, which wasn't a really good idea. It was starting to get dark...

f:id:mayataro811:20170214203833j:image

f:id:mayataro811:20170214203734j:image

 

案内のメールに「ダートを上がって」とあったので、なんとなく嫌な予感はしていたのだけど、ラスト2kmのダートは本当にキツかった。押してもずり下がるほど急な道で、登山靴に履き替えて自転車を持ち上げながらやっとこさ進む。滝のように汗を流しながら、目的地に着いた頃には真っ暗だったけど、月明かりに照らされたビジャリカ火山が美しかった。

 

The last few km was so hard. I couldn't even stand straight with my heavy bike, and I had to change to my trekking boots or otherwise I kept in slipping down the steep gravel road. It was already dark, I could barely see anything, I was sweating like crazy, but the Volcano Villarica was beautiful lighted by the moon.

 f:id:mayataro811:20170214203714j:image

南米ラスト走行は137km。

今まで120km以上走ったことないし、途中で峠も国境もあるから正直無理かな〜ヒッチしようかな〜と思ったが、「いやいや、最後ぐらい限界突破しないと!」と覚悟を決めてからはただひたすらペダルを回した。ダートや深砂が出てくると宝石の道やアウストラル街道の過酷な道を思い出した。あれに比べればなんてことはない。今までの経験が背中を押ししてくれた。

 

I ended up doing 137k today. I've never biked so much, and I thought it might be impossible, so I'm proud of myself. It was my last ride in South America. Every time i had a bad road, it reminded me of the lagunas route, but nothing is bad as that. All those experiences encouraged myself.

 

半年に及んだ南米編もこれにてひとまず完結。

明日から3日間ナチュラルビルディングの建築のお手伝いをして、サンティアゴまでバスで向かい、来週はいよいよキューバへ!

 

So it is the end of my 6months in South America. I'm going to help with some natural building for few days, get a bus to Santiago, and fly to Cuba next week!!

 

※2/14 現在キューバに向かっています。キューバはネット環境が悪いのでなかなかブログ更新できないかもしれませんが、わたしは今日も元気に生きてます!!

 

I hear Cuba doesn't have good internet, so I might not be able to update for a while, but I'm doing perfectly great!!

 

Day 260 CIDEP permaculture center

旅 travel 自転車 bicycle パーマカルチャー Permaculture 5. Argentina

2/1 Wed
起きたら8時前。どうやら三代目テントは陽が差し込まないので寝坊するようだ。
朝ごはんがおすすめだよ、とオーナーに言われたのにオーナーは最後まで寝ていてなぜか他の宿泊客が朝食の準備をしてくれた。フルーツが足りないからと買い出しにまで行ってくれた。オーナーは朝ごはん美味しかったでしょ?とドヤ顔で聞いてきた。あんた寝てたやん、と思ったけどたしかによかったのでゆるす。

 

"We have good breakfast"
That's what the owner said, but the owner woke up at last and the other guests some why prepared the breakfast.

 

カナダ人のHeikoと話しているうちにここから10kmあまり北にあるヒッピーコミュニティに行くことになった。わたしも北に向かうのでちょうどいい。彼は自転車を持っていないので街でレンタルしてから向かう。案の定途中からダートになった。

 

I was talking with one of the guests, Heiko and decided to go to a hippy village which is 10km north of El Bolson. He rented a bike in the town and we headed out. It became ripio again.


Heikoの情報によると、どうやら近くにパーマカルチャーセンターもあるらしく、せっかくなので訪ねることにした。10kmぐらい進んだところで場所を尋ねるとあと2kmほど先にあるという。やっと看板を見つけたが、道を外れてからも2kmぐらい歩いた。

 

According to Heiko, there is also a permaculture center around here. We found the sign and walked down the path.

 

f:id:mayataro811:20170213105745j:image

Heikoは植物に詳しくて、歩きながらこれが食べられるとかこれは何に効くとか教えてくれた。そういう人にとても憧れるのだが、記憶力の悪いわたしは何も覚えていない。実に残念な脳みそである。

 

Heiko knows a lot about edible plants and herbs. I really want to learn more about those stuff, but it's such a pity that I have a very bad memory.

 

 

敷地に入るとたくさんのナチュラルビルディングがあって早速テンションが上がる。
メインっぽい建物でオラ!と声をかけると、中から人が出てきてわざわざ案内してくれた。(ちなみにあとから気付いたのだが、実はここ、わたしがボランティアをしようと思って連絡を取っていたところだった。)

 

There were many natural buildings. We approached to the main house and said "Hola" and a guy came out and he was so kind to show us around. I realized afterwards that this was one of the places I was thinking to volunteer.

 

f:id:mayataro811:20170213105844j:imagef:id:mayataro811:20170213105910j:image

f:id:mayataro811:20170213121626j:imagef:id:mayataro811:20170213121636j:image

彼の名はニコラス。仲間とともにここを運営している。夏の間はいつもボランティアやコースの受講生で溢れているらしいが、この日はちょうどコースが終わったばかりのようで彼以外の人は見当たらなかった。

 

His name is Nicholas. He is running this center with his friends. During summer, there are lots of volunteers, but there was no one else because it had just finished the week before.

 


ソーラークッカーで豆を煮ているところ。晴れていると1時間ほどで煮えるらしい。触ってみると火傷するほど熱かった。

Cooking beans in a solar cooker. It will be ready in a hour.

