まやたろの体当たりチャリンコ日記

まやたろの体当たりチャリンコ日記

東京銀座のOL→山梨で農業と狩猟をはじめる→2016北米&南米自転車縦断→2017夏全国キャラバン!

8. Mexico

Day 347-349 Cancun

4/30 Sun 11時のフェリーでコスメル島を出発。爆睡していたらいつのまにやら着いていた。 Tres Bocasというセノーテに泊まろうか一瞬迷ったのだが、通りから少し離れていて面倒そうだったのでPuerto Morleosに向かう。町に着く少し手前でロードバイクに乗っ…

Day344-346 Isla Cosmel

4/27 Thu 圧倒的な透明度を誇る、カリブ海屈指のダイビングスポット、コスメル島にやってきた。ここを目当てに世界中のダイバーたちが集うという。まあわたしダイビングできないんですけど。 プラヤ・デル・カルメンからフェリーに揺られること1時間…揺られ…

Day 341-343 Playa del Carmen

4/24 Mon 居心地のいいキャンプ場から抜け出すにはそれを上回る何かが必要だ。一昨日ビーチで出会ったクリスからメールがあり、「お母さんがごはんを作るからよかったら食べにおいで」とのお誘い。食べ物のお誘いを断るというのはわたしの辞書にはないので喜…

Day 338-340 Tulum

4/21 Fri 朝の開場とともに一番乗りでトゥルム遺跡に入る。まだ人も少なく、気温も涼しくていいかんじ。海沿いにあるこの遺跡は他とだいぶ雰囲気が違う。耳をすませば聞こえる波音。悠久の時を経た遺跡たちは朝日を浴びてより一層神々しく見えた。わたしはこ…

Day 334-335 Chitchen Itza to Coba

4/17 Mon チチェンイッツアの遺跡は大変混むと聞き、キャンプ場から2キロ先にある遺跡までチャリンコをとばして8時の開場と同時に中へ入った。さすがにまだ空いている。 中央にそびえるピラミッドは一面につき91段の階段があり、91段×4面+中央の神殿=365…

Day 332-333 Merida to Piste

4/15 Sat 7:30に出ようと思ったのに起きたら7:30だった。ラファとたかしくんに見送ってもらった。ラファにTシャツをもらった。デカイ。 今日もだらだらと漕ぐ。昼頃セノーテという天然プールがたくさんある町につき、汗を流そうとひとつめのセノーテへ入った…

Day 329-331 Campeche to Merida

4/12 Wed 3日間お世話になったRuthの家を出て、メリダへ向かう。この先はしばらく高速を進む。高速は路肩が広くて路面もきれいなので走りやすいのだが、景色は死ぬほどつまらない。しかしユカタン半島は街と街をつなぐ大きな道路は高速しかないので仕方ない…

Day 325-329 Sabancuy to Campeche

4/8 Sat 久しぶりにまともに寝られた。内陸から海へ抜けたわけだが、ここはメキシコ湾側で海はあまりきれいではない。でも風があるからなのか、海沿いだからなのか、北上したからなのかわからないけどだいぶ涼しくなった気がする。 I slept fairly well toda…

Day 322-324 Palenque to Sabancuy

4/5 Wed 昨日は暑さと蚊とアリのせいでほとんど眠れず、5時過ぎに起きて暗い中支度をして7時過ぎに出発。暑くなる前にできるだけ距離を稼ぐ作戦。110km先に町があるのでそこを目指す。自転車にまともに乗るのはキューバ以来、1ヶ月ぶり。 I couldn't sleep w…

Temazcal

「テマスカル」をご存知だろうか。真っ暗な空間の中で焼け石に水をかけ、サウナのようになった室内で心身を清める儀式。いわゆる「スウェットロッジ」の一種である。 サンクリの民芸品市場を歩いていると美しい太鼓に足が止まった。その太鼓を作っていた彼の…

Day 321 Palenque

4/4 Tue 暑い…まとわりつくようなジメジメとした空気。これがパレンケか。 ここパレンケはサンクリから100kmあまりしか離れていないのだが、あちらは高原、ここは熱帯のジャングル。これから先が思いやられる暑さ。 宿に荷物を置いて遺跡へ。人も少なく、森…

Day 313 Chamula and Zinacantan

一歩踏み込んだ途端、衝撃が走った。外観からは想像は付かなかったが、今まで見てきた教会とは何もかも違った。 薄暗い空間の中でまず目に入ってきたのはゆらゆらと揺れる無数のロウソクの灯り。天井からはいくつもの布が斜めに垂れ、両側の壁にはガラスの箱…

Day 312-321 San Cristobal de las casas

この街に一目惚れした。 I fell in love with this town. 朝、目がさめるとサンクリストバルデラスカサス(以下サンクリ)に着いていた。バスターミナルの前の屋台で売られていた、タマレス(メキシコ版ちまき?)とアロスコンレチェ(甘いミルク粥みたいな…

Day 309-311 Oaxaca

3/22 Wed8時間のバス旅を経てオアハカの街に着いた。なぜわざわざここに来たのかというとここにはおいしいものがたくさんあると聞いたから。 I came to Oaxaca because I heard there is good food here. ちなみにバスの中では今更ながらダウンロードしてお…

Day 302-308 Mexico city

一週間のアメリカ生活を終えてメキシコシティに戻ってきた。 オマールのおうちに自転車と荷物を置かせてもらっていた。オマールは仕事が忙しいのに関わらず、空港やバス停まで送迎してくれた。オマールが出張に出かけてからは、毎朝お母さんと一緒にごはんを…