まやたろの体当たりチャリンコ日記

まやたろの体当たりチャリンコ日記

東京銀座のOL→山梨で農業と狩猟をはじめる→2016北米&南米自転車縦断→2017夏全国キャラバン!

Day 230-233 El Calafate to Puerto Natales

f:id:mayataro811:20170111040424j:image

1/2 Mon

エルトナタレスまでフランス人カップルのナンスとアリックスにお供せてもらうことにした。

はじめの20kmぐらいは平らな舗装路で走りやすい。と思ってたらまたパンクした。どうやら前回の修理が甘かったみたい。2人に先に行ってもらい、お昼で合流した。

 

I joined the couple from France to go to Puerto Natales.

The first 20km was pretty flat, but I got a flat again. It was from the hole that I repaired the day before.

f:id:mayataro811:20170111040536j:image

 

午後からはひたすらのぼりが10km以上。どんどん置いていかれるわたし。風も強くなってきて、終いには1cmぐりいの雹が降ってきて痛いのなんの。

 

After lunch it was all the way up for more than 10km. I was way behind them. Eventually, big bits of hail started falling and it was so painful that I couldn't stop screaming.

f:id:mayataro811:20170111040351j:image

「イタイイタイ!やめて!!」と叫びながら走る。

目的地である95km地点の工事現場詰所にたどり着くと、既に3人のチャリダーが。

 

After 95km at the building of the road construction workers, there were already 3 other cyclists.

f:id:mayataro811:20170111040609j:image

みんな南に向かっているそう。カレーを作って食べた。うまし。明日は未舗装路65km。風がいい向きに吹いてくれるといいのだけど、おそらく向かい風です。

 

Everyone is heading south. Tomorrow is a 65kn of gravel. I hope the wind blows in the right direction...

 

1/3 Tue

風が強くなる前に出ようと、7:30に出発。はじめの30kmはひたすら平らでまっすぐなパンパ(木も生えない不毛の地)で、風もなく退屈。下りで石とリム打ちしてまたパンクした。連日のパンクのおかげでだいぶ経験値が上がったとはたいえ、わたしはいつもパンク修理に30分ぐらいかかるのだが、ノンスは手際よく15分ぐらいで直してくれた。

 

We left at 7:30 to avoid the wind. The first 30km were flat straight boring pampa. I got a flat again when I went down and hit a rock. It usually takes me 30minutes to fix it, but Nons did it in 15minutes.

 

f:id:mayataro811:20170111040703j:image

 

お昼を食べようと立ち寄った34km地点の農場のガウチョさんたちがとても親切で、キッチン付きの小屋を使わせてくれた。ありがたや。

 

We stopped by a farm to ask if we can eat lunch there, and the Gauchos were so nice that they let us use a cabin with a kitchen.

f:id:mayataro811:20170111040634j:image

 

そこから後半30kmがもう本当にキツかった。風はどんどん強くなり、坂も増え、大きな石もゴロゴロしててなかなか進まない。今日の目的地は未舗装路の終わりにあるガソリンスタンドなのだが、途中ですれ違った車にあと何キロかと尋ねると、二本指を立てて「dos」と言ったのであと2kmか!と喜んだのも束の間、2kmを過ぎでも何もなく、のちのちdosでなくdose(=12)だったということに気付く。ややこしいったらありゃしない。

 

The last 30km was much more harder. More wind, more hills, more rocks... Today's destination is a gas station which is on the end of the gravel road, so we asked a driver who passed us how far it is. He stuck two fingers and said "dos" so we thought it was only two kilometers. But there was nothing after two or even ten. We found out he said "dose"(12). So confusing...

