にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まやたろの体当たりチャリンコ日記〜南北アメリカ自転車縦断〜

東京銀座のOL→山梨に移住し農業と狩猟をはじめる→2016年5月より北米から南米まで自転車縦断スタート!

Day109-110 Crossing the Border

9/4 Sun

ボリビア国境まであと約40km。残金22ソル(約700円)。無事に入国できるでしょうか?と言いつつ昼ごはん(5ソル)を食べてるわたし。すごいボリュームや。。40km to the border of Bolivia, and I only have 22 soles. I hope I can make it... And I'm eating lunch now for 5 soles. So much spaghetti...

Pomataという町に着き、なけなしのお金でお昼ご飯と水を買い、残金13.5ソル(約500円)。さすがにこのお金で泊まれる宿はないし、どこかキャンプできるところはないかと聞いて回るが、なかなか見つからず。日も暮れるし諦めてもう少し先で探そうかと思った矢先、女神様が現れました。 うちに泊まっていいわよ。 そう言って連れて行ってくれたおうちに着いてびっくり。これまで見たことのないぐらい立派なおうちでした。 温かいお茶と3日ぶりのシャワーで身も心も心底ホッとした。 そのあと散歩に連れていってもらい、チチカカ湖の夕焼けを見て、彼女のおばさんのおうちで夕飯までごちそうになる。おじさんは昔日本に住んでいたことがあるらしく、日本語で会話。 ガラス張りの部屋で星空を眺めながら眠り、朝日とともに目覚めた。

I arrived in Pomata, and had lunch and water. Only 13.5 soles left. I was looking for a place to camp, but having a hard time finding when a kind lady appeared and invited me to her house. I was surprised to see her house because it was the most gorgeous house l've seen in Peru. A cup of tea and a hot shower (for the first time in 3 days) made me feel so relieved. Than she took me to a walk to see the beautiful sunset, and had dinner at her aunt's house. Her uncle used to live in Japan, so we talked in Japanese. I slept in a glass room with beautiful stars, and woke up with the sunset.

9/5 Mon 朝ごはんを作り、わたしは卵焼きと味噌汁を、ビキは自家栽培のキヌアでドリンクを作ってくれた。 いつもピンチになると助けてもらっているなあ。 Muchas gracias しか言えない自分がもどかしい。 ペルー最後の日は思い出深い1日となりました。

In the morning, I cooked miso soup and tamagoyaki, and she made a quinoa drink with the quinoa that she grows. I wish I knew more words to thank her, but all I could say was Muchas gracias. The last day in Peru became so special.

キヌアにアーモンド、ミルク(こっちではコンデンスミルクが一般的)、砂糖を入れてミキサーにかける。 Quinoa, sugar, almond, and milk.

チチカカ湖に浮かぶ半島を進むとそこはもうボリビアだ。同じ湖に面しているのに国が違うってなんか不思議。しかも国境はあいまいだし、それぞれペルー側とボリビア側に出入国のオフィスはあるものの、それをチェックする人は誰もいない。不法入国し放題じゃん。まあとにかくボリビアに着いたらしい。

As soon as you go through the peninsula in Lago Titicaca, it's already Bolivia. It's interesting that it's a different country even it faces the same lake. The border between Peru and Bolivia was awkward, because they had offices but no one to check the stamps. Well, I'm now in Bolivia!

t

本当はもう少し先まで進むつもりだったが、コパカバーナに着いた時点ですでに3時だったため、途中で出会ったブラジル&ポーランド人カップルと一緒にキャンプをすることにした。湖に面していて、とてもいいところ。市場で食材を買う。噂に聞いていたがボリビアの人たちは商売気がない。スペイン語が理解できなかったり、値切ろうとしたりすると、なら買わなくていいという態度だ。こわいよう。。 キャンプ場にはキッチンがあり、Maxがハワイアンポークを作ってくれた。サルサを入れ過ぎて辛いけどおいしい。

I was thinking of going further, but ended up camped by the lake with a couple I met in my way. We bought some food in the market. It was true that Bolivian people don't like to sell things especially to foreigners... There was a nice kitchen in the camp site, and Max cooked us a delicious Hawaian pork!! I ate too much!

ペルーとボリビアは1時間の時差があってなんだか変な感じ。同じ湖に面しているのに、今まで5時には日が暮れはじめていたのが6時を過ぎても明るいし、逆に朝は6時を過ぎでもまだ暗い。国境を越えるときも思ったけど、あっち側とこっち側で何も変わらないのに、線を引くことへの違和感。国境とか時間とか、人間の都合で決めたものってなんかしっくりこないなあ。やっぱり自然の流れに沿って生きるのが気持ちいいし、ボーダーなんていらないじゃんって思う。

Peru and Bolivia has a 1 hour time difference, and it feels weird because the sunset was around 5 but now it's still light until 6, even I am on the same lake. I also felt strange when I crossed the border yesterday, because nothing changed between this side and that side. I don't really feel comfortable with things that people made for their convenience, so I rather prefer waking up with the sun than the alarm clock, and I don't think we need a border.