にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まやたろの体当たりチャリンコ日記〜南北アメリカ自転車縦断〜

東京銀座のOL→山梨に移住し農業と狩猟をはじめる→2016年5月より北米から南米まで自転車縦断スタート!

Day 247-251 Río Grande to Ushuaia

1/19 Thu

今日はリオグランデで休息しつつ、チャリンコを直す日です。同じ宿に泊まっていたイタリア人チャリダーのマルコに案内してもらって自転車屋さんを何軒か周ってボトルとチューブをゲット。彼の頭の中にはコンパスが入ってるようで、一度地図を見せただけでスイスイと目的地にたどり着いてしまう。すごい能力だ。グーグルマップに振り回されてグールグルしている誰かさんとは大違い。

 

Marco, a Italian cyclist who stayed at the same hostel showed me around the bike shops in the town. He has a compass in

his head, and he can easily go to the destination if I showed the map once. I wish I had that ability.

 

後輪が歪んでるので振れ取り(スポークのネジの締め具合を調整してホイールを正す)しないと…と思ったらなんとスポークが折れていた。いつのまに…

 

My rear wheel seemed to be wobbling, so I thought I have to true my wheel, but found out that one of the spokes were broken again...

https://www.instagram.com/p/BPdToN4AZPM/

broken spoke again...

 

ちなみにアメリカにいる時に2度スポークが折れた。1度目はたまたまたどり着いたキャンプ場にいたチャリダーがホイールビルダー(つまりはプロ)で、予備のスポークも工具も全て持っていて、ササっと換えてくれた。神だった。2度目もたまたまたどり着いた町に「バイクキッチン」という自転車の整備方法を手取り足取り教えてくれる親切な場所があって、そこでスポーク交換と振れ取りの方法を教えてもらった。

しかし、以前クスコにいる時に「ちょっと歪んでるかもなあ〜」と思って振れ取りをしてみたら、タイヤが回らないほどとんでもないことになったので、それから手をつけないことにしていたのだが、ここらの自転車やさんはどこも高いし時間もあるので自分でやってみることにした。結局スポーク交換に3時間ぐらいかかったが、おかげで振れ取りもだいぶ上達した。コツはちょっとずつ回すことですね。前回は調子に乗ってグリングリン回してましたからね。そりゃ歪みますわね。

 

I broke my spoke twice in the US. The first time, I met a wheelbuilder at the same campsite, and he had all the tools and an extra spoke. How lucky am I!! The second time, I arrived to a town which had a "bike kitchen", where you can learn how to tune and fix your bike. I learned how to replace the spoke and true the wheel.

But when I was in Cusco, I tried to true my tire and it got so bad that the wheel wouldn't spin anymore. That's why I was afraid of doing it again, but I thought it was time to learn because everything is so expensive here. It took me three hours but now I'm better at trueing the wheel.

 

夕飯に作ったなす味噌が自画自賛するうまさでした。

 

The stir fry I made was excellent. Missing Asian food...

https://www.instagram.com/p/BPd-K9CAzpc/

なす味噌作った。あじあのあじが恋しいぜー

 

1/20 Fri

アンドレアとスティーブと合流して出発。北上するマルコとはここでお別れ。

 

I met Andrea and Steve at the hostel and started with them again. Marco is heading north.

f:id:mayataro811:20170126051655j:image

はじめの10kmほどは向かい風。タンデムチャリダーにはじめて出会う。

 

The first 10km was headwind. I met a tandem cyclist for the first time.

f:id:mayataro811:20170126051733j:image

カーブを曲がると一気に追い風。気持ちいいー。

 

After a curve, it turned into a nice tailwind.

f:id:mayataro811:20170126074749j:image

グアナコたくさん

 

Many Guanacos

f:id:mayataro811:20170126051952j:image

たそがれグアナコ

f:id:mayataro811:20170126051958j:image

お昼を食べていたら、北上する3人組と出会う。彼らはアメリカからウシュアイアに飛び、家へと向かう行程で、mundo pequeño 小さな世界という企画をやっている。「小さな世界」と聞いて思い浮かべるものは?と問われ、その時はうまくまとまらなかったのだけど、走りながら考えた。

 

When we were eating lunch, we met three cyclists from the US. They were heading back to their hometown from Ushuaia, and had a proyecto calles mundo pequeño, a small world. They were asking,"what Is your idea about the small world". I couldn't come up to a nice answer right away, but I was thinking about it all the time.