 

f:id:mayataro811:20170213105938j:image

チャリダー必見自転車洗濯機。これは是非とも欲しい。

I want this washing machine!! 

f:id:mayataro811:20170213110021j:image

たくさんのナチュラルビルディングの建物は、ストローベイル、スリップストロー、コブ、プラスチックゴミ利用などひとつひとつ違う技法を試したり、粘土と砂の比率、ナチュラルペインティングの種類を変えたり、と常に実験しながら最善の方法を模索しているという。

 Each natural buildings used a different method such as straw bale, strip straw, cob, and reuse of plastic garbage. They keep on experimenting by changing the ratio of sand and clay to make bricks, or using different kinds of natural painting to see which is the best way.

f:id:mayataro811:20170213110049j:imagef:id:mayataro811:20170213110108j:imagef:id:mayataro811:20170213110135j:image

 

 f:id:mayataro811:20170213110554j:image

f:id:mayataro811:20170213110215j:imagef:id:mayataro811:20170213110224j:imagef:id:mayataro811:20170213110235j:image

 

「今まで試した中で何が一番よかったか?」と聞くと、向きによって違うという。日当たりの良い北側はコブ+ボトルウォール(ただしガラスを入れすぎると冷えやすいので少なめに)、逆に南側はストローベイルで断熱し、窓をつけないことによって熱が逃げるのを防ぐそうだ。ひとつの建物の中でも臨機応変にいろんな技法を用いるというのは考えてみれば当たり前のことなのかもしれないが、わたしには目から鱗だった。
ボランティアが作ったというステンドグラスや丸太を埋め込んだデザインも素敵。ひとりひとり違う特技を持っているからこその多様なデザインだそう。

テクニックや理論もさることながら、素敵だなあ、マネしたいなあ、と思わせる見た目の美しさというのはとても大事だと再認識。

 

"What is the best method among all?" I asked, and he said it depends on the side. The north side, which has alot of sunlight, is better for cob and bottles (but not too many bottles because they don't obtain the heat), while the south side is  better to have a thick insulation like straw bale, and no windows. It was interesting because I've never thought about changing methods in the same building.

The stained glass and all the designs were done by the volunteers. Each person has a different skill, which makes all the diverse designs. 

f:id:mayataro811:20170213110357j:imagef:id:mayataro811:20170213110416j:image

この時期はベリーやプラムが溢れていて食べ放題。ここは楽園かと思いましたよ。こんなでっかいブラックベリーはじめてみた。しかもおいしい。

 

It was fruits paradise!! So many plums and berries. I've never seen a blackberry this big!!

 

f:id:mayataro811:20170213110445j:imagef:id:mayataro811:20170213110457j:image

 

最後に水を引いているという沢を案内してもらったのだけど、底まで見えるほど水が澄んでいて、思わずうっとりするほど美しかった。

 

We went  to the stream which is their water source, and it was amazingly beautiful. The water was so clear that you can see the bottom.

 

f:id:mayataro811:20170213110635j:imagef:id:mayataro811:20170213110647j:image

突然押しかけたのに丁寧に案内してくれて本当に感謝です。ここに住みたいと思いました。

 

Thank you so much for showing us around, Nicholas!! I would love to live here.

 

CIDEP - Centro de Investigación, Desarrollo y Enseñanza de Permacultura

 

そこからまたダートを15kmぐらい走ったのだが、登りが多くてつかれた。そして案の定パンクした。以前教えてもらった、タイヤとチューブの間に使わなくなったチューブを挟む、という裏ワザを試してみた。これで耐パンク性能が上がるといいのだけど。

 

After that, I had another 15 km dirt road, and a flat tire again. I tried the tip that other cyclists told me-- to put an old tube between the inner tube and the tire. I hope it has more resistance to puncture.

f:id:mayataro811:20170213110741j:image

そんなわけで今日はあまり進まず、40km地点でキャンプ。川が近くでなかなかいいかんじのスポットである。野良犬が2匹やってきてわたしのそばで寝てる。

 

So I ended up doing only 40 km today. It's a nice spot beside the river. Two dogs came to sleep close to me.

 

明日はなんとしてもバリローチェまで行ってビールを飲む!

 

I'm defenitely going to Bariloche to have a beer tomorrow!!

Day 257-259 Rio Gallegos to El Bolson

旅 travel 自転車 bicycle 5. Argentina 料理 Cooking

1/29 Sun

バスターミナルへ行き、バリローチェまでの値段を聞くと、自転車込みで2500ペソ(18000円)もすると聞いて空いた口がふさがらなかった。飛行機より高いですやん。。とりあえず落ち着こうと思ってとなりのスーパーで買い出しをしているうちに、もったいないお化けが出てきて、やっぱり走ろう!(ヒッチバイク的な意味で)という気になった。

しかし走り出したら向かい風がすごくて、開始5秒でやっぱりやめようかしらと思った意思の弱いわたくしです。

それでもとりあえず行けるところまで行こうとしばらく走っていると、サイクリスト集団と遭遇。毎週日曜日に一緒に走っているらしく、わたしも途中まで一緒に走ることになった。

f:id:mayataro811:20170208063304j:image

20kmほど走ったところに警察のチェックポイントがあり、すべての車はここで停まるのでヒッチするならここがいいよと教えてもらった。だが、結局2時間粘っても捕まらず、諦めて街まで引き返すことになった。これから何日もこれを繰り返すぐらいならあのバスは安いのかもしれないとすら思いはじめた。お金というのは手間と時間を省くために存在しているのか。

 

トボトボと走っていると後ろからサイクリストが。先ほどのサイクリストたちのお友達らしく、街まで一緒に走った。そして街に着くと、何か困ってることはないか?泊まるところはあるのか?自転車の調子はどうだ?とやたらと気にかけてくれる。なんだかそのまま別れるの偲びなく、おうちにお邪魔させてもらうことになった。

 

エンドリケは料理が好きらしく、野菜たっぷりのおいしいお昼を振舞ってくれた。彼は自分でハーブを育てたり、パンを焼いたりしていて、育てたハーブで作ったハーブティーもとてもおいしかった。

f:id:mayataro811:20170208063720j:imagef:id:mayataro811:20170208063828j:imagef:id:mayataro811:20170208063841j:image

 

 

本当は今日のバスで移動するつもりだったが、何かお礼がしたくてもう1日いさせてもらうことにした。逆に迷惑な気もしないでもないけど。

 

