にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まやたろの体当たりチャリンコ日記〜南北アメリカ自転車縦断〜

東京銀座のOL→山梨に移住し農業と狩猟をはじめる→2016年5月より北米から南米まで自転車縦断スタート!

Day 133-135 Laguna route #2

4日目
今日の目的地は23km先のホテル。23kmだから比較的余裕かななんて思っていたけどこれがとんでもなかった。出発してから4時間で10kmしか進んでいない。おわりの見えないのぼり。

 

Day 4

Today's goal is the hotel which is 23km ahead. I thought it was not hard, but it was. I only made 10km in 4hours. Endless uphill again...

 

 

f:id:mayataro811:20161004123758j:image

f:id:mayataro811:20161004123825j:image


一体これいつまで続くの。。もういやだ。。砂漠も山もこの攻撃的な草も全部見飽きたよ。。
またネガティブな自分が顔を出す。深砂にはまって何度目かに転んだ時、そのまま地面に倒れ込み、空を見上げてまた泣いた。つかれた、やめたい。ひとしきり泣いたあと、ふと思った。これじゃあお母さんにかまってほしくて泣いてる子供と一緒だ。手をとってかわいそうね、って言ってほしいだけ。でもここは誰もいない、電波もない、砂漠の真ん中。泣いても叫んでも誰も助けてくれやしない。自分で立ち上がって、気合いを入れ直して、また前に進むしかないんだ。自分をモチベートできるのは自分だけなんだ。
今までずっと甘えていたんだな、わたし。困ったら誰か助けてくれるだろうと思っていた。それは期待ではなく甘えだった。助けてもらうことはあっても、それに甘えてはいけない。結局は自分なのだ。
よし、行くかー。甘いものと音楽で気合を入れ直して再出発。どんなに歩こうと、何時間かかろうと、一歩ずつ進めば必ずたどり着く。

 

I'm sick of this desert! The mountains and these stupid grasses are all the same!
When I got stuck in the sand and fell down again, I looked up at the sky and burst into tears again. But then I realized that no one would help me in this lonely remote desert. I have to motivate myself to stand up and move forward again.

 

f:id:mayataro811:20161004123917j:image


そして気持ちが前向きになった途端不思議と道も良くなり、追い風も吹き始める。休んでいるとうしろから風が吹いてきて、いいから早く進め、と言われている気がした。はい、すみません。進みます。
再び道が悪くなると自転車の轍を探す。見えない仲間から力をもらう。

 

The roads became better and even a tailwind after I became positive.
When the road becomes bad again, I find tracks of other cyclists. I don't know who they are but I'm always encouraged by them. 

f:id:mayataro811:20161004131434j:image

 

ビクーニャさんたち。この深砂の中をそのスピードて走れる君たちがうらやましいぜ。

 

Many vicuñas. I envy them that they can run so fast in this deep sand.

 

f:id:mayataro811:20161004124110j:image

 

夕方、ようやく目的地のホテルにたどり着いた。(といってもキャンプさせてもらうのだけど)このホテルの人たちがまた信じられないくらいいい人たちで、まさに砂漠の中のオアシスだった。4日ぶりのシャワーと温かいお茶で身も心もホッとした。ああ。生きててよかった。ホテルに泊まっていた他のツアーの方からまた残り物のおすそ分け。ありがたくいただく。

 

I finally arrived to the hotel. Everyone here were super kind. It's really an oasis in the desert. I felt so relieved after a shower and a cup of tea. I got some food from the tour guide again.

 

 

f:id:mayataro811:20161004124229j:image

f:id:mayataro811:20161004124149j:image


夜、テントで寝ていると、ここは寒いでしょう、と従業員の方がこっそりベッドで寝かせてくれた。何から何まで本当にありがとうございます。

 

When I was in my tent at night, a lady came and let me sleep in the room because it was cold outside. Thank you so much for everything...

 

 

 

5日目
朝はマイナス10度まで冷え込んだ。都留の寒さで鍛えられているとはいえ、やはり寒い。
ホテルでなんと朝ごはんまで食べさせてもらった。こんな豪華な朝食、一体いつぶりだろう。感激しながらついつい食べ過ぎる卑しいわたし。

 

Day5
In the morning it was -10 degrees. They even gave me the hotel breakfast. I haven't had such a gorgeous breakfast for weeks. I ate too much...