 

自転車で走っていると地球は広いなあと思う。これまで8000km弱走って走ってきたわけだけど、地球は一周40000kmあるわけだし、わたしが見てきたものなんてほんの一部でしかない。でもこの旅で世界中の人たちと出会い、友達になったことで世界の見え方が変わった。今まで教科書やニュースでしか見聞きしたことのない国に、具体的な友人の顔が浮かぶ。それだけで世界はぐっと身近になる。国だとか世界だとか言ったって、結局は個々人の集まりなわけで、ある人との出会いによって、その国に抱いていた漠然としたイメージがガラッと変わることだってある。例えばわたしはこれまでお隣の韓国に対して、正直あまりいいイメージを持っていなかったのだけど、ヨニとティビのやさしさに触れて、そのイメージは大きく変わった。良くも悪くもみんな国を代表しているわけだからわたしも気を付けないと。話がそれてしまったが、要は世界は広いが世間は狭いということだ。きっと。

 

Biking all around, I realized that the world is so big. I have biked nearly 8000km now, but around the earth is 40000km, and I've only seen a tiny bit of it. But after meeting so many people and  making friends from all around the world, the way I see the world is a bit  different. Every time I see or hear about any countries, I think of a friend. And that makes me feel the world is so small. 

 

f:id:mayataro811:20170126052237j:image

 

そんなことを考えていたらキャリアの様子がおかしいことに気付き、見たらネジがねじ切れていた。ネジを交換してしばらく走っているとまた様子がおかしいので見ると、今度は反対側のダボ穴が取れていた。もう本当に呪われてるのではないかと思うほどトラブル続きの毎日です。

 

I realized something is wrong with my rear carrier, and I found out the screw was cut off. I changed my screw and after a while, something went wrong again, and the other side of the hole for the screw came off. Something happens everyday...

https://www.instagram.com/p/BPh6_bvg3En/

またキャリアのダボ穴が取れた。先日溶接してもらったほう(右)も溶接時に変形したのかネジが入らない。さてどうしたものか。。The hole for the screw to hold my carrier came off again. The one that I got welded the other day neither works. Wondering what to do...

 

とりあえず15kmぐらいだったのでごまかしつつ走って本日の目的地トルヒンに到着。ここにはチャリダーをタダで泊めてくれる神様のようなパン屋さんがあるのです。

 

It was only 15km to the town, so I carried on, and we arrived to Torhuin. There is a very nice bakery which let cyclists stay for free.

https://www.instagram.com/p/BPhqMmEAKuU/

チャリダーを泊めてくれるありがたいパン屋さん。ウシュアイアまであと100km!!Nice bakery that let cyclists stay. 100km to Ushuaia!!

 

部屋には過去のチャリダーたちの軌跡が。

 

Many cyclists have been here.
f:id:mayataro811:20170126052340j:imagef:id:mayataro811:20170126052353j:image

 

しかしこの部屋はいっぱいだったため、我々は地下のジムに泊まった。

 

The room was full, so we stayed at the gym in the basement.

f:id:mayataro811:20170126113429j:image

 

 

1/21 Sat

自転車を直さないといけない(という口実で)今日は休憩。

休息日でもトレーニングできるすてきな環境です。

 

I'm resting because I have to fix my bike again.

It's good that we can do workouts!

f:id:mayataro811:20170126113659j:image

 

エンパナーダうますぎて困る。ほぼ全種類制覇してしまった。

 

Empanadas were so good that I almost had all kinds.

f:id:mayataro811:20170126113858j:image

 

夕方から続々とチャリダーがやってきて、気付けば約20人。年越しを一緒にしたフランス人チャリダー達とも再会。

 

Many cyclists arrived and eventually 20. I met the French cyclists whom I spent new year together.

https://www.instagram.com/p/BPiuIkeAIIq/

Muchas ciclistas!!

 

1/22 Sun

フランス人のマウドも加わり、4人で出発。彼女はわたしが出会った数少ない女ソロチャリダーのひとりで、わたしと同じような時期に出発して、同じようなルートをたどってきた。不思議だ。

 

Maud, a girl from France, joined is. She is one of the few girl solo cyclists, and it's interesting that she started about the same time as I did, and we have biked similar routes.

 

f:id:mayataro811:20170126114611j:image

ウシュアイアまで100kmきった!

 

Less than 100km to Ushuaia!!

f:id:mayataro811:20170126114633j:image

 

午後一で峠越え。峠と聞いていたので身構えていたけどぜんぜんたいしたことなくて拍子抜けした。アンデスの高地の峠を越えてきた我々にとってこんなのは朝飯前です。この辺りから景色がガラッと変わって山や湖が見える。美しい。

 

We had a hill climb in the afternoon, but it wasn't a hill at all. After all the crazy hills and the altitude in the Andes, this is like nothing for us. Many mountains and lakes around here. Beautiful.

f:id:mayataro811:20170126115349j:image

f:id:mayataro811:20170126115404j:image

この日はウシュアイアから32km手前地点の川沿いでキャンプ。

 

We camped 32km before Ushuaia, by the river.

f:id:mayataro811:20170126114825j:image

 

最後のキャンプに乾杯!