そんなわけでスーパーへ行ってエンパナーダ作りをお手伝い。エンパナーダはずっと習いたいと思っていたのでとても嬉しい。具は3種類。

・Carne(牛肉、玉ねぎ、オリーブ、ゆで卵、塩、パプリカ粉、オレガノ、トウガラシ)

・Choclo(コーン、玉ねぎ、チーズ、塩、オレガノローズマリー

・Verdula(サラダ、ゆで卵)

エンパナーダは南米版ギョーザといったところで、皮はどこのスーパーでも売っている。中身がわかるように具ごとに包み方を変える。

f:id:mayataro811:20170208065054j:imagef:id:mayataro811:20170208065104j:image

 

ちなみにエンパナーダはHorno(オーブン焼)とFrito(揚げ)があり、具もアルゼンチンでは肉が主流だが、チリには魚介類のエンパナーダもある。

今まで食べたエンパナーダベスト3は、ビーニャの魚市場、エルチャルテンのChe empanadas(具が20種類ぐらいある)、そしてトルヒンの神パン屋La Union、ですかね。思い出すだけでヨダレが。。

 

エンドリケはエンパナーダを持って娘さんたちのおうちに行ったのでわたしはお留守番。明日はフランス人チャリダーたちと再会する予定。

 

1/30 Mon

朝からごはんを作る。エンドリケが仕事に行くというので一緒にセントロへ向かいがてら街を案内してもらった。

3号線(ブエノスアイレスにつながる国道)は1980年代頃まで未舗装だったため、全ての物資はブエノスからここリオガジェゴスまで船で運ばれ、各地へと輸送されていたそう。石炭工場もここにあったんだとか。

f:id:mayataro811:20170208094611j:image

f:id:mayataro811:20170208100705j:image

先住民と開拓民の壁画。f:id:mayataro811:20170208074259j:image

 

 彼の職場である博物館のようなところに着くと、同僚の女性たちからの質問攻めにあった。どうしてこの旅をしようと思ったの?なんでひとりなの?怖くないの?どこが一番よかった?など、どれもよく聞かれる質問だが未だに答えを見つけられない自分がいる。

 f:id:mayataro811:20170208100730j:image

お昼にフランス人チャリダーたちと合流。クリスチャンとパトリシアは今まで出会ったチャリダーの中でもかなりぶっ飛んでいると思う。わたしの親に近い年代ですでに3年世界中を走っているだけで十分すごいのだが、ウシュアイアで旅を終えてフランスに帰ると言っていたのに、よくよく聞いてみると「アフリカ経由で」帰るという。それも1カ国ではなく「南アフリカからフランスまでアフリカ大陸を走って帰るから、あと1年ぐらいかな〜」だと。こんな自由な大人になりたい。

これまで何度も会ってきた彼らとも、いよいよここでお別れ。クリスチャンとパトリシアはアフリカへ。ナンスとアリックスとは同じバスに乗るが、彼らはこれからアウストラル街道の北を走るらしい。

 

家に戻ってごはんの支度をして、バスターミナルへ。エンドリケが送ってくれた。これから20時間のバス旅がはじまる。

 f:id:mayataro811:20170208101848j:image

 

1/31 Tue

f:id:mayataro811:20170208101832j:image

バスは高級なだけあってファーストクラスばりの160度リクライニングのシート。

f:id:mayataro811:20170208100918j:image

ピザパン、パスタ、パン、というどれが主食かわからない炭水化物だらけのごはんも出た。

f:id:mayataro811:20170208100932j:image

 

出発直前に適当にダウンロードした本が思いの外面白かった。もうすぐキューバに行くのでヘミングウェイなんぞ読んでしまったり。

 

エルボルソンに17時に着くはずが結局20時過ぎになったが、ここはアルゼンチンなので仕方ない。24時間におよぶ史上最長のバス旅は思ったほどキツくはなかった。寝ているだけで目的地に着くってすばらしいですよね!

 

後輪を着けようとしたらチェーンがわけわからんことになっていて手間取っているうちに暗くなってきて、慌ててキャンプ場を探す。目星をつけていたところは混んでいて落ち着かなさそうなので、近くにあったこじんまりとしたところにしたが、これがとても良かった。

オーナーがフレンドリーで、彼自身も世界中をさまざまな手段(チャリ、バイク、徒歩、ヒッチ、馬)で旅してきたという。シェフでもある彼の作ってくれたステーキとソパパラグアイ?とかいう北アルゼンチンのネイティヴの人たちの料理(コーンミール、炒め玉ねぎ、卵、牛乳、チーズを混ぜてオーブンで焼く)がとても美味しかった。

f:id:mayataro811:20170208101812j:image

他の宿泊客たちも面白く、深夜まで話しこんだ。

ROSADITA Hostel & camping オススメの宿でございます。(写真は翌朝です)

f:id:mayataro811:20170208102051j:imagef:id:mayataro811:20170208102104j:image

明日からまた走りますぞー

 

 

Day 254-256 Ushuaia to Rio Grande

旅 travel 自転車 bicycle 5. Argentina

世界の果てまで来てしまったわたしだが、2/14にチリ・サンティアゴキューバ行きの便に乗るためにサンティアゴまでワープせねばならぬ。そしてせっかくなので行きそびれたバリローチェはじめ湖水地方を走りたいと思う。そんなわけでウシュアイアから1600km北のエルボルソンまでヒッチバイクを試みる。

 

I came to the end of the world, but I have to head to Santiago to catch my flight to Cuba on 14th of February. And I want to bike through the Siete Lagos, near Bariloche. So I will try to hitchbike 1600km north to El Bolson.

 

f:id:mayataro811:20170206024159j:image

グッバイウシュアイア

goodbye Ushuaia 

1/26 thu
いつものようにダラダラしていたらウシュアイアを出るのが昼過ぎになってしまった。でもいいのです。今日は10km先の野宿ポイントでのんびり釣りでもしようかと思っているので。しかもパタゴニアの風は大概西から吹くから向かい風だし楽勝だぜ☆

 

I was lazy as usual, so I ended up leaving at 2pm. But it's ok. I'm just going 10km out of town where is a nice camp spot in front of the river, where I

can fish. And it's suppose to be easy with a nice tailwind.

