にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まやたろの体当たりチャリンコ日記〜南北アメリカ自転車縦断〜

東京銀座のOL→山梨に移住し農業と狩猟をはじめる→2016年5月より北米から南米まで自転車縦断スタート!

Day 136-138 Laguna route #3

旅 travel 自転車 bicycle 4. Bolivia

7日目
コロラダ湖は朝も美しい。朝日を眺めながら朝食を食べ、出発する。

 

Laguna Cororada is also beautiful in the morning as well.

f:id:mayataro811:20161005092749j:image

f:id:mayataro811:20161005092753j:image

 

f:id:mayataro811:20161005092852j:image

 湖の近くはさすがに寒くてボトルの水もこのとおり。

 

Camping in front of the lake is freezing!!

 

f:id:mayataro811:20161005093231j:image

 

今日の目的地は55km先の温泉。10kmぐらいのところからは舗装路だそうだからきっと行けるはず。と思ったのだが、まず舗装路に出るまで迷いまくり、深砂の中を押していたので3時間ぐらいかかってしまった。

そしてやっと道に出た!と思ったけど、、ん?これって舗装路?どこが舗装されてるのかな?

 

 

Today's goal is the hot springs 55km ahead. It seems like the road gets paved after 10km where it joins the way from Alota... at least I thought so...
First, I lost my way again so it took 3hours to join the road. And finally I joined the road... But where the heck is the paved road?

 

傾斜も加わってさらにペースダウンし、時速2-3kmに。ああ。あと標高500m、18kmも登らないといけないのか。これはもう今日着くのは無理だなあ。と半ば絶望していたところ、オートバイ集団がやってきた。なにしてるんだ?車に乗せてやるよ。だ、大丈夫です。と言う間もなくあれよあれよと言う間にトラックにチャリを積んで頂上まで連れて行ってくれた。車窓から見る道はボコボコでところどころ工事中で砂が山積みになってるところもあったりして、きっとこれをまともにいったら1日じゃ効かなかったかもしれないと思い、感謝と罪悪感が入り混じった複雑な気持ちになった。車の中は本当に快適で水やお菓子もいただき、本当にありがたいです。。

 

 

It's actually worse than the one before, especially with the steepness, and 2-3km/h again. I still have to climb 500m for 18km, and was wondering how many days it would take to the hot springs, when a group of motorcycle showed up and said, "Who told you this was a good idea? Hahaha. We have a car so we can give you a ride."
I tried to say I'm ok, but actually I was too tired to say anything, and they quickly packed me and my bike up. They also gave me plenty of water and some cookies, which made me feel so relieved. The roads were very bad, sometimes piled with sand for construction, and I was astonished by how fast the cars go, but I also felt a little bit guilty about cheating.

 

 

ソルデマニャーヤという間欠泉のところでお礼を告げて降ろしてもらった。本当は温泉まで乗って行きなよと言ってくれたのだが、これ以上乗せてもらうのはズルな気がして(すでにズルなんだけど)温泉までは自力で行きたいと伝えた。

 

At the geyser, sol de mañana, I thanked them and restarted again. Thankfully, everyone said I should go with them, but I couldn't help feeling like cheating.

 

f:id:mayataro811:20161005105236j:imagef:id:mayataro811:20161005105327j:image


ところが再出発してしばらくすると、なんだか変速機の調子がおかしい。きっとズルしたからバチが当たったんだ。。と思いつつ、しばらく様子を見ながら走っていたのだがどうにもならないのでよく見てみるとリアのキャリアが外れてギアに食い込んでいた。あぶない。もう少しでキャリアもギアも壊れるところだった。。

 

But when I tried to restart, something was wrong with the gears. I thought it was because I cheated. I tried to keep on going, but I found out that my rear career dropped on the gears. I was almost to break both the career and the gears.