 

f:id:mayataro811:20161004124306j:image

 

至れり尽くせりのサービスにせめてものお礼をと、オーナーさんに手紙とお菓子を、娘さんに折り紙やシールをあげ、コーラを買った。本当にありがとうございます。

I wanted to thank them, so I wrote a letter and made origami for the owner's daughter.
Thank you so much.


ホテルを出てしばらく走っていると、向こうから何かがやってくる。おおーチャリダーだ!宝石の道で初のチャリダーと遭遇。フランス人の男の子でなかなかの好青年だったのだが、話していて「僕は19、きみは?」と聞かれ、「若いねー、30だよ」と言うと、「え?3 0 ?」とわざわざ空中に書いて確認してきた。おいおい、そこはサラッと流してよ、と内心思ったけど、まあ若いから仕方ないか。ちなみにわたしの前にはアメリカ人2人組とイタリア人がいるらしい。見えない仲間の正体は彼らだったようだ。

 

I left the hotel and biking for a while when I saw something approaching. Another cyclist! The first cyclist I met on this route. He was a French boy.
I found out that there are two Americans and one Italian ahead of me.

 

f:id:mayataro811:20161004124422j:image

 

 

そこから先はこれまで以上の深砂で押すのすらしんどい。また終わりの見えない上り坂。そしてまたブレーキいらずの下り坂。今までのわたしなら、もう!なんで下りなのに進まないんだよ、せっかく上ったのに!ちくしょー!とイライラしているところだが、昨日からずっと怒りや悔しさ、イライラがどこからやってくるのかということについて考えていた。そして結局は期待に満たなかった時に起こる感情なのだということがわかった。自分への期待(もっとできたはずなのにできなかった=悔しい)、他人への期待(やってくれると思ったのにやってくれなかった=怒り)、モノやコトへの期待(時間通りに着くと思ったのに電車が遅れた、晴れると思ったのに雨が降ってきた=イライラ)といったような具合で、自分で勝手に期待して、勝手にイライラしているのだ。だからこの感情をコントロールするには、はじめから期待しない(期待のハードルを下げる)、もしくはそれを受け入れる必要がある。だから先ほどの下り坂ならば、「ああ、これは"下らない坂"なんですね。」と受け入れる。そうするとイライラしない。

 

The sand was so deep that it was even hard to push. Endless uphill, and a break less downhill again. If I was like before, I would be frustrated and say, " Why doesn't this downhill go down! It's so annoying!!" ,but I have been thinking of how the emotion of anger occurs for these few days.
And in conclusion, all the anger (no matter if it's towards yourself, or others, and things) occurs when it doesn't exceed your expectations.
For example, the anger towards yourself "I thought I could do better but I couldn't", or towards others "I thought you would have done it but you didn't", and things "I thought it would be sunny but it's raining" "I thought the train would arrive in time but it didn't"
These are all expectations that you are making, and you become angry with it. So if you want to control your emotions, you shouldn't expect anything from the first (or expect less), or learn to accept things.
So instead of being angry at the downhill, I would accept if and say, " Oh, you are a break less downhill. That's special."

 

f:id:mayataro811:20161004124459j:image

 

 

これって当たり前のことなのかもしれないけど、昔から感情のコントロールが苦手だった(自分の部屋の窓を割ったり、妹の部屋のドアを破壊したりしてきた)わたしにとっては世紀の大発見と言っても過言ではない。とはいえ実際はなかなか難しいのだけれど。まずはイライラしている時にそのイライラがなぜ起こっているのか観察する。そしてそれを受け入れる。どんな最悪の状況でも受け入れる。ただし諦めない。(ここ大事!諦めない限り失敗ではない。)という訓練をしようと思う。

 

It might be taken for granted for many people, but it was such a great discovery for me, who had always had trouble dealing with my anger.

 

f:id:mayataro811:20161004130914j:image

 

さて、話は戻り、峠をのぼりきってしばらくすると道が整備されていたので(と言ってもボコボコなんだけど、もはや乗れるだけでもありがたい)周りの景色をたのしむ余裕も出てきた。

そして目的地のアルボルデピエドラに到着。
この辺りは強風と日夜の温度差(夜は最低マイナス25度!)によって岩が風化し、奇岩がたくさんできている。
見る角度によって表情が変わるalbor de piedra(木の岩) 。
奇岩の下にテントを張る。気付けばあれだけいた観光客もみんないなくった。静かな夜だ。

 

I finally arrived to the albor de piedra (stone tree).
It's naturally carved by the sand and extreme weather.
After sunset, all the tourists were gone so I was able to camp under one of the rocks. What a quiet night.

