にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まやたろの体当たりチャリンコ日記〜南北アメリカ自転車縦断〜

東京銀座のOL→山梨に移住し農業と狩猟をはじめる→2016年5月より北米から南米まで自転車縦断スタート!

Day 118-121 Death road and Coroico

ラパスの近くには世界一危険な道、デスロードと呼ばれる道がある。最近はラパス発のマウンテンバイクツアーなんかも組まれているようだが、自転車があれば個人でも行くことができる。ラパスのCasa de Ciclistaで知り合ったフランス人のBaptisteと一緒に行くことになった。

There is a road called Death road, near La Paz. There are some tours, but you can go by yourself if you have a bike. I went with Baptiste, a French guy who I met in the Casa de Ciclista.

ちなみにCasa de Ciclistaというのはチャリダーのための家、という意味で、南米ではちょこちょこいろんなところに見かけられる。大抵は自転車好きのオーナーさんが好意で開いてくれていて、タダもしくは格安で泊めてもらえて、自転車を整備したり、そこで出会った人と情報交換をしたり、今回のように一緒に旅をすることになったりとチャリダーにとってはとてもありがたい存在なのだ。わたしもこれまでクスコ、フリアカ、ラパスとお世話になってきた。

There are many Casa de Ciclistas in South America. Most are run by owners who love cycling, and let cyclists stay there for free or a very cheap price. You can tune your bike, exchange information with other cyclists, and sometimes find accompany. I've been to few places so far, and met awesome people.

Estrellita (Cusco, Peru) - 2016 Hotel Reviews - TripAdvisor セキュリティチェック

ラパスのCasa de Ciclistaはアパートをまるまる使っているのでたくさんの人が泊まれるようになっている。そして今回なんとオーナーのCristianがマウンテンバイクを貸してくれることになった。わたしの相棒はあまりオフロード派ではないので大変ありがたい。というわけで浮気しました。ごめんよジミー(わたしの相棒)

The owner of Casa de Ciclista of La Paz, Cristian lent me a mountain bike. I'm so glad because my bike is not really for off road. So, I'm going to cheat on him this time. Sorry Jimmy (my bike)...

まずはメルカド(市場)で腹ごしらえ。こっちの人は揚げ物が好きらしい。朝からオイリー。紫なのはApiというトウモロコシの飲み物。

We first went to the Mercado for breakfast. It seems that the people here loves to fry everything. The purple drink is Api, made from corn.

(ちなみにこのあと水を買ったらガス入りで移し変えようとしたら大変なことになりました。con gasに要注意。)

(After this, I tried to fill my water bottle and it became a disaster because I mistakenly bought water with gas. Be careful !!)

さて、気を取り直して出発。

ラパスからバスで約40分離れた標高4700mのLa Cumbreという峠までいく。(がんばって自走してもいいけど20kmぐらいのぼり)。そこからしばらく気持ちの良い緩やかな下り坂。最速72km/h出ました。

We took a bus from La Paz to the peak, La Cumbre (4700m). You can bike up, but it's 20km uphill. From there, it's a nice paved downhill for a while. I marked 72km/h.

Pongo, Unduaviを過ぎてしばらく登り。ガソリンスタンドを過ぎて少し経ったところにデスロードの看板が。

After Pongo and Undavi, there is some uphill, and you'll find the entrance after the gas station.

ここから遂にオフロードがはじまる。実は本格的なオフロードがはじめてのわたくし。ガタガタな道にビビりまくる。本当にサスペンション効いてるのか?というぐらいの振動。2回ぐらいiphoneが吹っ飛んだ。 ところどころガードレールのないところもあり、一歩間違えれば谷底に吸い込まれそう。でもそれだけに絶景。

The off road starts. It's actually my first time to do the off road and I was such a chicken to ride. I almost doubted if the suspension was working. My iPhone fell off twice due to the shaking. There are some places without guardrails, and you might fall off into the valley. But it was such a spectacular view.

標高2000mを下回った辺りから植生が変わってきた。 バナナ生えてる。

Below 2000m, the fauna started to change. You can see many banana trees and tropical plants.

