にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まやたろの体当たりチャリンコ日記〜南北アメリカ自転車縦断〜

東京銀座のOL→山梨に移住し農業と狩猟をはじめる→2016年5月より北米から南米まで自転車縦断スタート!

Day 53 trip to Point Reyes

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村

7/9 Sat

Point Reyes

わたしがステイさせてもらっているAreton家はCHI(Cultural Homestay International)というホームステイの法人を運営して、わたしもそこで少しお手伝いさせてもらっている。CHIではアメリカ、日本、スロバキア、ロシア、ブラジル、中国などさまざまな国出身の人たちが働いて、刺激的である。先日も「自分の母国の郷土料理」をテーマにランチが開かれた。

The Areton family runs a Homestay business, CHI(Cultural Homestay International)and there are people working from all over the world, such as US, Japan, Slovak, Russia, Brazil, China etc. There was a theme lunch one day to bring something from your own country.

フィリピンのチキンスープ、中国のチャーハン、ロシアのピロシキ、など各国の料理が並ぶ。わたしは肉じゃがを作った。

Phillipine chicken soup, Chinese fried rice, Russian Piroshiki...I made Nikujyaga (Japanese beef stew)

前置きが長くなったが、CHIのインターンのひとり、Sylviaとサイクリングに行くことになった。彼女はポーランド出身のアクティブな女性で、いつもジムに通ったりハイキングに出かけたりしていて、体力には相当の自信があるようだった。Point Reyesまで片道25km、そこから灯台までさらに20kmあると言っても「そんなの余裕だわ!」といった具合だったのでわたしはビビっていた。しかしPoint Reyesから先はバス(最終手段)がないため、とりあえず町までいってみようということになった。

I became friends with one of the interns, Sylvia. She is an active girl from Poland, and loves playing sports. We decided to go cycling together, to Point Reyes. She wanted to go to the lighthouse, which is 45km one way, (and 20km further from the town of Point Reyes,) and said it was so problem for her, but there are no buses (backup plan) so we decided to go to the town and see what happens.

10時に家を出て、Fairfaxの町を抜けると、いきなり難所の長くて急な上り坂に差し掛かった。そして坂の途中でSylviaは早くも音をあげた。 「もう無理。わたしどちらかというとバイカーよりもハイカーなのよね。それにわたし、5マイル以上走ったことないのよ?」 50マイルなんて余裕だと言っていたのはどこの誰だ、というツッコミは置いておいて、彼女に帰りたいのかとたずねると、正直帰りたいという。いや、でもここで帰ったらきっと彼女は二度と自転車旅に興味をもつことはないだろうと思い、 「とりあえずこの坂の頂上までいってみよう。自転車押してもいいから。」と言った。彼女もしぶしぶ承諾してくれた。

We left at 10AM. On the middle of the first big hill after Fairfax, Sylvia said she couldn't do any more. "I'm a hiker than a biker, and you know, I've never biked more than 5miles!!" She wanted to go home, but I encouraged her to finish the first hill, because otherwise I thought she would never like cycling. "Walking your bike is not cheating!!"

この坂はたしかにとてもキツかった。頂上に着いたらあとは(しばらくは)下りだから、とりあえず行けるところまでいってみよう。いつでもバスで帰れるんだし。と半ば詐欺師のような理屈を並べて彼女を後押ししてみた。

The hill was actually very intense. But she made it! "Once we are at the top, it's downhill, so let's go as further as we can. And we can always take a bus back."

そして実際、道は最高だった。 ダート、緑のトンネル、茶色い原っぱ。この時期のカリフォルニアは雨が全く降らないため、山は茶色く枯れあがる。そして雨の多い冬の時期は青々と茂るそう。日本と真逆で面白い。

The bike path was perfect. Unpaved darts, tree tunnels, brown hills. The hills turn brown because California never rains during summer, and it becomes green during winter when they have much rain. It's interesting because it's the opposite of Japan.

そのあと再び上り坂に。押してのぼる。

Uphill again. We walked our bikes.

広大な丘に牛が放たれている。阿蘇山を思わせる光景。

Cows on the vast hills. It reminded me of Aso, in Japan.

坂を下ってしばらく走り、なんだかんだでPoint Reyesの町まで到着!

We went down the hills and arrived to the town of Point Reyes!!

ちょうどFarmers Marketもやっていた。

There was a Farmers Market just when we arrived.

カフェに入り、生ガキと石釜ピザを頼む。我慢できずにビールも、、

We went into a cafe, had some raw oysters and stone oven pizza. I couldn't help ordering beer...

Sylviaはもう自転車に乗りたくないということで、帰りはバスで帰ることにした。ところが、時間を過ぎてもバスが来ない。そしてわたしがトイレに行って戻ってくると、なんと目の前をバスが通り過ぎていった。 Sylviaはケータイをいじっていて気づかなかったそうだ。こっちのバスは手を振らないとバス停でも止まってくれないらしい。

慌てて追いかけたが追いつくはずもなく。次のバスまで2時間。Sylviaは覚悟を決めて自転車で帰路につき、途中でまたバスが来たら乗ろうということになった。

Sylvia said she couldn't bike anymore, so we decided to take a bus. But the bus was late, so I went to the bathroom, and when I came back, I saw the bus passing just in front of us. Sylvia didn't notice because she was looking at her phone. Here in US, you have to wave for the bus to stop, even when you're at the bus stop.

We chased the bus but in vain... 2 hours for the next bus. Sylvia decided to head back with her bike, and catch a bus when we see it next time.

帰りは行きよりも緩やかな坂。 途中でバス停を見つけ、あと数分だったので待つことに。ところがいつまで待ってもバスが来ない。再度確認すると、そのバスは一つ手前のバス停で折り返していた、、 次のバス停まで行ったがまだ一時間ほどあるので、もう一つ先のバス停までいこうということになった。 しかし次のバス停が現れることはなかった。

The way back was much more easier. We found a bus stop, so we decided to wait for the bus, but it never showed up. I checked the route map again, and found out that the bus turned back at the next bus stop... We went to the next bus stop but still had a hour, so we kept on going to the next bus stop. But we could never find the next bus stop.

気付けば二つ目の大きな坂の頂上に着いていた。あとは下るだけだ。 面白いぐらいにバスを逃し続けた結果、往復62kmを達成してしまった。

We eventually found ourselves on the top of the second big hill. It was funny that we kept on missing buses, which led us to accomplish the 62km round trip. Amazing!!

こほうびにアイス。

We treated ourselves with ice cream!!

ありがとうSylvia、楽しかったよー!

Thank you for joining me Sylvia, it was so fun!!