にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まやたろの体当たりチャリンコ日記〜南北アメリカ自転車縦断〜

東京銀座のOL→山梨に移住し農業と狩猟をはじめる→2016年5月より北米から南米まで自転車縦断スタート!

Day 82-84 Way to Peru. Can I fly??

8/6夜9時ロス発、スピリット航空の便で飛ぶはずだった。自転車を持ち込むことは事前に電話でもメールでも確認しており、ダンボール箱に詰めて75ドル支払えばいいとのことだった。

I was supposed to take the 9PM flight from LA, with Spirit Airlines. I called in advance to make sure they would take my bike, and they told me it would be ok if I box it and payed extra $75.

しかしチェックインしようとすると、拒否された。ロスからマイアミ経由でリマに飛ぶ予定だったのだが、どうやらマイアミからリマの機体が小さくて重量制限が厳しく、自転車は受け付けられないとのこと。そんなこと事前に言っていなかったじゃないか、どうしてもこの便に乗らないといけないんだと泣き寝入りしても無駄だった。1時間以上もめた末に全額返金してもらい、慌てて他の便を探す。

But when I tried to check in, they didn't accept my bike. I was planning to fly from LA to Miami and from Miami to Lima, but they said that the aircraft from Miami to Lima is so small that they have very strict weight regulations. They didn't say anything about that when I asked, and I argued for a hour, but in vain. I decided to get a refund and find an alternative flight.

自分ひとりだったらいっそのこと全ての予定を変更してロスから自転車でメキシコ入りというのもありだったのかもしれない。しかし今回はそうはいかない。なぜならマチュピチュに一緒に行くために友人がはるばる日本からやってきてくれるからである。

If I were alone, I might have changed my schedule to bike down to Mexico. But I need to go to Cusco, because my friend is coming to join me all the way from Japan to hike Machu Picchu.

結局1日遅れでペルーに入ることになった。そして航空券は当初の倍額。先日なくしたカメラといい、貧乏チャリダーには痛い出費である。

It turned out to arrive in Peru one day later, and also double the price as I have planned. It's pretty much for a poor bike traveler after also loosing my camera.

搭乗予定の便は7日の夜11時。しかしチェックインは5時間前、夜6時にならないとできないらしい。自転車は箱に詰めるととてつもなく重くてデカイただのお荷物となり、迂闊に移動もできない。つまりわたしはこれから20時間あまり、このお荷物とともに空港で待機をせねばならない。

My flight was leaving at 11pm on the 7th, but I couldn't check in until 6pm. Bicycles are very big and hard to carry when it's in a box, so it's hard to move. That means that I have to stay in this airport with this massive luggage for 20 more hours.

とりあえず身も心も疲れ果てたので空港の一番端のカーペットっぽいところで仮眠をとる。と言ってもうるさいし落ち着かないので寝られない。

I was so tired so I went to the end of the airport to find a carpet place to take a nap. It's so noisy and uncomfortable that I could barely sleep.

その後も空港内をうろうろしながら時間をつぶす。ひとりなので気軽にトイレすら行けない。たまたま隣に座った日本人のおばさまに事情を話したら、同情してサンドイッチをくれた。昨夜からカバンの中にあったクラッカーしか食べていなかったのでありがたい。荷物を見てくれたのでトイレに行くこともできた。

I was wondering through the airport, but it is hard to even go to the bathroom with all the luggage. A Japanese lady fortunately sat next to me, and she kindly gave me her sandwich and kept an eye on my luggage so I could go to the bathroom.

そうこうしているうちに18時になり、無事荷物を預けることができた。ありがとう、エアカナダ!!

6pm at last, and I was able to check in my luggage. Thank you Air Canada!!

24時間に及ぶ拘束ののち、ようやく外へ。シャバの空気はうまいぜ。アメリカ最後の晩餐はここで。噂に違わず大変おいしくいただきました。I'm finally free after 24 hours. My last dinner in US is this. Yummmm!!

いろんな人にオススメされたIN-N-OUTバーガーがどうしても食べたくなり、2km離れた店まで歩いて行った。冷凍された原料は使わず、全て店内で調理しているこだわりのファストフードチェーン店。期待を裏切らないお味でした。

このあとトロントで10時間、リマで6時間のトランジットを経て、クスコに着いたのは9日の朝。

I had 10 hours transit in Toronto, and 6 hours in Lima, and I finally arrived in Cusco on the morning of 9th.

自転車の箱がボロボロになっておりました。どうやったらこうなるの?

My bike box was beaten up... How could it be?

まあとりあえずわたしも自転車も無事に着いたので良しとしよう。。

Well, it's good that I arrived in one piece...