 

最後の10kmがめちゃくちゃキツかったけど、やっとの思いでたどり着いたガソリンスタンド?というか派出所?のポリスメンたちがとっても親切で、シャワーとキッチンを使わせてくれた。キャンプしていいよ、と場所を案内してくれたのだが、あまりに疲れていたのでこの床に寝かせてもらえませんかね、というとここはポリシアだからダメだけど隣に聞いてみる、ということで隣の建物にある部屋のベッドに寝かせていただけることになった。おまけに、まさに寝ようとするとよかったら夕飯もどうだと。もう夕飯は食べたし、歯磨きもしたしまさに夢の中に入り込む瞬間だったけど、食べ物のお誘いを断ったらバチが当たるというものでしょう。もちろん喜んでお受けしました。そして二回目の夕飯もペロリと1.5人前ほど完食。大変美味でございました。

 

We finally arrived to the gas?police? station, and the officers were so nice that they let us use the shower and kitchen. They showed us a place where we could camp, but we

f:id:mayataro811:20170111040747j:image

ちなみにこの日いただいたチキンは庭を元気に駆け回っていたやつらしい。キッチンには魚もたくさんあり、それも目の前の川で釣ってきたとか。明日はグアナコ(ここら辺にたくさんいるリャマやアルパカの仲間、ただし野生)狩りに行くという話をしていた。ここから最寄りのスーパーまでは220kmあるので、必然的にそうなるのだろう。

お腹いっぱいで幸せ気分で眠りにつく。

 

1/4 Wed

朝起きるとなんと朝食まで用意してくれていた。ここはどこのホテルですか。

今日は朝から風が強い。宿の風速計は32m/sを指していた。しかも南西。我々が向かうのも南西。つまり思いっきり向かい風である。

グアナコ狩り御一行が出発。あとから一緒について行かせてもらえばよかったと死ぬほど後悔したけど、あとの祭りです。チャリンコ漕ぐのに必死になっていると他のことに対するアンテナが鈍る。狩猟アンテナもっと張ってかんと。グアナコはどんな味なのかな。リャマやアルパカと同じようなかんじかな。

向かい風は案の定とてもひどくて、舗装路にも関わらず時速10kmぐらいしか出ない。

 

お昼を食べようと土管の側へ。チリ側のイミグレは厳しいので持ってる野菜やフルーツなどをすべて食べ尽くす。ニンニクとチーズだけポケットに隠した。風が強くて寒いのでアリックスと2人で踊っていたら車が停まった。ヒッチハイクしてしまった。お昼の前なら間違いなく喜んでお受けしていたところだけど、お昼を食べて少し元気になった我々はもう少し頑張ることにした。そこからボーダー兼アルゼンチンのイミグレまで20km。

f:id:mayataro811:20170111042052j:image

そしてセロカスティージョの町までさらに8km。チリ側イミグレではバッグを空けられたが幸い何も取られなかった。

f:id:mayataro811:20170111042038j:image

スーパーで買い出しをし、泊まる場所を探しているとなんと消防署に泊めてもらえることに。以前から南米では消防署に泊めてもらえるという噂をいろんなチャリダーから聞いていて、是非一度泊まってみたいと思っていたのだが、ついに念願が叶った。しかもキッチン、トイレ、マットも使わせていただいた。本当にラッキー。というかみんな本当に親切だ。きっと過酷な環境下で助け合いの精神が根付いているのだろう。

 

今日は久しぶりのノーパンクデーだったのでビールで乾杯!

f:id:mayataro811:20170111041048j:image

 

1/5 Thu

エルトナタレスまで60kmあまり。今日は風も穏やかで、時折追い風すら吹いちゃったりしてとてもラクだった。景色もきれい。やっぱりパンパよりも圧倒的に山や湖の景色が好きだ。というかパンパの魅力がよく分からない。

とにかくまあナタレスには12時に着いてしまった。広場の近くでお昼を食べ、Casa Liliというホステル&キャンプ場へ行くと、先日カラファテで会ったフランス人カップル、クリスチャンとパトリシアに再会。

カラファテで直しそびれた諸々をここナタレスでなんとしても直さなければいけない。フロントブレーキ、リアキャリアのダボ穴、スタンド、ペダル。もう満身創痍でござる。そんなわけで自転車屋や溶接工場に東奔西走するも、また明日の朝来てくれということになった。スーパーに行くとやたら混んでいて1時間以上並んだ。

夕飯はカレーを作り、夜にはペルーで出会ったチャリダー・マットとそのお姉さんのジェシカに会う。二人と一緒にトーレスデルパイネトレッキングに行くことになっているのだが、これが何やら今シーズンからかなりややこしいシステムになっているようで。。それについてはまた次回書きましょう。

 

 

広告を非表示にする