にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まやたろの体当たりチャリンコ日記〜南北アメリカ自転車縦断〜

東京銀座のOL→山梨に移住し農業と狩猟をはじめる→2016年5月より北米から南米まで自転車縦断スタート!

Day 85-87 Lares Trek

8/10-12

8月11日はやまの日でもあり、30歳という節目の日をどうしても山の上で迎えたかったわたしは、友人をむりやり誘ってマチュピチュに向けてトレッキングをした。本当はインカトレイルを行こうと思ったのだが、大変な人気なようで3ヶ月前まで予約でいっぱい。代わりに見つけたのがラレストレック。観光客と石段だらけのインカトレイルよりもむしろいいという意見も。SAM Travelという旅行会社が評判がよかったのでそこで申し込んだ。

August 11th became a holiday in Japan--"mountain day"-- from this year, so I wanted to spend my 30th birthday in the mountains. I was first thinking of doing the Inka trail, but it was so popular that it was fully booked until October, so I found an alternative trek called Lares trek. Some people said it is actually better than Inka trail because there is less tourists and stone steps. I booked SAM travel because they had a nice review.

その評判通り、3日間のトレックは最高だった。人生初の4800m越えを果たし、大迫力の氷河、緑色の湖、広大な山野に放たれたアルパカ、リャマ、羊、それを見守る牧羊犬と羊飼いの少年少女、電気もない村での暮らし、地元の少年たちとのサッカー、一ヶ月かけて一つの織物を仕上げるおばあさんなどたくさんの素晴らしい景色と文化に出会った。 心配していた高山病も、4800mのピークから下るときに調子に乗って走ったら少し頭が痛くなったけど、次の日には大丈夫だった。

The 3 day trek was amazing. I trekked over 4800m for the first time in my life. I met amazing sceneries and people on my last 3 days such as massive glaciers, beautiful green lakes, many alpacas llamas and sheep, villages without any electricity, playing football with local kids, and an old woman weaving beautiful textiles (it takes one month to finish one). I was worried about altitude sickness, but it turned out fine except I had a slight headache when I ran down after the highest peak, but I felt ok the next morning.

荷物を運んでくれる馬とカウボーイ、そしてどこのレストランよりも美味しい食事を作ってくれるシェフ付きという豪華なトレックだった。 It was a luxury trek with horses and cowboys who carries all our stuff and a chef who cooks the most amazing meals I've ever had.

誕生日の夜にはキャンプ地にも関わらずバースデーケーキまで焼いてくれて、ダンスとビールでお祝いしてもらった。

On my birthday, they even baked a cake and celebrated with a dance and beer.

3日ぶりのシャワー、3ヶ月ぶりの温泉も最高だった。

Lares hot springs were great!

わたしのわがままに付き合ってわざわざ日本から来てくれたあさちゃん、本当にありがとう。 いつも私を応援し、叱咤激励してくださるたくさんの皆様、本当にありがとうございます。 そしてこのような旅ができるような丈夫な身体に産んでくれ、心配しつつも送り出してくれた両親に心より感謝です。 ついに大台に乗ってしまいましたが、年齢を言い訳にせず、自分の行動に責任を持ち、感謝の気持ちを忘れず、これからも自分らしく生きていこうと思います。

Thank you so much Asami, for joining me all the way from Japan. Thank you everyone for always caring for me and helping me out. And thanks to my parents for raising me healthy enough to make this trip come true and sending me off even if they are so worried about me. No matter how old I get, I'll be responsible for myself, never forget to be thankful, and keep on living my own life.