にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まやたろの体当たりチャリンコ日記〜南北アメリカ自転車縦断〜

東京銀座のOL→山梨に移住し農業と狩猟をはじめる→2016年5月より北米から南米まで自転車縦断スタート!

自転車旅のすすめ Why am I biking?

雑感 自転車 bicycle 旅 travel

自転車で旅をしているというと、自転車が好きなんだね、とか日本でもよく乗ってるの?と聞かれることが多いのだが、答えはnoである。わたしはとりわけ自転車で走るのが好きなわけではないし、自転車のことも正直よくわからない。

ではなぜ自転車なのか?走りながらずっと考えていた。

自転車旅を通して出会う人、景色、食べ物が好きなのだ。

When I say that I'm on my bike trip, many people say, "You must love biking! " or "Do you often bike in Japan?" But the answer is no. I actually don't really like biking, and I don't know much about bikes.

So why am I on a bike trip? I was keep on thinking about that.

I like the people, scenery, and food that I meet through my bike trip.

人 People

自転車で旅をしようなんていう人はだいたいどこか変わっている。つまり変人が多い。わたしは変人が好きだ。そんな変人とたくさん出会えるのは自転車旅の大きな魅力である。 そしてそんな変人に興味を持って話しかけてくれる人もたくさんいる。他の観光客だったり、道路工事のおじさんだったり。普通なら接点がない人と話せるのは楽しい。warmshowersを通してもたくさんの素敵な出会いを得た。

People who travel on bikes are pretty much unique people, and I like meeting them. There are also many people who talk to us when we are on bikes, such as other tourists or even the road construction workers, who would otherwise might never had a chance to talk with. I also met many awesome people on warmshowers.

景色 Scenery

車や電車なら一瞬で通り過ぎてしまう景色。歩くには遠すぎる距離と重すぎる荷物。だから自転車はちょうどいい。止まりたいときに止まれるし、行きたいところに行ける。ガソリンがなくなる心配もない。世界のスケールを肌で感じることができるし、自分の力で目的地に到達したときの達成感はとてつもなく大きい。

Cars and trains might be too fast, and it might take forever on foot, especially with heavy luggage, so the bike is perfect. You can stop whenever you like, and go wherever you want. You don't have to worry about running out of gas. You can feel how big the earth is, and you would feel so much fulfilled when you have reached your goal.

食べ物 Food

わたしにとって旅をする一番の楽しみは食べ物である。 食べ物はその土地に暮らす人たちの文化、歴史、知恵がつまっている。おいしいものに目がないわたしは新しいものがあればなんでも試したくなる。 自転車を1日漕いでいるととても疲れる。車で1時間の距離を、1日かけて走っていると、正直なんでこんな非合理なことをしているのだろうと思うことも幾度となくある。 その分1日の終わりに飲むビールは格別である。食べ物だってなんだって何倍もおいしく感じられる。そしてたくさん運動したあとだから、罪悪感も小さい。

My biggest interest in traveling is eating. Food reflects all the culture, history, and knowledge that has grown in that area. I love eating, and would always like to try something new. When I'm biking all day and could just barely move the same distance that a car could drive in a hour, I sometime feel so irritated and wonder why I'm doing it. But all the food tastes way better after a long day ride, and a bottle of beer makes you feel perfect and forget about all the hardship. And you also feel less guilty about drinking and eating after all that exercise.

人生の縮図 An epitome of life

自転車旅は人生によく似ている。長く険しい上り坂の後には爽快な下り坂が待っているし、雨の日もあれば晴れの日もある。追い風も向かい風も自分の力ではどうすることもできない。分かれ道に立ったとき、右を選ぶか左を選ぶか、(道無き道を進むのか、もしくはとどまるのか)。ひとつひとつの選択でその後の運命や出会うものが変わっていく。自転車は修行だ。でも止まない雨はないし、終わりのない坂もない。

だからペダルを漕ぎ続けよう。

A bike trip is sort of like your life. After a long steep uphill comes an exhilarating downhill, sometimes rainy and sometimes sunny. You can't do anything about the headwind nor the tailwind. When you come up to a fork, you would decide whether to go left or right (or maybe unpaved roads or to stay), and each decision leads you to a different destiny and what you meet. Biking is a training. But hills has a top and rain always stop.

So grab your bike and let's go pedaling :)