1200mまで下ってデスロード終了。しかしこのあと今日泊まる予定のコロイコという標高1700mの町までひたすら登り。舗装路と聞いていたけどこんな舗装ですた。。

We went down to 1200m to finish the death road. But the way up to Coroico(1700m) was even harder. I heard that it's paved, and it was paved like this...

たった7kmの距離を登るのに2時間半もかかってしまった。これじゃあ歩いた方が早いかもしれない。というか歩いた。はじめて全荷物を背負って走ったのと、慣れない振動で腕とお尻がめちゃくちゃ痛くて自転車に乗るのすら辛かった。

どうにかコロイコに到着。 Baptisteがステキなキャンプ場を見つけてくれた。夕日がきれいだ。

It took two and a half hours to climb up only 7km. You might walk faster, and actually I walked. I couldn't even sit in my bike because it was the first time carrying everything in my backpack, and my arms and but hurt so much with all the shaking.

Finally we arrived to Coroico. Baptiste found a nice place to camp with the perfect view of the sunset.

翌日は近くにあるというカスケードまで歩いて行った。近くといっても片道2時間以上かかったけど。 水は死ぬほど冷たかったけど滝に打たれて爽快な気分になった。

The next day we went to the Cascades near by. Well, it wasn't actually near because it took more than two hours walking. The water was freezing cold, but it was refreshing to be hit by the water falls.

コカの葉やバナナのプランテーションもたくさん。

Plantations of coca and bananas.

そして後日、自転車でさらに先の第三のカスケードへ。 こちらはさらに冷たい水で入った瞬間に身体の中心が熱くなるのを感じた。体温を保とうと身体が必死になっているんだな。

We also went to another cascade on another day by bike. It was even colder, and I felt my body was trying to burn as soon as I got in.

毎日コロイコの町をぶらぶらしたり、アウトドアキッチンでごはんを作ったりして3日ぐらいダラダラ過ごした。

We spent three days relaxing, cooking, and eating.

red bananas are so good!!赤いバナナうまーい!

フランス人にフレンチトーストを教える、の巻Teaching "French toast" to a French guy

キャンプ場のおじさんがとても親切だった。おすすめ。

Louise, the owner of the campsite was super nice. Recommendable.

Baptisteは環境に対する意識がとても高く、彼と話しているととても刺激を受けることが多かった。買い物をする時もはじめからゴミになるようなものは買わないもらわない、お肉は食べない、飛行機やバスは極力避ける等、徹底して常に環境負荷の少ない選択をしていた。ウユニやナスカのツアーもジープやセドナを飛ばすことで環境を破壊しているので自分はそれに加担したくないのだと。パーマカルチャーや有機農法にも興味があり、アルゼンチンのでボランティアをしていた農家も紹介してくれた。将来農園のあるCasa de Ciclistaのような場所を作りたいという話で盛り上がり、夢がふくらむ。

It was very inspiring to talk with Baptiste because he always tries to select the way that causes less impact to the environment. He never buys or use stuff that would be trash, he doesn't eat meat, he tries to avoid using airplanes and buses as much as possible. He didn't go to Uyuni or Nasca because he thinks those jeep or Sedona tours pollute the environment. He is also interested in permaculture and organic farming, and he introduced me a farm that he volunteered in Argentina. We were talking about how it would be nice to open a Casa de Ciclista in a farm.

そして今回はじめてマウンテンバイクに乗ってみて、同じ自転車と言えど、全く違う乗り物であることを実感。坂はスイスイ登れるし石ころなんて気にしない。なんだこれめっちゃ楽しいやんか。 次買うならマウンテンだな。 というわけで浮気相手にすっかり心奪われてしまったわたくしでした。 (でもわたしの相棒はジミーです。ヤキモチ妬かないでね。)

Riding a mountain bike for the first time, I realized it's a totally different vehicle. You can easily climb up steep hills and you don't need to worry about stones. Wow it's so fun! Next time I'll buy a mountain bike. Don't be jealous, Jimmy!!