 

Cheers for the last camping night!!

f:id:mayataro811:20170126114702j:image

 

1/23 Mon

気合を入れて出発。

30km to our destination!

f:id:mayataro811:20170126115515j:image

 

途中から激しい向かい風に煽られながらも、どうにか到着。カーブを曲がるとUSHUAIAの塔がいきなり現れて感動。

 

We had a headwind on the way, but we managed to make it. After turning the last curve, a Ushuaia sign surprisingly showed up.

f:id:mayataro811:20170126115608j:image

 

まあそこからさらに6kmぐらいあったんですけどね。

着きましたよ、Fin del Mundo、世界の果て!世界最南端の「都市」!(ちなみに世界最南端の「町」はビーグル水道を挟んだ対岸の島にあるプエルトウィリアムス。)

 

But there was still 6km to the town.

We finally arrived to the Fin Del Mundo.f:id:mayataro811:20170126115634j:image

 

チャリで来た

 f:id:mayataro811:20170128062246j:image

 

腹ペコチャリダーはカフェへ。サンドイッチの大きさに興奮。

 

Happy cyclists with a big sandwich.

f:id:mayataro811:20170126115533j:image

 

夕方はアイスクリームを食べ、

 

we had icecream too.

f:id:mayataro811:20170126120001j:image

 

ウシュアイア名物のカニが食べたくてレストランに入ったのだけど、頼んだものが460ペソ(3000円以上)もしたのにぜんぜんおいしくなくてガッカリくん。おそらく冷凍モノ。もうカニは食わん。

 

Ushuaia is famous for crab, so I ordered it but was disappointed that it wasn't good at all although it cost more than 30USD... I will never have crab again.

f:id:mayataro811:20170126120313j:image

 

食べてばかりの我々です。わたし以外の3人はここでチャリ旅を終える。わたしにとってもウシュアイアはひとつの区切りになった。

 

 

ウシュアイアに近づくにつれ、走馬灯のようにこの8ヶ月の想い出を振り返っていた。
バンクーバーに降り立った日はまだ荷物の積み方もよくわからず、何もないところで3回も転けたこと。アメリカで20年ぶりに友人やホストファミリーと再会したこと。はじめて南米についた時はデコボコ道とクレイジーな車にめちゃくちゃビビってたこと。空気の薄い標高4-5000mの峠、360度見渡す限り真っ白なウユニ塩湖、孤独で過酷な砂漠、延々と続く退屈なパンパ、暴風のアンデス越え、アウストラル街道のパンク祭り、地獄の国境越え、救急車で運ばれたクリスマスイブ。汗と涙と雨とホコリにまみれながら走った日々。
こうして並べてみるといろいろあったけど、それ以上にたくさんの人に助けられて、ここまで来ることができた。そして大切な仲間が世界中にできた。

困った時に家に泊めてくれた方、車に乗せてくれた方、ごはんを食べさせてくれた方、おこづかいをくれた方、家族のように迎え入れてくれた方、本当にありがとうございました。

そしてわたしの旅を見守ってくださるみなさま、いつも本当にありがとうございます。
毎日欠かさず陰膳をしてくれている母、誰よりも心配してくれている父や家族にもこの場を借りてありがとう。

なんだか終わりみたいになったけれど、わたしの旅はまだつづきます。2月にキューバへ、3月にアメリカへ行きます。

というわけで引き続き応援よろしくお願いしますー!

 

 

Everyone else finishes their trip here, and it has been a small goal also for me.

On the way to Ushuaia, I was thinking a lot about my past 8 months.
The first day I arrived in Vancouver,
I didn't know how to pack and I fell off my bike three times. In US, I had a great reunion with my friends and my host family for the first time in twenty years. When I first came to South America, I was freaked out with the bumpy roads and crazy drivers. After that it became even harder with the high altitude, crazy wind, bumpy gravel which made my tires flat every day, and which it made me fall down and hit my head. There were so many things going on, but I'm so thankful that every time I was in trouble, I was helped with the most kindest people... letting me stay at their house, offering me a ride, food, money, and welcoming me as a member of their family. And now, I have so many friends all over the world :)

Thank you for everyone who is following my journey!!

This is not my goal though... I'll go to Cuba next month and back to US in March.