まやたろの体当たりチャリンコ日記

まやたろの体当たりチャリンコ日記

東京銀座のOL→山梨で農業と狩猟をはじめる→2016北米&南米自転車縦断→2017夏全国キャラバン!

Day 216-218 Tortel to O'Higgins

暴走チャリと夏のパンク祭り

12/19 Mon

朝ブレーキの点検をすると前も後ろも調子が良くない。あれこれいじってみたけど良くならず、同じ宿のチャリダー達に助けを求めるが結局だめ。みんなが9時過ぎに出発する中、わたしはまたもや遅れて10時に。

今日はトルテルから40kmちょっとあるユンガイのフェリー乗り場まで行き、対岸のリオブラボーまで渡る予定。前半20kmは平らだが、後半20kmは大きな峠を越えねばならない。

I checked my brakes but neither of them worked well. i asked help for the other cyclists, but no one could figure it out... Everyone else left at 9, but I kept on working on it and left at 10.

I'm going to take a ferry from Yungay, which is 40km away. The first half is pretty flat, but the last half has a big hill.

 

f:id:mayataro811:20170101021828j:image

キツイ登りを登りきったところで、やはりブレーキが効かないのでブレーキパッドを交換する。そしてしばらくすると今度は前輪がパンク。昨日チューブを補修し忘れたために予備がなく、パッチを貼ろうとしたが雨で濡れてうまく貼れず、仕方ないので押すことにした。フェリー乗り場まで残り8km。最終のフェリーまであと2時間。間に合うかしら。

 

After the steep climbing, I changed my brake pads. In a while, my front tire had a flat. I forgot to repair the tube and I didn't had a spare so I needed to patch it, but it wouldn't work with the heavy rain, and I had to push my bike. 8km to the ferry terminal, 2 hours for the last ferry...

 

 

せっかくの大好物の下り坂なのに乗れず、荷物満載のヘビー級チャリは下り坂では押すというよりも転がらないように抑えるのが大変で、おまけにブレーキも効かないため、足でブレーキをしようとするが、ズザザザザーッとほとんどチャリに引きずられるようにして進む。傾斜もカーブもきつく、何度かガードレールに激突しそうになり、「ギャーー止まってー!!止まれーー!!」

と奇声を発しながら下った。せっかく乾かした服も靴も汗だか雨だかわからないけどびしょびしょになり、暴走パンクチャリを抑えるのに疲れてついに乗ってしまった。。これが大失敗。チューブを穴だらけにしてしまった上に、しまいには走っている途中にタイヤがホイールから外れた。ホイールが壊れなくてよかったけどめちゃくちゃ怖かった。。

 

I usually love downhills, but it was so hard to try to STOP my full loaded heavy bike going down with my broken brakes, so I had to brake with my feet, and I was rather dragged by my bike. The hill was also steep, with many curves, and I almost crushed into the barrier. "STOP!!!!!!! PLEASE!!!!!" I was screaming. All my clothes and shoes were soaking wet with sweat and rain, and I was so tired that I ended up riding my bike... which was NOT a good idea. I made so many extra holes in my tube, and my tire eventually came off the wheel...!!! I'm glad that the wheel didn't brake, but it was so scary...

 

 

f:id:mayataro811:20170101021827j:image

どうにか18:00の最終フェリーに間に合い、身も心もボロボロだったけど、フェリーの船員さんたちがとてつもなくやさしくて、ブレーキを直そうとしてくれたうえに、寒くて震えるわたしに温かいお茶とシチューとパンを食べさせてくれ、お土産にフルーツまで持たせてくれた。感激。おかげでわたしの冷え切った心と体はぽっかぽかになりました。

 

I made it to the 6pm ferry, and I was so worn out and shiverring, but the sailors on the ferry were so nice that they helped me fixing the brakes, gave me some hot tea, and even invited me for a hot dinner. They also gave me some bread and fruits for the next day. I felt so thankful and warmed up my body and soul. By the time I got off the ferry, I had a big smile on my face.

 f:id:mayataro811:20170101022311j:image

 

対岸の待合室に着くと自転車が5台。先のフェリーで着いていたみんなが出迎えてくれた。みんなわたしがなかなか出てこないのできっと最終便に間に合わなかったのだろうと思っていたらしい。すみません、ごはん食べてました。てへ

ピットインしたレーシングカーよろしく、わたしの穴だらけのチューブやブレーキを直してくれる。本当にありがたい。

ついていないと思っていたこんな日ですら、こうしてみんなに助けられてわたしは今日も生きている。本当にありがとう。

 

When I reached the other side, there were 5 bikes in front of the waiting room, and everyone welcomed me. They were thinking that I couldn't make it because I didn't come out from the ferry. Sorry, I was eating dinner.

The boys started to fix my bike like an pit-in racing car. Even on an unlucky day like today, I feel so thankful for everyone helping me out.

 

 

12/20 Tue

最近の日課はパンク修理です、というぐらい毎日パンクしている。朝みんなが出発したあとにも黙々とチューブを直す。結局昨日のチューブには11個の穴が空いていた。よい子はパンクしたチャリに乗ってはダメ、ゼッタイ。

 

My recent daily routine is to repair flats. There was 11 holes in my tube yesterday. NEVER ride bikes on flats.

f:id:mayataro811:20170101022109j:image

昨日の調子だともうリタイアかと思っていたけど、いろいろいじってみたら奇跡的になんとか乗れる状態に復活したので行けるところまで行ってみることにする。自転車に乗れるっていうことがこんなに嬉しいなんて。

はじめの15kmは比較的平坦で、そこから峠が3つ。その2つ目の峠の下りでまたもや後輪がパンク。修理しているとまた雨が激しくなってきた。

 

I was thinking it might be impossible to bike further, but I made it functioning again. I never felt so happy that I can ride my bike.