 

とか思ってたらとてつもない向かい風と雨。今日に限って東から吹いてきましたよ。まったくあまのじゃくですね。

 

It supposed to be, but it was actually a headwind with rain. Patagonian weather is unpredictable.

そんなこんなで苦戦しながらもどうにか目的地へ。でも雨だし寒いしどうしようかな。このまま引き返すかな。とか考えていたら一台の車を発見。しかも荷台がある。
こ、これはもしやヒッチバイクチャンス!?
チラチラと熱い視線を送っていたら、なんとアサド(バーベキュー)に誘っていただきました。
「ふたりじゃ食べきれないから好きなだけ食べて」
ヒャッホーイ!!いただきまーす!

 

I struggle to the camp spot, where I found a pickup truck. Maybe a chance for my hitchbike! I approached them, and they invited me to have Asado together.

 

 

f:id:mayataro811:20170206020917j:image

セサールとマリアはウシュアイアから来たとのことでヒッチバイクチャンスはあえなく終了したが、日本語に興味があるようだったのでふたりの名前を書いてあげたところ、甚くお気に召したようで、なんとタトゥーにするとかなんとか言ってた。息子さんが彫り師らしく、このまま模様にするから何個か書いてくれ、と言われて責任感に震えながら書いた。
ちなみに日本人の感覚では考えられないが、アメリカでも南米でも、若者はほとんどみんなタトゥーをしている。そしてどうやらタトゥーブームは若者だけのものではないようだ。

 

Cesar and Maria were from Ushuaia, so I wasn't able to get a ride, but they seemed to be interested in Japanese so I wrote their name in Japanese. They liked it so much that they said they are going to have a tattoo of it. Everyone has a tattoo here.

さて、雨も上がったので釣りをすることにした。浅い川だが、よく見ると小さなトゥルチャがいる。セサールにやり方を教えてもらってから、挑戦。何度か魚が跳ねるのが見えた。そしてほどなくしてゲット!!

 

The rain stopped, so I started fishing. Cesar taught me how to fish, and I caught it!!

 

https://www.instagram.com/p/BPxRIPKAFZa/

また釣れた!trout!!



デシルト湖で釣ったものよりはだいぶ小ぶりだが、ひとりで食べるにはちょうどいいサイズ。そんなわけで塩焼きにして食べた。うまい!

 

It it was smaller than the one I caught in Lago Desierto, but a nice size for one person. Yummm!!!

 


ふたりを見送ってからテントを張って寝た。星がきれいだ。

 

After I saw them off, I put up my tent and  slept. Beautiful stars...

1/27 Fri
ウシュアイアからサンセバスチャンまでの道は既に走ったので、できるだけ飛ばす作戦。10kmほど走ったところで工事現場のトラックに拾ってもらい、トルヒンまで運んでもらった。

 

I've already biked this road, so I want to skip it as much as possible. After few km, a truck driver gave me a ride to Torhuin.


トルヒンで例のパン屋さんでエンパナーダやチュロスをば。夜の分まで買ったはずなのに気づいたらすべてなくなっていた。チャリだろうがヒッチバイクだろうが胃袋は変わらない。

 

I went to the bakery again and got some empanadas and churros. Half was supposed to be for my dinner, but it was gone when I realized.

 

トルヒンを出ると犬が2匹ついて来た。すぐいなくなるかと思ったが、わたしの横をずっと走っている。わたしが止まると止まる。なんだかとってもかわいい。ペルーで犬嫌いになったわたしだが、ここパタゴニアの犬は人懐こくてかわいいやつが多い。たまにペルーの血が入っていると思われるのもいるが。

 

Two dogs followed me from Torhuin. I thought they would go away, but they ran besides me. When I stopped, they stopped. So cute. I started hating dogs since Peru, but the dogs in Patagonia seems much more nice.

f:id:mayataro811:20170206021953j:image

 f:id:mayataro811:20170206021544j:image

 

ここから西に向かうのでまた向かい風に。えんやこら漕いでいたら、オフロードバイクを積んだピックアップトラックのお兄さんに話しかけられる。どうやらリオグランデに家があるから泊まっていいよとのこと。もう少し先まで行こうかと思っていたが、ありがたくお言葉に甘えることにした。そして甘えついでに自転車とわたしも運んでもらうことにした。犬たちが傍でずっと待っていて、え、置いてくの?みたいな顔をされてなんだか罪悪感を感じつつ。ごめんよワンコ。。

 

The road heads west, which means headwind again. I was fighting towards the wind when a guy on a pickup truck with a motorbike talked to me. He said he has a house at Rio Grande and I can stay there. I thanked him and asked him if he could take my bike and me too. I felt a bit guilty because the dogs were looking at me like, "are you going to leave us?" But I left anyway... Sorry doggies...

 

彼の名はフランコ。3月にフエゴ島で開かれるレースのために走り込んでいるらしい。高速の横にオフロードのコースがあり、フランコが走るのを見ながら彼の友人とトラックで並走する。今ならオフロードバイクの楽しさがわかる気がする。わたしどんくさいからケガするだろうけど。

 

His name is Franco, and he is training for the race in March. There is a off-road trail along the highway, so we watched him as we drove along.

 

そして着いてびっくり。なんと家をまるまる貸してくれた。シャワーやキッチンまである。なんともありがたい。。

 

And what a surprise, he let me use a whole house with a shower and kitchen...

 

 明日はリオガジェゴスまで行けるといいなあ。。

 

I hope I get to Rio Gallegos tomorrow.