 

f:id:mayataro811:20161005105346j:image


直してから気を取り直して再出発。4900mのピークを越えた。
ここからはほぼ下り。路面状態も今までよりはいいのでこわいぐらいスピードが出る。でもところどころガタガタだし石ころも砂もあるので油断はできない。
この調子なら夕方までには温泉に着きそうだなあ。なんて思っていたのだが、あと5kmの表示を最後にしばらく記憶がない。

 

After the 4900m peak was almost all the way down. The road was also better so it gains too much speed that it's sometimes scary. But there are still many sand and rocks so you have to be careful.
I was thinking that I could make it to the hot spring before it gets dark. It was 5km more to the goal, and I don't remember after that.

 

 

どれぐらい経ったのだろうか。気がついた時にはわたしは誰?ここはどこ?状態だった。頭を打ったようで痛い。ヘルメットをしていて良かった。とりあえず前に進まないと、とだけ思って自転車を押していた。しばらくすると向こう側からスイス人のチャリダー夫妻がやってきた。しばらく話していたのだが(意識が朦朧としていたので何を話したかあまり覚えていない)、わたしの様子がおかしかったのだろう、一緒についてきてくれることになった(彼らは逆方向なのに。。)。旦那さんのSteffは先回りして温泉まで行き、奥さんのSibylleは途中で通りがかったトラックにわたしと自転車を乗せてもらうよう頼んでくれて、温泉まで連れて行ってもらった。温泉の目の前に宿があり、そこのベッドに寝かせてもらい、同じ宿に泊まっていた人たちにも温かいお茶をいれてもらったり、着替えるのを手伝ってもらったりして至れり尽くせり。申し訳ない気持ちとありがたい気持ちと、もしこれで明日脳出血で死んだら親に顔向けできないといういろんな気持ちがごっちゃになって、Thank youと言いながら涙が止まらなくなった。横になるまで気が付かなかったけど、頭はガンガンするし、右半身も痛くて、あとで気づいたけどメガネも折れ、ヘルメットはヒビが入り、カッパもカバンも壊れ、そしてテントも落としてしまったようだから相当派手に転んだのだと思う。幸いケガは大したことなくてよかったけど、やっぱり焦ったり急いだりするとロクなことがないなというのが今日の学びです。
とにかく生きててよかった。そして助けてくれたみなさんに心より感謝です。

 

I'm not sure how many minutes passed. When I realized, I was wondering why and where i am here. It seemed like I hit my head. I'm glad I was wearing a helmet. I somehow felt I have to keep on going, so I was pushing my bike, when I met a Switzerland Cyclist couple and talked with them for a while. I actually don't really remember what we talked, but probably I was strange so they decided to come with me despite that they were going the opposite way.
Steff went back to the hot springs to ask for help, and Sibylle asked a truck driver to take me and my bike.
When I arrived to the hot springs, there was a hostel and everyone including the other guests helped me change my clothes, and gave me some hot tea. Sibylle and Steff came many times to make sure I was alright. I was so thankful and also felt sorry for everyone to help me, but also was worried about my parents what might happen if I might die. So I kept on saying "Thank you" and couldn't stop crying.
I didn't realize until I layed down, how my head and body was injured, and I must had a big crash because my rain jacket was torn, my helmet had a crack, my glasses were broken, and I dropped my tent.
Luckily my injury wasn't big, but I learned that I have to be careful especially when I'm in a hurry.

 


8日目
まだ頭や身体が痛いので、大事をとって1日ここで過ごすことにした。他のみんなを見送ったあと温泉に入る。ちょうど40度ぐらいみたいで気持ちいい。

 

I still feel a bit dizzy, so I'm going to rest here for a day. After sending off everyone else, I went into the hot springs. Very nice!!

 

f:id:mayataro811:20161005190731j:image

f:id:mayataro811:20161005190658j:image


日記を書いたり、本を読んだり、子どもと遊んだりするけどすごくひま。今までオフの日って何してたっけ。ネットだろうな。ネットがないと時間を持て余すことを発見。なんかクラフトでもやろうかと思ったけど、居場所もなくて諦めた。木陰で本でも読むか、木を削って箸でも作りたいと思ったけど砂漠なので木がない。

 

I wrote my diary, read my book, and played with the girl for a while, but I have nothing to do. I guess I have been always stuck to the Internet. I was looking for some wood to make crafts, but it's one of the hardest things to find in a desert.

