にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村

まやたろの体当たりチャリンコ日記〜南北アメリカ自転車縦断〜

東京銀座のOL→山梨に移住し農業と狩猟をはじめる→2016年5月より北米から南米まで自転車縦断スタート!

Day 164-165 Amaicha de Valle

Saltaのホステルで同室だったアルゼンチン人の女の子2人組におすすめされたAmaichaという村。なんでもアルゼンチンの中でも数少ない先住民の住む村らしい。たしかにペルーやボリビアとは違い、チリやアルゼンチンでは白人のほうか多くて先住民はほとんど見かけない。そんなわけで少し遠回りにはなるがせっかくなので行ってみることにした。

 

I met two girls in Salta, who told me about Amaicha - one of the few villages where the indigenous people still live. Unlike Peru or Bolivia, most people are white in Chile and Argentina. I was curious about the indigenous people, so I decided to take a small detour to the village.

 

Amaichaから20km手前にQuilmesという遺跡がある。ここはアルゼンチン最大のプレコロンビア時代の遺跡で、最盛期は約6000人が住んでいたらしい。マチュピチュに代表される精巧な石組みのインカ遺跡と比べると造りはかなり雑、というか単純に石を積んだだけのように見える。でも何十年もかけて作るよりは効率的なのかもしれないな。なぜこんなに壁が低いのだろうと思って聞いてみると、実際には1.5mぐらい地面を掘り下げて住んでいたよう。半地下なので温度変化や風に強いという。なるほど。

 

In Quilmes, which is 20km before Amaicha, there is the biggest ruin in Argentina from the pre Columbian period. 6000people used to live here. It looks much more easier to build than the Inca ruins where the rocks are piled up so precisely that you can't even fit a blade in, but maybe it's a more efficient way. I was wondering why the walls are so low, and a guy told me that actually they digged the ground for 1.5m to make it like a basement. In that way it's more tolerant for the temperature difference and wind.

 f:id:mayataro811:20161101064552j:image

 

サボテンとのコントラストが面白い。斜面の上に住む人ほど位が高かったそう。

 

Cactus and the ruins. The people in higher classes lived above.

 

f:id:mayataro811:20161030094005j:image

 

遺跡を後にしてAmaichaの村へ。広場の近くのキャンプ場へ。こっちの人たちは深夜までどんちゃん騒ぎをするのが普通らしい。2時ぐらいまで音楽をガンガンかけてパーティをしていた。

 

We arrived to Amaicha and camped in the campsite close to the center. 

 

翌日は伝統的な織物や陶芸、リャマの革や牛の骨を使ったクラフトをいろいろ見て回った。ついつい財布のひもが緩んでしまったよ。

 

The next day, I was excited to see the traditional weaving, pottery, and crafts made from llama leather and cow bones.

 

牛の骨のカトラリー(買っちゃった)

 f:id:mayataro811:20161101064631j:image

リャマの毛皮のバッグ(買っちゃった)

 f:id:mayataro811:20161101064657j:image

鹿の革や骨でも同じように作れるかしら。

 

I'm wondering if I can make similar things from deer skin and bones.

 

 それから織物工房へ。

足踏みミシンみたいな糸紡ぎ機。ペルーやボリビアで見られた手回しのものもあった。機械の方が効率がいいが、手回しは台所でもどこでもできる利点がある。

 

Making yarn with a thing like a sewing machine. They also use spindles like in Peru and Bolivia. Machines are more efficient, but you can use spindles where ever so both has merits.

 

f:id:mayataro811:20161101064823j:image

f:id:mayataro811:20161101064841j:image 

f:id:mayataro811:20161101065115j:image

 

Amaichaの人々もPachamamaを信仰していて、広場や家の前など随所に石が積んである。これはApachetaといって母なる大地(Madre Tierra)を現しているそう。ちなみにQuilmesの遺跡にもあった。

 

People here also believe in Pachamama, and there are many piles of stones in the Plaza or in front of houses. It is called "Apacheta" and it represents the Mother Earth.

 f:id:mayataro811:20161101064916j:image

f:id:mayataro811:20161101065115j:image

f:id:mayataro811:20161101064905j:image

その後20km南のSanta Mariaという町へ。ここには伝統的な織物を紹介する施設があり、見せてもらった。

 

I went 20km south to the next town Santa Maria, and there was also a facility which shows the weaving. 

 

f:id:mayataro811:20161101064922j:image

f:id:mayataro811:20161101065001j:image

f:id:mayataro811:20161101064942j:image 

やっぱり手仕事は面白いなー。

 

I love all these art crafts!!