The first 15km was flat, and three hills afterwards. I got a flat again on the second hill. Raining hard. I was glad I had a spare tube this time.

f:id:mayataro811:20170101022421j:image

f:id:mayataro811:20170101022351j:image

 

パンが落ちてる!と思ったら石でした。

ほら、お腹すいてたから...

 

I thought it was a bread, but it was a stone.

I was so hungry...

f:id:mayataro811:20170101022449j:image

 

途中で橋があり、その下でキャンプしようかと考えたが、なんか湿ってるしやめようと思い、激しい坂を登っているうちに雨が強くなってきて、あーやっぱりさっきのところにすればよかったと後悔。でもそのうち雨も上がり、坂を下ると湖と氷河が見えて、さらには虹が出てきて、あまりの美しさに涙が出た。なんだかここ数日の壮絶な日々がすべて報われた気がした。

 

I found a bridge and was wondering whether to camp there, but carried on, and then came a steep hill and strong rain so I regretted that I didn't stop. But the rain stopped soon and after going down hill, lakes glaciers, and even a rainbow came up. It was so beautiful that I felt all of the last hard days had been rewarded.

f:id:mayataro811:20170101040044j:image

 f:id:mayataro811:20170101022029j:imagef:id:mayataro811:20170101022043j:image

 

 

 f:id:mayataro811:20170101040043j:image

 

 そのさらに数キロ先のおうちの納屋みたいなところにキャンプさせてもらうことにした。これって不法侵入ですかね。いや、本当は家主に聞こうと思ったのだけど、数時間待っても家主は帰ってこなかったので。。しばらくするとスイス人チャリダーもやってきた。彼は逆方向なのでいろいろと情報交換。どうやらオイギンスのフェリーは悪天候でよく運休になるらしく、彼は一週間待ったらしい。わたしは訳あってどうしても23日のフェリーに乗らないといけないのだが、もし乗れない場合は元来た道を戻り、850kmヒッチハイクしなければいけないことになる。そして連日の雨で川が増水しており、膝までの深さの川を4-5つぐらい越えないといけないらしい。不安だ。そもそもフェリーが来るのか不安だ。
夜からまた雨が強くなった。屋根があるところでよかった。けっこう雨漏りしてるけれども。

 

There was a refugio on the map, but I couldn't find it so I ended up under a roof close to someone's house. Anothe cyclist came. He was heading north so we exchanged some information. He told me that the ferry from Villa O'Higgins sometimes don't come due to the bad eeather, and they had to wait for a week. I have a reason that I must get on the ferry on the 23rd, or otherwise go back hitchhiking 850km to get to El Chalten. And due to the rain, you have to cross 4-5 rivers which are up to knee height.I hope I can make it. I hope the ferry comes.

The rain got very strong at midnight. I'm glad we have a roof, though it's leaking pretty much.

 

12/21 Wed

昨夜の雨は山の上では雪だったようで、中腹あたりまで真っ白になっていた。

オイギンスまで50km。パンクしないように慎重に走る。

 

The rain yesterday seemed to be snow on the top of the mountains.

50km to Villa O'Higgins. I biked carefully so that I don't get a flat.

 

f:id:mayataro811:20170101032037j:image

f:id:mayataro811:20170101032039j:image

f:id:mayataro811:20170101040044j:image

 

牛も見守ってくれる。ちょっとこわい。

 

Creepy cows.

f:id:mayataro811:20170101032126j:image

 14:30頃にオイギンスに到着。チェックインしたホステルにはなんと20人近いチャリダーが。

I arrived in O'Higgins. 20 cyclists at the hostel.

f:id:mayataro811:20170101032423j:image

一度にこんなにたくさんのチャリダーに会うのははじめて。ほぼみんな北に向かうようなのだが、どうやらフェリーが一週間来なかったためにたくさん人が溜まったらしい。初の日本人チャリダーにも会った。またもやいろいろと情報交換。国境越えは相当過酷なようだ。

 

I've never seen so many cyclists in one time. Most of them were heading north, and it was due to the ferry which didn't come for a week. I met a Japanese cyclist for the first time.

f:id:mayataro811:20170101032416j:image

 

そして連日の雨でついにわたしのiPhoneがお逝きになりました。地図も走行情報もブログも写真のアップロードもすべてこれで管理してたのでとても困ります。お米に入れておくといいと聞いたので電源切ってジップロックの中に米と一緒に封印した。とてもシュール。写真とればよかった。

 

My iPhone died due to the heavy rain. I put in rice, hoping to recover...

 

フェリー会社に行くと翌22日のフェリーは運休だという。あさってフェリーが出なければ850kmのヒッチハイクトリップへ。どうかどうかフェリーが来ますように!!!

 

The ferry tomorrow seems to be canceled. I hope it comes the next day or otherwise I need to do a 850km hitchhiking trip. Ferry por favor!!!

広告を非表示にする