 

1/28 Sat

どこでヒッチするか迷いつつ、あんまり街に近いのもなあ、とか思っているうちに10km走っていた。一度ヒッチを試みるもなかなかつかまらないので、また少し走ってヒッチ…というのを繰り返しているうちにどんどん風も強くなってきてしまった。

 

これはもう諦めてサンセバスチャンまで走るのか…と思っていたけれど、向かい風がすごくて何度も吹っ飛ばされて危険なのでもう一度ヒッチ開始。今日はぜんぜん車が止まってくれない。

諦めかけていたところ、一台の車が止まってくれた。しかし普通の乗用車、ダメ元で聞いたら、わざわざ荷物を移動してスペースを作って乗せてくれた。本当にありがたい。おまけにサンドイッチやらマテまでふるまってもらった上に、なんとも運の良いことにリオガジェゴスまで連れて行ってもらうことになった。

 

I had a hard time getting a ride today. I almost gave up, but the wind kept on knocking me down, when a car finally stopped by. It was a normal car, but they were so nice that they made space for me and my bike. They even gave me a sandwich and mate!! And furthermore, they were heading to Rio Gallegos!!

 

アルゼンチン→チリ→アルゼンチンという面倒な国境越え。パスポートには無駄にアルゼンチンとチリのハンコが増えていく。そしてフェリーに乗らないといけないのでとても時間がかかる道のりだったが、おかげさまで21時前にリオガジェゴスに到着。

 

It took time because you have to cross the border three times, and also take a ferry. But thankfully, we arrived at 9pm.

 

f:id:mayataro811:20170206024447j:image

 

今夜はガソリンスタンドの駐車場でキャンプです。夕飯までごちそうになり、もう感無量でございます。

 

本当にありがとうございます神様仏様ゴメス様。。

 

We camped at the parking lot of a gas station. They even cooked me some dinner.

Thanks god and the Gomez family...

 

f:id:mayataro811:20170208120911j:image

 

Day 252-254 Ushuaia

旅 travel 5. Argentina

ウシュアイアではアニータにお世話になった。フランス人カップルのアリックスとナンスが紹介してくれた。

Alix and Nans introduced me Anita, who lives in Ushuaia.
 
彼女は昼から夜まで働いており、残念ながらあまりゆっくり話すことはできなかったが、とてもやさしくて気さくな女性で、初対面の我々にカギを預けて家を自由に使わせてくれた。本当にありがたい。お礼にまたごはんを作った。

She was working from noon to night, and we couldn't talk much, but she was sweet and made us feel comfortable. I made some Japanese dishes again.

f:id:mayataro811:20170203045844j:imagef:id:mayataro811:20170203045851j:image
 

ウシュアイアは何もかも高いので基本的にひきこもっていたが、マウドを誘ってフラグツリーを見に行った。フラグツリーというのはよく写真で見る、常に強風にさらされているために傾いて成長した木のことで、街の中心から海沿いに6kmほど東に走ったところにある。この日はほぼ無風だったがこんなかんじで、この辺りの風がいかにすさまじいかがお分かり頂けるだろう。

I went to see the flag tree. It is a tree which grew sideways because of the crazy wind which is constantly blowing from the west. There was almost no wind this day, but the trees look like this.

f:id:mayataro811:20170203045914j:imagef:id:mayataro811:20170203045930j:image

世界最南端のスタンプも押してもらった。観光案内所や郵便局でもらえる。全部で10種類以上あるとかないとか。

Stamp of the southernmost city on the world. You can have them at tourist information and post offices. There are more than 10kinds.

 

https://www.instagram.com/p/BPr4TwWg5xS/

The southernmost city in the world



さて、これからどうしたものか。どうにかして2月中旬までにサンティアゴにたどり着きたいのだけれど。

 

I'm wondering what to do now. I need to get to Santiago in mid February, but I don't know how. See what happens...

Day 247-251 Río Grande to Ushuaia

旅 travel 自転車 bicycle 5. Argentina

1/19 Thu

今日はリオグランデで休息しつつ、チャリンコを直す日です。同じ宿に泊まっていたイタリア人チャリダーのマルコに案内してもらって自転車屋さんを何軒か周ってボトルとチューブをゲット。彼の頭の中にはコンパスが入ってるようで、一度地図を見せただけでスイスイと目的地にたどり着いてしまう。すごい能力だ。グーグルマップに振り回されてグールグルしている誰かさんとは大違い。

 

Marco, a Italian cyclist who stayed at the same hostel showed me around the bike shops in the town. He has a compass in

his head, and he can easily go to the destination if I showed the map once. I wish I had that ability.

 

後輪が歪んでるので振れ取り(スポークのネジの締め具合を調整してホイールを正す)しないと…と思ったらなんとスポークが折れていた。いつのまに…

 

My rear wheel seemed to be wobbling, so I thought I have to true my wheel, but found out that one of the spokes were broken again...

https://www.instagram.com/p/BPdToN4AZPM/

broken spoke again...

 

ちなみにアメリカにいる時に2度スポークが折れた。1度目はたまたまたどり着いたキャンプ場にいたチャリダーがホイールビルダー(つまりはプロ)で、予備のスポークも工具も全て持っていて、ササっと換えてくれた。神だった。2度目もたまたまたどり着いた町に「バイクキッチン」という自転車の整備方法を手取り足取り教えてくれる親切な場所があって、そこでスポーク交換と振れ取りの方法を教えてもらった。

しかし、以前クスコにいる時に「ちょっと歪んでるかもなあ〜」と思って振れ取りをしてみたら、タイヤが回らないほどとんでもないことになったので、それから手をつけないことにしていたのだが、ここらの自転車やさんはどこも高いし時間もあるので自分でやってみることにした。結局スポーク交換に3時間ぐらいかかったが、おかげで振れ取りもだいぶ上達した。コツはちょっとずつ回すことですね。前回は調子に乗ってグリングリン回してましたからね。そりゃ歪みますわね。

 

I broke my spoke twice in the US. The first time, I met a wheelbuilder at the same campsite, and he had all the tools and an extra spoke. How lucky am I!! The second time, I arrived to a town which had a "bike kitchen", where you can learn how to tune and fix your bike. I learned how to replace the spoke and true the wheel.

