にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まやたろの体当たりチャリンコ日記〜南北アメリカ自転車縦断〜

東京銀座のOL→山梨に移住し農業と狩猟をはじめる→2016年5月より北米から南米まで自転車縦断スタート!

Day 275-277 Baracoa

カカオ農園とターコイズブルーの海の町、バラコアへ。やたらとカカオに詳しくなる回です。

 

Baracoa, the town famous for cacao and it's beautiful beach. 

f:id:mayataro811:20170315150902j:image

 

2/16 Thu
朝起きたら水の音がする。なにか漏れてるのかなあと思ったら土砂降りだった。昨日一緒になったメキシコに住んでいる日本人の男の子が、「この時期は絶対降らねーす。100パーセント」と言っていただけに笑った。

 

I woke up and found out it was raining. I didn't expect rain for this season.

 

雨が上がるのを待って6:30頃出発。まだ暗い。7時頃にカミオン乗り場に到着。昨日は全部で30CUCだったのが50CUCとふっかけられる。どうにか45までは値切ったけど、それ以下は下がらないので渋々承知した。それにしても雨が激しい。我々が出るときだけ止んでラッキーだった。1時間ほど待って8時前に出発。

 

We waited for the rain to stop and left at 6:30. Still dark. We talked to the camion driver but he wouldn't make it cheaper than 45Cuc.

 

カミオンはリクライニングこそないものの、そこそこ快適。時々休憩があり、ごはんを食べたり。お昼に立ち寄ったところでは揚げパン1MN、ピザ10MN(頼んでからドラム缶オーブンで焼いてくれる)、レモナーダ3MNを食べた。どれも美味しい。

 

Camion doesn't have a reclining seat, but it was comfortable than I expected. There were break times which stopped at small towns and we could have some snacks such as a sandwich, pizza and a lemonade.

 f:id:mayataro811:20170315151102j:imagef:id:mayataro811:20170315151125j:image

12時間で着くと言っていたが、サンティアゴに21時頃着く。しかしこのままグアンタナモサンティアゴバラコアの間の町)というところまで行くというのでそのまま乗ることにした。グアンタナモに22:30に到着。バラコア行きのバスが3:30に来るというので、そのままターミナルで待つことにした。親切なタクシードライバーのおっちゃん2人がいろいろ教えてくれる。お腹が空いたのでごはんを食べながら話しているうちに話が盛り上がって、ディスコに行って踊ろうということになった。とても眠かったけど、せっかくなので連れて行ってもらった。はじめてクラシックカーに乗った。中が意外と広くて快適。

 

We arrived to Guantanamo (a town between Santiago de Cuba and Baracoa) at 10:30pm. A taxi driver told us there is a bus to Baracoa that arrives at 3:30am, so we decided to stay at the bus terminal.

 

f:id:mayataro811:20170315151218j:image

町は閑散としていたのに、ディスコのなかは町中の人が集まっているのではないかという混みっぷり。クラブっぽいけど奥の方では踊っている人もいてさすがキューバ。腰の動きがすごい。みんな生まれ持ったものなんだろうな。
少し踊って2:30にターミナルに戻った。どうやらおっちゃんの1人に気に入られたようで、このままバラコアまで連れて行ってくれるという。ありがたいけど、ひざまくらとかされてちょっと困ったので丁重にお断りして3:30のバスに乗った。わたしはどうやらおじさんキラーらしい。

 

The town was so quiet, but the disco was so packed that I thought every young person in the city had been there.
It looked like a club, but there were some people dancing salsa in the corner.
We also danced a bit, and went back to the bus terminal at 2:30am. One of the taxi driver seem to like me, and offered us to take us to Baracoa, but we took the 3:30am bus. 

 


2/17 Fri
バスは7時前にバラコアに着いた。リクライニングシートが快適で爆睡した。降りた瞬間に大量の客引きがやってきて、オレのカサに泊まれ、わたしのが一番だ、と主張してくる。
「うるさーい!!」と叫んだら、みんな散り散りに去って行ったけど、ひとりのおばさんだけしつこく自転車でついてきた。
結局客引きのところではなく、たまたまたどり着いた一軒目のカサが感じが良いしきれいなので、少し割引してもらって決めた。

 

The bus arrived at 7am. I slept very well in the reclining seat. As soon as we got off, many casa runners came up to us and said, "Come to my casa!!" "No, my Casa is the best!!"

They were so noisy that I shouted and most of them ran away, except one woman who kept on following us.