 

f:id:mayataro811:20161004124712j:image

f:id:mayataro811:20161004124749j:imagef:id:mayataro811:20161004124821j:imagef:id:mayataro811:20161004124846j:image

 

 

6日目
昨日もらったコーラの気が抜けてしまったのでどうしようかと迷った挙句、オートミールをコーラで作ってみた。これが意外といける。オートミールとチアシードとコーラ。健康なんだか不健康なんだか。

 

I had oatmeal with coke which I got from the jeeps yesterday. I was wondering what to do with it, because there wasn't any gas left, and I used it for oatmeal which was actually good. Oatmeal, chia seeds, and cola. I wonder if it's healthy or not...

 

f:id:mayataro811:20161004125040j:image

 

f:id:mayataro811:20161004125141j:imagef:id:mayataro811:20161004125204j:image

 

朝のピエドラを堪能して、コロラダ湖に向けて出発。昨日よりはだいぶ乗れるがところどころ砂が深くなってめんどくさい。そして坂を登りきるとコロラダ湖が見えた!思ってたよりも赤くてテンションが上がる。しかし見えてからがなかなか長かった。


After enjoying the morning , I left for Laguna Cororada. The road was better than the day before, but still needed pushing sometimes.
And on the top of the hill, I could see the Laguna! It was much more red than I had expected!!

 

f:id:mayataro811:20161004125354j:image

コロラダ湖に着き、公園事務所で入場料150Bsを払う。お腹が空いたので近くの集落でお昼ご飯を食べる。キヌアスープと卵が乗ったごはん。ごはん以外はおいしかった。食べ終わったらおばちゃんがホットケーキをたくさんくれた。ありがとうおばちゃん!

 

I paid 150Bs to enter the park, and had lunch at the small village. The lady gave me many pancakes! Gracias!

f:id:mayataro811:20161004125458j:image

f:id:mayataro811:20161004125426j:image


もう一つの集落に向かっていたが、14:30頃からすさまじい強風になり、テントを張れそうなところを探していたがなかなか見つからず。そのまま風に流されるようにしてたどり着いたのはコロラダ湖を見渡せるビューポイント。丘の反対側は比較的風がましだというのでそこにテントを張ろうとするが、それでもすごい風。他のツアー客が自転車を運んだりテントを建てるのを手伝ってくれた。ありがとうございます。

 

I was heading to the next village, but the wind became so strong after 2:30pm, so I was looking for a place to camp, but nowhere. The wind blew me to another direction, so I obeyed the wind, and ended up at a nice viewpoint where you can see the Laguna and the flamingos. People told me that the other side of the hill has less wind, so I moved there. Some guys helped me carry my luggage sand built my tent. Thanks!

 

f:id:mayataro811:20161004125535j:image

f:id:mayataro811:20161004125619j:image

 


湖のほとりでフラミンゴを眺めながらどん兵衛を食べる。どん兵衛うまいな。ありがとひろちゃん!ところでフラミンゴって食べられるのかな。あんまり肉なさそうだけど。

 

I watched the flamingos and ate Donbei (Japanese instant noodles) . Yum! Thanks Hiroko!
I was wondering if flamingos are edible. They look pretty skinny...

 

f:id:mayataro811:20161004125656j:imagef:id:mayataro811:20161004125711j:image

f:id:mayataro811:20161004130043j:image

 


コロラダ湖は太陽の光の加減で刻々と色が変わっていく。あれだけ赤かったのが日が落ちるにつれて紫、青、そして最後は夕陽を受けてピンクへ。今日はコロラダ湖を独り占め。毎日贅沢です。

 

Laguna Cororada changes its color with the light of the sun. It was bright red at first, but it gradually changed into purple, blue, and pink with the sunset. Everyday is so beautiful.

 

f:id:mayataro811:20161004125752j:imagef:id:mayataro811:20161004125857j:image 

f:id:mayataro811:20161004130356j:image