But when I was in Cusco, I tried to true my tire and it got so bad that the wheel wouldn't spin anymore. That's why I was afraid of doing it again, but I thought it was time to learn because everything is so expensive here. It took me three hours but now I'm better at trueing the wheel.

 

夕飯に作ったなす味噌が自画自賛するうまさでした。

 

The stir fry I made was excellent. Missing Asian food...

https://www.instagram.com/p/BPd-K9CAzpc/

なす味噌作った。あじあのあじが恋しいぜー

 

1/20 Fri

アンドレアとスティーブと合流して出発。北上するマルコとはここでお別れ。

 

I met Andrea and Steve at the hostel and started with them again. Marco is heading north.

f:id:mayataro811:20170126051655j:image

はじめの10kmほどは向かい風。タンデムチャリダーにはじめて出会う。

 

The first 10km was headwind. I met a tandem cyclist for the first time.

f:id:mayataro811:20170126051733j:image

カーブを曲がると一気に追い風。気持ちいいー。

 

After a curve, it turned into a nice tailwind.

f:id:mayataro811:20170126074749j:image

グアナコたくさん

 

Many Guanacos

f:id:mayataro811:20170126051952j:image

たそがれグアナコ

f:id:mayataro811:20170126051958j:image

お昼を食べていたら、北上する3人組と出会う。彼らはアメリカからウシュアイアに飛び、家へと向かう行程で、mundo pequeño 小さな世界という企画をやっている。「小さな世界」と聞いて思い浮かべるものは?と問われ、その時はうまくまとまらなかったのだけど、走りながら考えた。

 

When we were eating lunch, we met three cyclists from the US. They were heading back to their hometown from Ushuaia, and had a proyecto calles mundo pequeño, a small world. They were asking,"what Is your idea about the small world". I couldn't come up to a nice answer right away, but I was thinking about it all the time.

 

自転車で走っていると地球は広いなあと思う。これまで8000km弱走って走ってきたわけだけど、地球は一周40000kmあるわけだし、わたしが見てきたものなんてほんの一部でしかない。でもこの旅で世界中の人たちと出会い、友達になったことで世界の見え方が変わった。今まで教科書やニュースでしか見聞きしたことのない国に、具体的な友人の顔が浮かぶ。それだけで世界はぐっと身近になる。国だとか世界だとか言ったって、結局は個々人の集まりなわけで、ある人との出会いによって、その国に抱いていた漠然としたイメージがガラッと変わることだってある。例えばわたしはこれまでお隣の韓国に対して、正直あまりいいイメージを持っていなかったのだけど、ヨニとティビのやさしさに触れて、そのイメージは大きく変わった。良くも悪くもみんな国を代表しているわけだからわたしも気を付けないと。話がそれてしまったが、要は世界は広いが世間は狭いということだ。きっと。

 

Biking all around, I realized that the world is so big. I have biked nearly 8000km now, but around the earth is 40000km, and I've only seen a tiny bit of it. But after meeting so many people and  making friends from all around the world, the way I see the world is a bit  different. Every time I see or hear about any countries, I think of a friend. And that makes me feel the world is so small. 

 

f:id:mayataro811:20170126052237j:image

 

そんなことを考えていたらキャリアの様子がおかしいことに気付き、見たらネジがねじ切れていた。ネジを交換してしばらく走っているとまた様子がおかしいので見ると、今度は反対側のダボ穴が取れていた。もう本当に呪われてるのではないかと思うほどトラブル続きの毎日です。

 

I realized something is wrong with my rear carrier, and I found out the screw was cut off. I changed my screw and after a while, something went wrong again, and the other side of the hole for the screw came off. Something happens everyday...

https://www.instagram.com/p/BPh6_bvg3En/

またキャリアのダボ穴が取れた。先日溶接してもらったほう(右)も溶接時に変形したのかネジが入らない。さてどうしたものか。。The hole for the screw to hold my carrier came off again. The one that I got welded the other day neither works. Wondering what to do...

 

とりあえず15kmぐらいだったのでごまかしつつ走って本日の目的地トルヒンに到着。ここにはチャリダーをタダで泊めてくれる神様のようなパン屋さんがあるのです。

 

It was only 15km to the town, so I carried on, and we arrived to Torhuin. There is a very nice bakery which let cyclists stay for free.

https://www.instagram.com/p/BPhqMmEAKuU/

チャリダーを泊めてくれるありがたいパン屋さん。ウシュアイアまであと100km!!Nice bakery that let cyclists stay. 100km to Ushuaia!!

 

部屋には過去のチャリダーたちの軌跡が。

 

Many cyclists have been here.
f:id:mayataro811:20170126052340j:imagef:id:mayataro811:20170126052353j:image

 

しかしこの部屋はいっぱいだったため、我々は地下のジムに泊まった。

 

The room was full, so we stayed at the gym in the basement.

f:id:mayataro811:20170126113429j:image

 

 

1/21 Sat

自転車を直さないといけない(という口実で)今日は休憩。

休息日でもトレーニングできるすてきな環境です。

 

I'm resting because I have to fix my bike again.

It's good that we can do workouts!

f:id:mayataro811:20170126113659j:image

 

エンパナーダうますぎて困る。ほぼ全種類制覇してしまった。

 

Empanadas were so good that I almost had all kinds.

f:id:mayataro811:20170126113858j:image

 

夕方から続々とチャリダーがやってきて、気付けば約20人。年越しを一緒にしたフランス人チャリダー達とも再会。

 

Many cyclists arrived and eventually 20. I met the French cyclists whom I spent new year together.

https://www.instagram.com/p/BPiuIkeAIIq/

Muchas ciclistas!!