We found a nice casa with a nice owner.

 

セントロにあるcubaturというツアー会社に行くと、カカオ農園と絶景ポイントを周るツアーがあったので申し込む。

 

We signed up for a tour to visit the cacao farms and scenic spots.

 

まずはカカオ農園へ。キューバの中でもカカオを生産しているのはここバラコアだけで、チョコレート工場も国に1つしかない。つまりキューバで出回っているチョコレートはすべてバラコア産。ここは国内最大のカカオ農園だったが、昨年10月に大きなサイクロンがあったらしく、壊滅的な被害を受けていた。ガイドのカルロスが説明してくれる。

 

First, we went to a Cacao farm. Baracoa is the only place in Cuba which produces cacao, and there is only one chocolate factory in the whole country. That means all the chocolate in Cuba is made here. This farm used to be the biggest farm, but was destroyed by the cyclon which attacked last October, so there were very few trees left. Our guide taught us a lot about Cacao.

 


・カカオには赤、緑、茶の3種類があり、熟すと何れも黄〜オレンジ色になる。ここでは3種類を混ぜて収穫している。

 

There are three kinds of cacao beans (red, green and brown), and they all get yellow to orangish when it gets ripe. Here they harvest the three kinds mixed together.

 


・一本の木は年間に3000もの花(小さくて黄色い花)をつけるが、特別なハエかアリによってしか受粉しないため、そのうち結実するのはわずか80個。年間2回シーズンがあるので、1回あたり40個。

 

Each tree blooms 3000 flowers (tiny and yellow) every year, but they only pollinate by a specific ant or fly, so only 80 fruits per year. The season comes twice a year, which means only 40 fruits in one season.

 


・カカオは一般的には年に2回シーズンがあるが、ここバラコアは一年中同じような気候で雨季と乾季の違いが曖昧(一年中雨が降る、キューバの他の地域の3倍)なので、⚪︎月がシーズンというより5ヶ月半に一度シーズンがくる。したがって毎年1ヶ月ずつずれる。ちなみに今はシーズンじゃないので実も花もほとんどなかった。

 

The season for cacao generally comes twice a year, but here in Baracoa, where they have barely no seasons and lots of rain (three times more rain then the rest of the country), the season comes every five and a half months. That means the season becomes one month earlier every year, so you can't say like May is the season for cacao. It wasn't the season when we came so it was hard to find a flower or a fruit.

 


・カカオの実は幹や枝から直接生え、そのままでは落ちないのでナイフで切り落として収穫するが、収穫しないとそのまま樹上に残って干からびる。

 

Cacao beans grow directly from the trunk or branch, and it doesn't drop on its own so you harvest it with a machete or otherwise it will remain on the tree and dry out.

 

 f:id:mayataro811:20170315153704j:image


・他にもコーヒー、バナナ、ヤシ(デーツ、ココナッツ)、アカシアの木が植わっていた。カカオやコーヒーはいずれも日陰を好むので、バナナ、ヤシ、アカシアがその日陰を提供している。

 

They also grow coffee, banana palm (coco and dates), and acacia. Cacao and coffee likes the shade, and the bananas and palms provide it.

 

f:id:mayataro811:20170316081754j:image


・デーツと言ってもキューバには食用デーツはなく、ブタの餌になる。

 

The dates are for pigs. There are no edible dates in Cuba.

 

 

そのあとカカオ&コーヒー農家さんのお家でチョコレートになるまでの工程を見学。

 

Then we went to the cacao and coffee farmer's house to see the process of making chocolate.

 


収穫したカカオを割ると、中から白い果肉に包まれたタネが出てくる。果肉は甘酸っぱくてライチのようだった。タネを噛むとムラサキ色。果肉とタネを一緒に発酵させる。発酵する過程で果肉は液化してなくなるのだが、この液体を集めて作られるのがカカオリキュール。そして発酵したタネを乾燥させ、焙煎してから挽く。使うのはコーヒーミルと同様の機械。

 

When you open the cacao bean, the white fruit shows up. The fruit is sweet and sour, tastes like lychee. If you bite the seed, you can see that it's purple. They ferment the seed with the fruit for a month. The fruit turns into a liquid, and cacao liquor is made from this.