 

f:id:mayataro811:20161005190755j:image

 


あまりにひまなので夕方もう一度温泉に入った。3-4日前にエディオンダ湖で会ったガイドさんと再会して、いろいろ話していた。
その中で印象的だったのが、人間は何も知らずに生まれてくるけど、死ぬ時にもすべてわかっているわけではない。という話。
ちょうど今「わら一本の革命」を読んでいるのだけど、その中に出てくる福岡正信さんの考えとシンクロしていてとても面白かった。

 

I was so bored that I went into the hot springs again. I met the guide who I met a few days ago at Laguna Hediona, and talked with him for a while. It was interesting that he said " when you are born, you know nothing, but even when you die, you don't know everything." That is a similar thought that comes up in the book that I'm reading now.

 

f:id:mayataro811:20161005190841j:image


夕飯を頼んだら肉とパスタといもというなんとも。。まあ、ボリビアらしいものが出てきて、しかも暗闇の中で一人で食べたので余計さびしさが増した。やっぱりごはんは誰かと一緒に食べると美味しいよね。いろんな味試せるしね。と、一人旅をしているとよく思う。
テントをなくしてしまったので今日はレストランの床で寝ます。おやすみなさい。

 

This is a typical Bolivian dish...
Meat, pasta and a piece of potato.
I'll sleep on the floor tonight because I lost my tent...

 

f:id:mayataro811:20161005190827j:image

 

 

9日目
バスで行くか迷ったけど、だいぶ調子も良くなったので自転車で行くことにした。はじめの14kmぐらいまではわりと平らだけど、そのあと4-5kmはかなりキツイ坂。しかもいつもは夕方から吹く風が今日は昼前から吹き始めた。
でもとにかく湖までほとんど無心で走っていた。今までの苦労を思えば、上りだろうが向かい風だろうが乗れるだけましだ。

 

I was wondering whether to go by bus or not, but I got better so I decided to go with my bike.
The first 10miles are pretty flat, but the comes a big hill. Usually the wind gets strong after evening, but today it started blowing before noon.

But it's ok for me at least you can ride.

 

f:id:mayataro811:20161005191404j:image

f:id:mayataro811:20161005191950j:image


そして湖が見えてきた!(ベルデ湖だと思っていたけど、あとから違うということがわかった。)

最後の数キロは強烈な向かい風でなかなか進まない。まったく、最後まで楽しませてくれるぜ。

そんな風をかき分けて、ブランカ湖の次に見えてきたのが……エメラルドに輝くラグーナベルデ!

 

There comes the Laguna!! (I thought it was Verde but this was Blanka)

 

And ... Laguna Verde at last!!

 

f:id:mayataro811:20161005191533j:image

 

こ、これだ。これだよ。見た瞬間に涙が溢れてきた。このために走ってきたんだ。8日間。いろんな場面が走馬灯のように駆け巡る。孤独で辛くて何度もやめたいと思ったけど、それでも諦めなくて本当によかった。すべての努力が報われるほど、最後の宝石、ラグーナベルデは一際美しく輝いていた。今まで悔し涙ばかり流していた中で、はじめての嬉し泣きだった。

 

I couldn't help bursting into tears when I saw it. How beautiful... All the memories of the 8 days flashed back quickly. What a tough lonely week it was. But I'm so glad that I didn't give up!!

 

f:id:mayataro811:20161005191917j:image

 

丘を越えるともうその姿は見えない。幻のような美しい湖。チリの国境まで6.5kmなので抜けようかと思っていたけど、風が強いので今日は湖のほとりの宿でボリビア最後の夜を過ごします。

 

Passing one hill, you can't see it anymore. I was thinking of going to the border, but the wind is so strong so I'll stay near the Laguna. Last day in Bolivia.

 

f:id:mayataro811:20161005192619j:image