 

1/22 Sun

フランス人のマウドも加わり、4人で出発。彼女はわたしが出会った数少ない女ソロチャリダーのひとりで、わたしと同じような時期に出発して、同じようなルートをたどってきた。不思議だ。

 

Maud, a girl from France, joined is. She is one of the few girl solo cyclists, and it's interesting that she started about the same time as I did, and we have biked similar routes.

 

f:id:mayataro811:20170126114611j:image

ウシュアイアまで100kmきった!

 

Less than 100km to Ushuaia!!

f:id:mayataro811:20170126114633j:image

 

午後一で峠越え。峠と聞いていたので身構えていたけどぜんぜんたいしたことなくて拍子抜けした。アンデスの高地の峠を越えてきた我々にとってこんなのは朝飯前です。この辺りから景色がガラッと変わって山や湖が見える。美しい。

 

We had a hill climb in the afternoon, but it wasn't a hill at all. After all the crazy hills and the altitude in the Andes, this is like nothing for us. Many mountains and lakes around here. Beautiful.

f:id:mayataro811:20170126115349j:image

f:id:mayataro811:20170126115404j:image

この日はウシュアイアから32km手前地点の川沿いでキャンプ。

 

We camped 32km before Ushuaia, by the river.

f:id:mayataro811:20170126114825j:image

 

最後のキャンプに乾杯!

 

Cheers for the last camping night!!

f:id:mayataro811:20170126114702j:image

 

1/23 Mon

気合を入れて出発。

30km to our destination!

f:id:mayataro811:20170126115515j:image

 

途中から激しい向かい風に煽られながらも、どうにか到着。カーブを曲がるとUSHUAIAの塔がいきなり現れて感動。

 

We had a headwind on the way, but we managed to make it. After turning the last curve, a Ushuaia sign surprisingly showed up.

f:id:mayataro811:20170126115608j:image

 

まあそこからさらに6kmぐらいあったんですけどね。

着きましたよ、Fin del Mundo、世界の果て!世界最南端の「都市」!(ちなみに世界最南端の「町」はビーグル水道を挟んだ対岸の島にあるプエルトウィリアムス。)

 

But there was still 6km to the town.

We finally arrived to the Fin Del Mundo.f:id:mayataro811:20170126115634j:image

 

チャリで来た

 f:id:mayataro811:20170128062246j:image

 

腹ペコチャリダーはカフェへ。サンドイッチの大きさに興奮。

 

Happy cyclists with a big sandwich.

f:id:mayataro811:20170126115533j:image

 

夕方はアイスクリームを食べ、

 

we had icecream too.

f:id:mayataro811:20170126120001j:image

 

ウシュアイア名物のカニが食べたくてレストランに入ったのだけど、頼んだものが460ペソ(3000円以上)もしたのにぜんぜんおいしくなくてガッカリくん。おそらく冷凍モノ。もうカニは食わん。

 

Ushuaia is famous for crab, so I ordered it but was disappointed that it wasn't good at all although it cost more than 30USD... I will never have crab again.

f:id:mayataro811:20170126120313j:image

 

食べてばかりの我々です。わたし以外の3人はここでチャリ旅を終える。わたしにとってもウシュアイアはひとつの区切りになった。

 

 

ウシュアイアに近づくにつれ、走馬灯のようにこの8ヶ月の想い出を振り返っていた。
バンクーバーに降り立った日はまだ荷物の積み方もよくわからず、何もないところで3回も転けたこと。アメリカで20年ぶりに友人やホストファミリーと再会したこと。はじめて南米についた時はデコボコ道とクレイジーな車にめちゃくちゃビビってたこと。空気の薄い標高4-5000mの峠、360度見渡す限り真っ白なウユニ塩湖、孤独で過酷な砂漠、延々と続く退屈なパンパ、暴風のアンデス越え、アウストラル街道のパンク祭り、地獄の国境越え、救急車で運ばれたクリスマスイブ。汗と涙と雨とホコリにまみれながら走った日々。
こうして並べてみるといろいろあったけど、それ以上にたくさんの人に助けられて、ここまで来ることができた。そして大切な仲間が世界中にできた。

困った時に家に泊めてくれた方、車に乗せてくれた方、ごはんを食べさせてくれた方、おこづかいをくれた方、家族のように迎え入れてくれた方、本当にありがとうございました。

そしてわたしの旅を見守ってくださるみなさま、いつも本当にありがとうございます。
毎日欠かさず陰膳をしてくれている母、誰よりも心配してくれている父や家族にもこの場を借りてありがとう。

なんだか終わりみたいになったけれど、わたしの旅はまだつづきます。2月にキューバへ、3月にアメリカへ行きます。

というわけで引き続き応援よろしくお願いしますー!

 

 

Everyone else finishes their trip here, and it has been a small goal also for me.

On the way to Ushuaia, I was thinking a lot about my past 8 months.
The first day I arrived in Vancouver,
I didn't know how to pack and I fell off my bike three times. In US, I had a great reunion with my friends and my host family for the first time in twenty years. When I first came to South America, I was freaked out with the bumpy roads and crazy drivers. After that it became even harder with the high altitude, crazy wind, bumpy gravel which made my tires flat every day, and which it made me fall down and hit my head. There were so many things going on, but I'm so thankful that every time I was in trouble, I was helped with the most kindest people... letting me stay at their house, offering me a ride, food, money, and welcoming me as a member of their family. And now, I have so many friends all over the world :)

Thank you for everyone who is following my journey!!

This is not my goal though... I'll go to Cuba next month and back to US in March.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Day 244-246 Punta Arenas to Río Grande

旅 travel 自転車 bicycle 6. Chile 5. Argentina

f:id:mayataro811:20170121101639j:image

1/15 Sun

プンタアレーナスからフエゴ島のポルベニールまでフェリーで渡る。日曜だったためかすごい人でチケットを購入するのに1時間並んだ。寝る気満々だったのだけど、フェリーに乗り込んでからも満席で座れず、ゴミ箱の横に座り込んだ。

 

I took a ferry from Punta Arenas to Porvenir. It was very crowded because it was Sunday, and it took me a hour to buy a ticket. I was expecting to sleep, but all the seats were full so I sat next to the garbage can.

