にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まやたろの体当たりチャリンコ日記〜南北アメリカ自転車縦断〜

東京銀座のOL→山梨に移住し農業と狩猟をはじめる→2016年5月より北米から南米まで自転車縦断スタート!

Day 158-159 Jujuy to Salta

Aldea Lunaをあとにして、MattiasとIlonaと一緒に久しぶりに文明社会に戻ってきた。Jujuyの町でピザとエンパナーダとビールで乾杯。ジャンキー。久しぶりの電気、インターネット、たくさんの人、車、肉、チーズ。たまにはこういうのもいいけれど、必須ではないよな。

 

I left Aldea Luna with Mattias and Ilona, and back to the civilization. We had beer with a junky pizza and empanadas. Electricity, Internet, many people, cars, meat, cheese, and so on. It's nice to have these things once in a while, but it's not necessary.

 

翌朝、それぞれ違う方向に旅立つ。わたしはおすすめされたMadre Tierraで野菜サンドとイチゴジュースを食べる。うわさ通りおいしい。

 

The next morning we all headed to a different direction. I had a nice meal at Madre Tierra which was recommended.

 

f:id:mayataro811:20161027060739j:image

 

Saltaまでは100km。緩やかな山道を霧雨の中走るのはとても気持ちいい。下りでカーブを曲がりきれず、顔面から派手にこけたけど、幸いアスファルトではなく土の部分に着地したのでほぼ無傷。とことんツイてる。

 

100km to Salta. It was very refreshing to go through a gentle slope through the mountains in a foggy weather. I fell down from my face because the curve was too sharp, but I was lucky again because I fell down not on the asphalt, but the soil part, so I hardly got hurt. I believe there is a guardian angel on my back.

 

f:id:mayataro811:20161027060912j:image

 

森を抜けると今度は湖。硫黄のにおいがすると思ったら水が激しく吹き出ていた。温泉みたいなかんじなのかな。

 

After the forest comes a lake, and a geyser. It smelled like sulphate.

 

f:id:mayataro811:20161027060901j:image

 

景色に変化があってなかなか楽しい道だった。

 

It was a nice path with different sceneries.

 

f:id:mayataro811:20161027061012j:image

 

Saltaの数キロ手前の道端でトルティージャ(ハムとチーズ入り)とドーナツを買う。アルゼンチンに入ってからよく見かける。

 

I bought a ham and cheese tortilla and a donut. It's very popular snacks here in Argentina.

 

f:id:mayataro811:20161027061040j:image

 

そしてSaltaに到着。広場を通り抜けてしばらく走っていると、チャリダーに声をかけられる。彼の名はJuan。何やらガンのプロテストのために走っているという。話を聞けば、彼自身も数年前に胃ガンを患い、手術を受けたそう。そしてガンになってもこうしてやりたいことをできるんだということを体現するために、各地の学校や病院をスピーチをして回っているらしい。お金がなくなりそうになってからは自分の撮った写真でポストカードを作って売り始めたそう。わたしもお金が尽きそうだと話すと、同じくポストカード販売を勧められた。その時にただポストカードを売るのではなく、ストーリー-なぜ旅をしているのか、この光景を見た時に何を感じたのか-を売るのだ、という話が印象的だった。自転車旅を通して子どもたちに夢と力を与えている西川昌徳さんぼくの「地球」を走る旅然り、わたしには彼らほどの崇高な使命感はないけれど、何かできることはあるだろうか。それにもしお金にならないとしても、わたしのブログを楽しみにしていてくれたり、旅を応援してくれる人がたくさんいることは素直にうれしいし、元気を与えられたり、何かをはじめるきっかけになってくれたらこれ以上の喜びはない。

 

And I finally arrived to Salta. I went through the plaza when a cyclist talked to me. His name is Juan, and he told me that he is cycling for a protest against cancer. 

Afterwards he told me that he also had a gastric cancer several years ago, and had a surgery. He is biking and making speech at schools and hospitals to show that you can still do things you want even after having cancer. When he ran out of money, he started to make postcards from the pictures he took and sell them on streets and parks. When I told him that I'm also running out of money, he recommended me to sell postcards as well. "And when you sell them, you're not just selling the postcards, but you're selling the story -why you started this, and how you felt when you were at the moment -." ,he said. I don't have such a big mission like him or my friend Masa, who is traveling on his bike and giving special classes to children, but I wonder if I can also do something. (And even if I can't make money, ) I'm just  so happy that people enjoy my blog and be encouraged or motivated by my trip.

 

結局彼の泊まっているホステルに行き、深夜に彼の友人たちと飲みに出かけたが、久々に100km以上走った疲れとお酒の影響で途中からほぼ寝ていた。彼らは朝まで踊っていたそう。わたしも一緒に踊りたかったぜ。

 

I went to the hostel where he was staying, and we went out to have a drink with his friends, but it was already midnight and I was so tired after the 100km ride that I fell asleep. They were dancing until morning. I wished that I could go with them as well.

 

 f:id:mayataro811:20161027061229j:image

 

翌日は近くの広場で30mのピザが食べられるといううわさを聞いたので向かった。実際には200mだった。しかし長蛇の列ができていたので代わりにLomitoというサンドイッチを食べた。

 

The next day, I headed to a plaza because I heard that you can eat a 30m pizza. It was actually 200m, but I gave up because they were so many people in line and I had a lomito instead.

 

f:id:mayataro811:20161027061251j:image

f:id:mayataro811:20161027061429j:image


それからテントを探し回るも、日曜でほとんどの店が閉まっていた。というかここアルゼンチンではシエスタがあるため、平日でも昼から夕方までほとんどの店が閉まっており、買い物をするのが大変。そんな中でもありがたいことにスーパーは空いているのでそこでお手頃なテントを購入。サンティアゴでちゃんとしたのを買う予定。近くのキャンプ場でラパスで出会ったドイツ人チャリダー、フィリップと合流した。彼は10日もここにいるらしい。

 

I tried to look for a new tent but almost all of the stores were closed on Sunday. Actually here in Argentina, it is very difficult to shop even on weekdays because they have ciesta from noon to the evening. So I ended up buying a cheap tent at the supermarket. I think I'll get a better one in Santiago before I go to Patagonia. Then I joined Philip (a cyclist from Germany who I met in La Paz) at the campsite.

 

キャンプ場に着いてからはマテ茶を飲んだり、ごはんを作ってビールを飲んだりしてのんびり過ごした。明日からまた南に向かう。

 

We we had mate, cooked lunch, and had beer. We will head south to Mendoza.

 

f:id:mayataro811:20161027061448j:image