にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まやたろの体当たりチャリンコ日記〜南北アメリカ自転車縦断〜

東京銀座のOL→山梨に移住し農業と狩猟をはじめる→2016年5月より北米から南米まで自転車縦断スタート!

Day 219-220 The most beautiful and challenging border crossing in the world

旅 travel 自転車 bicycle 6. Chile

アウストラル街道の終着点オイギンスからアルゼンチンへ抜ける道は「世界一美しくて過酷な国境越え」と言われている。車道はないので徒歩か自転車か馬でしか通れないが、この難関を制した者だけに許された特権・裏フィッツロイが見られるらしい。過去のチャリダーのブログや北に向かう人たちの情報からかなり過酷な道のりになることは覚悟していた。

 

The way from Villa O'Higgins to Argentina is called "The most beautiful and challenging border crossing in the world". Only hiking, biking, or horse back riding is the way to go through, but you can see the Fitz Roy from the other side. According to othe people's blogs and information from the people heading north, I knew that it would be tough.

 

12/22 Thu

オイギンスは小さいけどかわいらしい町である。

Villa O'Higgins is a cute little town.f:id:mayataro811:20170101045717j:image

 

町の図書館にはパソコンも4台あり、無料でインターネットが使える。iPhoneがお逝きになったので足繁く図書館に通う。

 

The library has 4 PCs that you can use for free. I went often because my iPhone died.

 

久しぶりに晴れたので濡れたものを乾かしたり荷物を整理したり。

国境越えは1gでも軽い方がいいというアドバイスを受けて、溜め込んでいた食料をここぞとばかりに調理し、張り切って明日のお弁当まで作る。他の人は買い込んでたけど。

 

 

 

夕方フェリー会社でチケット購入。オイギンスから国境を越えには2つの湖を渡らなければいけないのだが、チリ側の湖は3時間で約6000円、アルゼンチン側は1時間で約4000円とビンボーチャリダーにはなかなか厳しいお値段。世界一美しくて過酷、かつexpensiveな国境越え。明日はいよいよ決戦の日!

 

We bought a ticket for the ferry. We need to cross two lakes, but I t is pretty much expencive for a low budget cyclist. The first lake costs $60, and the second is $40.

 

12/23 Fri

いい天気になると聞いていたのに水の音で目がさめる。えー雨か。。テンションが下がるが外に出ると思っていたほどひどくはない。オイギンスの町からフェリー乗り場まで7km。いちばん早く準備を始めたのに、荷物を積んでる間にみんな気付いたら出発してて結局最後になってしまった。相変わらずのろまです。

 

We expected good weather but I woke up with the sound of rain. It wasn't so bad though. I started packing early, but when I realized, everyone else had already left...

 

フェリー乗り場までの道のりはさながらレースのように15人以上のチャリダーが抜きつ抜かれつ。

 

ここがアウストラル街道の終着点。

 

7km to the ferry terminal. The end of Carretera Austral.

f:id:mayataro811:20170101051001j:imagef:id:mayataro811:20170102000154j:image

 

フェリーに乗り込む。

f:id:mayataro811:20170101051042j:image

 

対岸まで3時間。だんだん晴れてきた

 

3 hours to the other side. The weather got better.

f:id:mayataro811:20170101051244j:image

 

対岸に到着。

 

Arrived to the other side.

f:id:mayataro811:20170101051319j:image

 

チリ側イミグレまで約2km。なかなかキツイ坂だけど男性陣が先回りして自転車を置いて押すのを手伝ってくれたりして助かった。

景色は最高。

 

2km to the Chikean immigration. It was steep but the boys helped pushing the bike which was very helpful. The view is great.

f:id:mayataro811:20170101051430j:image

 

f:id:mayataro811:20170101051537j:image

 

頼もしい仲間たち

 

f:id:mayataro811:20170101051600j:image

 

アルゼンチンとの国境で遅めの昼食。デシエルト湖のフェリーは17時か翌11時なのだが、この時点ですでに14:30だった。

 

Late lunch at the border. The ferry from Lago Desierto leaves at 5pm or 11am, but it was already 2:30pm.

 

そしてアルゼンチンに入った瞬間からひどい道になる。まず幅が人ひとりギリギリ通れるぐらいまで狭くなり、連日の雨のせいか道が川のようになっている。

 

The path gets crazy as soon as you get to the Argentinean side. It gets narrow that one person can barely pass, and the paths all turned into rivers.

 f:id:mayataro811:20170101223045j:imagef:id:mayataro811:20170101223137j:image

後半になるとさらにひどくなり、膝上まである川や、パニアをつけたままでは通れない幅の道、というかもう道とも認めたくないぐらいの悪路続きに思わず笑ってしまった。アルゼンチンはよっぽどチャリダーに恨みがあるのでしょう。

 

The latter half was even worse, with rivers up to the knees, and extremely narrow paths that are impossible to pass without taking off your panniers. I guess Argentineans hate cyclists.

 f:id:mayataro811:20170101223003j:imagef:id:mayataro811:20170101223013j:image

 

ここでもやはりブレーキが効かないのはかなりの痛手で、道からあえて外れたり、茂みの中に突っ込んだりしてやっと暴走を止める。早くブレーキ直したい。

 

It was even harder with my broken brakes, and I had to drive into the bush to stop my bike. I really want to fix my brakes...

 

そしてついに見えました、デシエルト湖と裏フィッツロイが!!

 

And finally, the back Fitz Roy and Lago Desierto!! 

f:id:mayataro811:20170101222935j:image

 

f:id:mayataro811:20170101223757j:imagef:id:mayataro811:20170101223818j:image

 

どうにかしてたどり着いた湖のほとりで本日はキャンプです。絶景!!

 

We camped in front of the lake. Beautiful!!

f:id:mayataro811:20170101224823j:image

f:id:mayataro811:20170101224804j:image

f:id:mayataro811:20170101224843j:image

 

すごく大変だったけど、あの孤独で過酷な宝石の道を思えば、こんなのは序の口で、仲間の存在の大きさを感じた。荷物を運ぶのを手伝ってくれたり、後ろから押してくれたり、何よりもひとりじゃなくてみんなで乗り越えている、というのが精神的に大きかった。仲間ってすごい。

 

It was very tough, but not as much as the Laguna route, because I had friends to cooperate. I really really appreciate all their help both physically and mentally.

 

大きな山場を越えた、とこの時は思っていました。。

 

I thought we achieved a big goal, until this point...