 

f:id:mayataro811:20170121101700j:image

2時間後、フエゴ島に到着。かつてこの地で暮らしていた先住民、ヤーガン族(ヤマナ族)の像がお出迎え。寒くても絶対服を着ないヤーガン族の裸文化 宣教師のせいで絶滅

 

The ferry arrived to Tierra do Fuego in two hours. I was welcomed by a statue of Yamana, the native people who use to live here.

 

この日は風も穏やかで、景色は退屈だけど虹なんかも出たりして。こんな虹はじめて見た。

 

The wind was calm, and it was nice though the scenery was boring. I saw many rainbows as well.

https://www.instagram.com/p/BPTFqhFgFl7/

海の上に虹が!!Rainbow on the sea!!

 

今日はそろそろ終わりにしようかしらねえ、と思っていたところでプシューっとな。ああああ。

 

I was starting to look for a place to camp, when my rear tire bursted.

 

https://www.instagram.com/p/BPTXJV4gqxE/

最近の日課ですMy recent daily routine...

 

どうにかパンク修理をして、近くにあった民家にお願いして庭にテントを張らせてもらう。

 夕日が神秘的でした。

 

I fixed my tire, and asked to camp in the backyard of a house.

 

f:id:mayataro811:20170121101848j:image

 

1/16 Mon

深夜からものすごい風。テントが左右に揺られる。家や木に囲まれて比較的風除けがあるこの環境ですらこれなのだから、外は一体いかほどの風なのだろう。朝になっても風は収まらず、意を決して出発!

 

Crazy wind from midnight. My tent was shaking sideways. The wind didn't stop even in the morning, but I left,

 

うおーー!!すげーー!これが噂のパタゴニアの風ですか!背中を押されてペダルを漕がなくても時速30km近く出る。でもわたしのチャリンコはデコボコ道では必ずパンクするので、あまりスピードを出さないように、かつ後輪に負担をかけないように常に立ち、大きい石を避けて慎重に走っていた。

それなのに、それなのに。。

またパンクしましたよっと。

でもまあもしかしたら空気抜けただけじゃないのかなー、と都合のいい解釈をして空気を入れようとした瞬間、パキーン!とバルブの先端が折れ、プシューーーッと悲しい音がしました。

 

The wind was so strong(60km/h) that I was going 30km/h on a gravel road without pedaling!! But I got a flat again, and the valve of my spare tube broke, no more left...

 

f:id:mayataro811:20170121101903j:image

 

これでスペアのチューブはなくなり、残りライフ0となったわたし。そして最後のチューブと交換しようとカバンを開けた瞬間、ブォーーとありとあらゆるものが吹っ飛ばされていく。立っているのもしんどいほどの風。土管を見つけてその中に隠れながらチューブ交換。もうパンクしませんように、と祈りながらなんとか避難小屋に駆け込み、この日は動かまいと心に決めた。

 

I was crossing my fingers not to get anymore flats, and I crawled into a shelter, and decided not to move anymore today.

 

f:id:mayataro811:20170121101915j:image

 

夕方、アメリカ人カップルがやってきて狭くて暗い小屋の中が一気に賑やかになった。彼らはウシュアイアからスタートしたばかり。フレッシュマン!

 

A couple from US came in. Nice to have accompany. They just started from Ushuaia.

f:id:mayataro811:20170121101923j:image

 

f:id:mayataro811:20170121101934j:image

 1/17 Tue
翌日はペンギン村に忍び込んで盗撮。

Next morning, I sneaked into the Penguin colony.

f:id:mayataro811:20170122200724j:image

 


そして60kmあまりのダートを慎重に走り、国境を越えてサンセバスチャンのアルゼンチン側イミグレへ。ここではキッチン付きの待合室に泊まらせてもらえる。ありがたい。

After carefully going through the 60km gravel, I finally arrived to the border. There is a waiting room on the Argentina side. They also have a Kitchen for cooking.

f:id:mayataro811:20170121102125j:image

近くにはwifiのあるカフェもあり、そこでワインとオレンジジュース(各1L)を買って飲んでいた。誰かと分けるか、余ったら明日飲もうかなあと思ってたのに気付いたら一人で飲み干していて驚愕した。。

 

There is a cafe nearby, which has a wifi. I bought a box of wine and orange juice (1L each) and was expecting to share or save it, but I was shocked to find out I emptied all by myself.

 

1/18 Wed

おかげで翌日は二日酔い。わたしって本当にバカですよね。何もする気が起きないぐらい身体がだるいけど、いつまでもここにいるわけにもいかないので老体にムチ打って出発。

 

Thanks to the wine, I had a great hangover the next morning. I'm so stupid...

 

2時間ぐらい走ってようやくお腹が空いてきたのでラーメン食べる。

 

After 2hours I finally got hungry and cooked some ramen.

 

f:id:mayataro811:20170122093336j:image

 

雨風にさらされながらも、舗装路だったのがせめてもの救い。修行僧のごとく心を無にしてひたすらペダルを回しました。

 

It started raining but thanks that the road was paved. Spinning the pedals without thinking anything.

f:id:mayataro811:20170122085421j:image

リオグランデに到着する頃にはびしょ濡れで震えるほど寒かった。日本人サイクリストカズさんからリオグランデに住むお友達を紹介していただいたのだけど、残念ながらお留守だったのでいろんな人に勧められたHostel Argentinoに泊まりました。部屋は400ペソだけどキャンプは100ペソとこの辺りにしては比較的良心的なお値段。

 

I was soaked wet and freezing when I arrived to Rio Grande. I checked into Hostel Argentino and took a shower right away...

 

相変わらずあちこちガタが来ているので明日はチャリ屋を周ります。

 

I need to go to the bike shop tomorrow. So many issues...