 

f:id:mayataro811:20170315153804j:imagef:id:mayataro811:20170315153815j:imagef:id:mayataro811:20170315234109j:imagef:id:mayataro811:20170315153834j:image

コーヒーの場合は油分が0.1%しかないため、挽くと粉状になるが、カカオは54%が油分なので挽くとペースト状になる。このペーストに、工場ではなんちゃらプレスという機械を当てることで油分を揮発させて分離するが、ここにはそのような機械はないので、ペーストにお湯を加えて72時間放置すると油分と分離させられるそう。(お湯は蒸発する)
この油分がカカオバターで、化粧品にも使われる。傷跡にも効くという。残ったのがカカオマス。現地の人はこのカカオマスをお湯かミルクで溶いて砂糖を加えて飲む。砂糖なしのココアをはじめて飲んだ。ハチミツで作られたチョコレートもおいしかった。チョコレートはカカオマスカカオバター、ミルク、砂糖などを加えて作られる。カカオバターにミルクと砂糖を加えたのがホワイトチョコ。殻は肥料にする。
なんて無駄がないんだ、カカオ。

 

Coffee contains only 0.1% of oil, so it becomes powder when you grate it, but cacao, which contains 54% oil, turns into a paste. In the factories they use a special machine to extract the oil, but here they don't have a machine so they put hot water and leave it for three days so the oil comes on top. (The water dries out)

This oil is called cacao butter and it's often used in cosmetics. The remain is cacao mass. The local people add some water or milk and sugar to the cacao mass and drink it. It was the first time for me to try cocoa without sugar. The handmade chocolate with honey was also good. They add cacao butter, milk and sugar to make chocolate. White chocolate is made from cacao butter, milk and sugar. They use the shell of the cacao fruit for fertilizers. Nothing to waste.

 

f:id:mayataro811:20170315233951j:imagef:id:mayataro811:20170315234011j:imagef:id:mayataro811:20170315234028j:image

 

カカオ農園の次は絶景ポイントを通りつつ、Mataという村へ。ここは人口400人にも満たない小さな村だが、キューバではどんなに小さな村でも必ず3つのもの--小学校と教会と診療所があるそうだ。さすが医療&教育大国。

 

Then we went on beautiful viewpoints and down to a small village, Mata. There are only 400 people living here, but in Cuba every single village has three things-- a church, a clinic, and a primary school.

 

 f:id:mayataro811:20170315234200j:image

 

Boca de Yumuriという川と海が入り混じる河口へ。このYumuriの地名には悲しい歴史があるという。スペイン人がやってきてこの土地に金を見つけ、先住民たちに採掘させていたのだが、そんなことをするぐらいなら死んだほうがマシだ。Yo mori と言って崖から川に飛び降りて自殺する人があとを絶たなかったという。そんな悲しい歴史とは裏腹に川は美しい。ガイドに促されるがままにそのまま川遊び。水が冷たくて気持ちがいい。本物のココナッツウォーターも飲んだ。

 

We went to Boca de Yumuri (mouth of Yumuri) where the river and ocean meets. The name Yumuri has a sad story. When the Spanish came and found gold in this place, they forced the indeginous people to dig it, but the indeginous people said they would rather die "yo muri" than doing that, and many people jumped off the cliff into the river. The river is so beautiful however that it's hard to imagine they had such a sad story. We bathed in the rivers and had coconut water from a real coconut. 

 

f:id:mayataro811:20170315233835j:imagef:id:mayataro811:20170315233848j:imagef:id:mayataro811:20170315233900j:image

それからはビーチの目の前のレストランへ。ココナッツソースのものがおすすめということで、ランゴスタ(ロブスター)を頼んだら3匹も出てきてびっくり。レストランにいたお兄さんにサルサレッスンもしてもらった。絵に描いたような南国っぷり。いやー楽園ですな、キューバ

 

Then we went to a restaurant in front of the beach. I ordered a lobster, and was surprised to have three!! The guy in the restaurant taught me salsa. What a paradise!!

 f:id:mayataro811:20170316081606j:imagef:id:mayataro811:20170316081632j:image

f:id:mayataro811:20170315233522j:imagef:id:mayataro811:20170315233546j:image

 

 

<information>

Casa Sandra

+53 54258589

Primero de Abril #47

Julio A Mella y Libertad

Baracoa

 

朝食込みで20CUCのところを18CUCにまけてもらった。朝ごはんがとてもおいしかった。特にショコラテ。サンドラはとても優しくて親切。

20CUC for 2 people including breakfast, but I negotiated down to 18. The breakfast was great, especially the hot chocolate. Sandra is very nice and helpful.